« 19年目 | トップページ | 音感訓練 »

2014/01/25

ワンコイン・ピアノ

Facebookがメインになっているこの頃。

最近は、パソ通時代からのネット仲間のたかけんさんもゆうけいさんも Facebookフレンドになっていただいたから、ここだけでつながりのあるのは、PICKS-CLIKCSさんとマイミクの方々くらい、それ以外はアクセスの少ないBlogだから不明だが、どなたかいらっしゃるのかな?

Mixiの方はとんとご無沙汰なんで、マイミクの方も読んでないかもしれない。まぁ、いいや。だからこちらに書くネタもなかなかとないが、今日はPICKS-CLICKSさんのBlogにちょくちょく出てくるハードオフの初体験を書いておこう。

Hardoff_2実は電子ピアノというものが家にはあった(過去形)。

これはまだ電子ピアノが出始めたころの原始的なもので、働きだしてから結婚するまでの間に買ったものだ。たぶん、1979年だったと思う。

当時、会社でバンドをやっていて、それはいわゆるエレキバンドなんだけど、僕と会社の先輩二人あわせて三人で、ギター二つにドラムという編成だった。もちろん、僕はギターで、学生時代の終わり頃に買ったグレコのレスポールモデル(形だけ)を持っていた。

会社もそのころは気前が良くて、ドラムセットをわざわざ買ってくれたりした。なんでケチで有名だった当時の社長が買ってくれたのか未だに不明だが。

で、以前からピアノはやってみたいという気持ちと、エレキ-ドラムバンドに彩りを、というのと、給料がもらえるよになって多少余裕ができたのと、などなどの理由から当時出始めた電子ピアノを思い切って買ったのだった。

しかし一緒にやっていたエレキの人はベンチャーズ命みたいな人で、演奏の歌心はすごくあるけど音楽知識が殆ど無いという状況では、結局ベンチャース近辺の曲しかできず、また買ったものの楽器は会社に置いたままで練習もろくにせずという状況になり、やがてバンドの練習もお決まりのフェイドアウトとあいなった。

まぁ、本気でピアノをしようと思えば、実家に行ってすればよいことだったんだから、結局はいい加減なもんだったと言わざるをえない。

その後、結婚してマンション暮らしになると、ヴィブラフォンとクラシックギターは持っていったから、さらに楽器を置く場所などないということで、電子ピアノは会社の倉庫のすみに忘れ去られた状態になってしまった。

さて、その後、今の家に引っ越して住居面積が広くなったことと、いつまでも会社に私物を置いておくのもなんか人目が気になるということで、持ってきたものの、これでも家でセットすれば結構な大きさだし、結局は弾くことなく玄関の隅に置いたままになっていた。

いや、最大の原因は、出始めの電子楽器なんて買うもんじゃないということだったのだ。

今だったら、数千円のおもちゃみたいなキーボードでも、もっとましな音が出るだろうし、MIDIなんて便利なものもあるし、というくらいにチープな音しか出ないのが、弾こうという意欲が出ない最大の原因だったといえる。

ということで、以前からもう処分するしかないと思っていたのだ。

一応、ほとんど弾いてないから壊れたりしていないし、電源つないだらちゃんと音はでたから、なんぼかで引取ってはくれるだろうと、今日、ちょうど月例の医者通いの帰路にあるハードオフに持ち込んだのだ。

というわけで前置きが長くなったが、それがワンコイン・ピアノである。

せめてもう一桁はあるかと思ったんだけど、ワンコインにしかならなかった。あんだけの図体と重量でワンコインかぁ。

まぁ、しかし粗大ごみで出すのもお金がかかるし、たまに回ってくる「なんでも回収屋さん」でも持って行ってくれるかわからないしヘタすると結構な料金を取られるし、ということで、誰かがまた使ってくれることになれば、それはほったらかしにしていた楽器へのせめてもの罪滅ぼしになるかと。

しかし、玄関から車に積むのが大変だった。メチャ重たかった。ヴィブラフォンの方がずっとましだ。だから、それだけでエネルギーを使い果たしたし、正直、愛着もなかったかわいそうな楽器なので、いつもなら撮るであろう写真は撮り忘れた。せめて車に積み込んだところか降ろすところくらいは撮っておけばよかったな。

まぁ、なんかジャンキーな音がほしいという用途なら結構役に立つんではなかろうか。

こんなネタもFacebookに書けばらいいじゃないかと思われるかもしれないが、なんせプロやらセミプロの地元ミュージシャンのフレンドが増えちゃったこの頃では、かなり恥ずかしい話だから書きたくないんだけど、不遇をかこった原始的電子ピアノ様の顛末もどこかに書いておいてやらんと寝覚めが悪い気がしたもんで書きました。

ちなみに、グレコのギターとアンプは、息子がギターをやりたいといってるので売ってくれという人が会社にいたので、とうの昔に売っぱらってしまったのだった。ボリュームとかジャックが不具合ぎみだったりして、うまいこと値切られたもんで、5000円だったかな。

|

« 19年目 | トップページ | 音感訓練 »

コメント

facebookの記事とこちらのblogとではテンションが違うので、こちらの投稿がなくなるのは残念なのですがfacebookでお友だち登録を依頼しました。

投稿: PicksClicks | 2014/01/26 10:18

どうもどうも。

まぁ、こちらはこちらで続けるつもりではあります。ネタはいっぱいあるんですけど、なんせ書くのが遅いので、気分的に余裕ができたときでないと書かないもんで、ついつい簡単なFacebookで終わってしまってます。

でも、今月でやっと役職から開放されるので、気分的に余裕ができるかと思います。

ほんとはもう会社そのものから開放されたいんですけど、生活とかしがらみとかあって、なかなかそうは行きません。

投稿: taki | 2014/01/26 10:47

フレンド承認いたしました。ちょうど450人目のフレンドでした。

意外とご自分の顔写真やお孫さんの写真を出してるんですね。うちは相変わらず孫の見通しなしです。やれやれ。

投稿: taki | 2014/01/26 12:23

450人はすごいですね。私は20人くらいかな。

FBとblogとではスタンスを違えているのですが、それらをいつまで切り分けておけるか、というのが実は心配事です。なので、FBにはあまり深入りしないようにしています。

投稿: PicksClicks | 2014/01/26 19:08

450人というのは我ながら大した数だと思いますが、大半は赤松さんつながりでもらったリクエストを承認しているだけで、ほとんどが打楽器系のプロです。たぶん、私も同業者だと勘違いしてるんでしょう。

どういうわけかラテンアメリカの人が多いけど、とにかく外人さんが大半で、ごく一部を除いては実質はフレンドともいえない数だけの人たちですが、彼らのフィードは普通なら縁のない音楽や情報があるので面白いとはいえます。

実際のフレンドといえるのは私も20人くらいじゃないかと思います。

投稿: taki | 2014/01/26 20:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワンコイン・ピアノ:

« 19年目 | トップページ | 音感訓練 »