« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014/01/26

音感訓練

このところ、個人的な行事が続いて、楽器練習がまともにできていない。

FBにはアップしているけど、12日は高校時代の級友のご息女の音大卒業コンサートを聴きにいって、18日の土曜日は東播ジャズ倶楽部の面々が出演する兵庫県立考古博物館でのライブコンサートを聴きにいって、そのまま神戸フルーツフラワーパークの温泉宿泊に行った。

だから、休みはほぼ出かけていたことになって楽器練習のサボリ癖がついてしまった。

そういう中で最近、なんとかやっているのが、去年、Win7用に買い替えたBand in a Boxに付属している音感訓練ソフトだ。

音感訓練関係は、本とかフリーソフトとか色々とやったけど、どれも長続きしなかったり、一向に効果がなかったりで、進歩しなかったが、これは思ったより続けられて効果もある・・・、気がしている。

Bb2

一番やっているのが、PITCH INVASIONで、これはインベーダーゲームかな?よく覚えていないけど、画面上からインベーダーが音を鳴らしながら降りてくるので、下のキーに相当するキーボードを叩くと弾丸が発射されて、音があっていればインベーダーに当たるが、はずれると中間に並んでいる楽器を取られてしまう。全部取られたら終わり。落ちてくる速度は最初はゆっくり、徐々にアップするから、後半でミスるとそこでバタバタっと取られてしまう。

この画面は普通のCスケールでの結果で、一割弱がミスったことになるが、まだいいほうだ。全音音階とか、半音をいれた9音、10音と増えると、20%超えたりする。

まぁ、いまさらこの程度の訓練をしているというのが情けないけど、生きているうちになんとか十分な音感を身につけようと、それこそ60の手習いを日夜頑張っているわけだ、hehehe(^^;;。

Bb1 音感ソフトはこれ以外に、インターバル当て、ベース音当て、コードの響き当て、音列記憶がある。

PITCH INVASIONもCの1オクターブでしかしていないので、もう少し広い音域でやりたいところだ。なんか設定があるのか、まだよく見ていないが。

実は、このゲームのうちのインターバルとベース&コードが最初は全然音が出なくて使えなかった。メーカーのFAQを探してみたら、Windowsについているソフト音源でそういう現象がまま起こるらしい。だから他の音源をためしてみろ、と書いてあった。

こういうのはよくわからないけど、検索すると親切な人がいて色々と紹介していた。その中でArchono Soundsoftというのを入れてみたら、みごとに使えるようになった。

どうも、Winについている音源はトラブルが多いようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/01/25

ワンコイン・ピアノ

Facebookがメインになっているこの頃。

最近は、パソ通時代からのネット仲間のたかけんさんもゆうけいさんも Facebookフレンドになっていただいたから、ここだけでつながりのあるのは、PICKS-CLIKCSさんとマイミクの方々くらい、それ以外はアクセスの少ないBlogだから不明だが、どなたかいらっしゃるのかな?

Mixiの方はとんとご無沙汰なんで、マイミクの方も読んでないかもしれない。まぁ、いいや。だからこちらに書くネタもなかなかとないが、今日はPICKS-CLICKSさんのBlogにちょくちょく出てくるハードオフの初体験を書いておこう。

Hardoff_2実は電子ピアノというものが家にはあった(過去形)。

これはまだ電子ピアノが出始めたころの原始的なもので、働きだしてから結婚するまでの間に買ったものだ。たぶん、1979年だったと思う。

当時、会社でバンドをやっていて、それはいわゆるエレキバンドなんだけど、僕と会社の先輩二人あわせて三人で、ギター二つにドラムという編成だった。もちろん、僕はギターで、学生時代の終わり頃に買ったグレコのレスポールモデル(形だけ)を持っていた。

会社もそのころは気前が良くて、ドラムセットをわざわざ買ってくれたりした。なんでケチで有名だった当時の社長が買ってくれたのか未だに不明だが。

で、以前からピアノはやってみたいという気持ちと、エレキ-ドラムバンドに彩りを、というのと、給料がもらえるよになって多少余裕ができたのと、などなどの理由から当時出始めた電子ピアノを思い切って買ったのだった。

しかし一緒にやっていたエレキの人はベンチャーズ命みたいな人で、演奏の歌心はすごくあるけど音楽知識が殆ど無いという状況では、結局ベンチャース近辺の曲しかできず、また買ったものの楽器は会社に置いたままで練習もろくにせずという状況になり、やがてバンドの練習もお決まりのフェイドアウトとあいなった。

まぁ、本気でピアノをしようと思えば、実家に行ってすればよいことだったんだから、結局はいい加減なもんだったと言わざるをえない。

その後、結婚してマンション暮らしになると、ヴィブラフォンとクラシックギターは持っていったから、さらに楽器を置く場所などないということで、電子ピアノは会社の倉庫のすみに忘れ去られた状態になってしまった。

さて、その後、今の家に引っ越して住居面積が広くなったことと、いつまでも会社に私物を置いておくのもなんか人目が気になるということで、持ってきたものの、これでも家でセットすれば結構な大きさだし、結局は弾くことなく玄関の隅に置いたままになっていた。

いや、最大の原因は、出始めの電子楽器なんて買うもんじゃないということだったのだ。

今だったら、数千円のおもちゃみたいなキーボードでも、もっとましな音が出るだろうし、MIDIなんて便利なものもあるし、というくらいにチープな音しか出ないのが、弾こうという意欲が出ない最大の原因だったといえる。

ということで、以前からもう処分するしかないと思っていたのだ。

一応、ほとんど弾いてないから壊れたりしていないし、電源つないだらちゃんと音はでたから、なんぼかで引取ってはくれるだろうと、今日、ちょうど月例の医者通いの帰路にあるハードオフに持ち込んだのだ。

というわけで前置きが長くなったが、それがワンコイン・ピアノである。

せめてもう一桁はあるかと思ったんだけど、ワンコインにしかならなかった。あんだけの図体と重量でワンコインかぁ。

まぁ、しかし粗大ごみで出すのもお金がかかるし、たまに回ってくる「なんでも回収屋さん」でも持って行ってくれるかわからないしヘタすると結構な料金を取られるし、ということで、誰かがまた使ってくれることになれば、それはほったらかしにしていた楽器へのせめてもの罪滅ぼしになるかと。

しかし、玄関から車に積むのが大変だった。メチャ重たかった。ヴィブラフォンの方がずっとましだ。だから、それだけでエネルギーを使い果たしたし、正直、愛着もなかったかわいそうな楽器なので、いつもなら撮るであろう写真は撮り忘れた。せめて車に積み込んだところか降ろすところくらいは撮っておけばよかったな。

まぁ、なんかジャンキーな音がほしいという用途なら結構役に立つんではなかろうか。

こんなネタもFacebookに書けばらいいじゃないかと思われるかもしれないが、なんせプロやらセミプロの地元ミュージシャンのフレンドが増えちゃったこの頃では、かなり恥ずかしい話だから書きたくないんだけど、不遇をかこった原始的電子ピアノ様の顛末もどこかに書いておいてやらんと寝覚めが悪い気がしたもんで書きました。

ちなみに、グレコのギターとアンプは、息子がギターをやりたいといってるので売ってくれという人が会社にいたので、とうの昔に売っぱらってしまったのだった。ボリュームとかジャックが不具合ぎみだったりして、うまいこと値切られたもんで、5000円だったかな。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2014/01/17

19年目

また今年も1月17日、19年前。

1ヶ月ほどは職場にでかけることもできずに自宅待機、その後1ヶ月は吹田の義父名義の団地に単身赴任のような形で職場に通っていました。

週末には何時間もかけて家まで帰った記憶がだんだんと曖昧になってきます。

Aimg_2557 その間に、たまたま寄った阪急百貨店にある画廊で見て購入したのがこの絵です。

1ヶ月と短期間ながら家族と離れて暮らしていた身に、娘と末っ子がちょうどこのくらいの年令だったこともあって、心に響く光景でした。

その彼らもとうに成人して社会人になっています。

多くの人びとが、この絵のように時間が止まったままなのだろうと思います。

合掌。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/01/03

あけましておめでとうございます

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。

例年は元旦にはなにかアップしてたと思うけど、このところFacebookばかりになってついつい後回しになってしまいました。

Hourseakio まずは今年の年賀状デザイン。いつもは娘のデザインだけだけれど、今年は家内もデザインしたので二種類あります。

Hosrsesumie 左上が娘、右が家内のデザインです。娘の方はちょっと分かりにくいかもしれないけど馬の着ぐるみで、まったくのオリジナルですが、家内の方は何かの本を参考にしたようです。メスのシマウマの子供をイメージしたそうだが、どうでしょう?

さて、昨年はセッション参加から東播ジャズ倶楽部で高砂万灯祭出演、フレームドラム練習など、音楽活動再会元年といえる年でした。

今年はさらに音楽関連の活動を増やしていこう、というのが今年の抱負であります。

しかし東播ジャズ倶楽部のつながりから、Facebookでのおつきあいが多くなってしまい、このBlogも停滞気味になってしまっております。こちらに書きたいことは色々あるのですが、文章にまとめるのが遅いので、なかなかと進みません。まぁ、ぼちぼちと更新していきます。

本年もよろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »