« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014/05/25

模様替えから、藤田嗣治

PCまわりの模様替えをした。

Img_3950 PCのある部屋は義父が生前に使っていた畳の部屋で、PCはちゃぶ台のようなテーブルに載せて、畳に座って使っている。

しかし、これでは姿勢も悪くなるし、足も痛くなるし、目にも悪い。

ということで、横にある棚の上段を捨てて下段をPCデスクにすることにした。

Img_3952 そんなことで、片付けをしていたら図書館の貸出メモが出てきて、それからすると塩野七生の「サイレントマイノリティ」を読んだらしいが、記憶にない。

Amazonの書評をみても思い出せないが、次の言葉があった。 ジャーナリスト、ロンガネージの言葉(らしい)。

「一人の馬鹿は、一人の馬鹿である。二人の馬鹿は、二人の馬鹿である。一万人の馬鹿は、"歴史的な力"である」

次は塩野七生の言葉(らしい)。

「私も、悪人であっても能力のある者に支配されるのならば我慢もするが、善人であっても、アホに支配されるのは、考えるだけでも肌にあわが立つ」

これは、意味合いはずいぶんと違うが、Facebookで引用した伊丹万作の騙された話に通じるものだあるかと思う。

 「いくらだますものがいてもだれ一人だまされるものがなかつたとしたら今度のような戦争は成り立たなかつたにちがいないのである。

 つまりだますものだけでは戦争は起らない。だますものとだまされるものとがそろわなければ戦争は起らないということになると、戦争の責任もまた(たとえ軽重の差はあるにしても)当然両方にあるものと考えるほかはないのである。  そしてだまされたものの罪は、ただ単にだまされたという事実そのものの中にあるのではなく、あんなにも造作なくだまされるほど批判力を失い、思考力を失い、信念を失い、家畜的な盲従に自己の一切をゆだねるようになつてしまつていた国民全体の文化的無気力、無自覚、無反省、無責任などが悪の本体なのである。」

原文を読むと、これは戦後の「映画会の戦争責任者を追放せよ」、という自由映画人連盟の主張に自分の名前が連ねられていること対する意見書のようだが、各界で同じような動きはあったのはよく知られている。

有名なのは、美術界における藤田嗣治で、戦争画を多く描いたことの責任を一身に受けて(かどうか知らないが)日本を離れてパリに移住した。

責任問題については、伊丹万作の文が「透徹した意見(雁屋哲)」といえるだろうが、絵画そのものについては今世紀に入ってからか、絵画史や歴史の観点から戦争画が見直されているらしく、そのためだったか、2006年に京都でみた藤田嗣治展には何点かの戦争画が展示されていた。

Hujita 21世紀の目から見ると、どう見ても戦意高揚とか国威発揚は読み取れず、むしろ戦争の悲惨さを描いて余すところがないように見えた。実は藤田嗣治は戦争画を描きつつも反戦意識を持っていたのではないかとさえ思えたものだ。

しかし藤田嗣治展を特集した当時のETV日曜美術館での解説によれば、それはやはり当時の戦意高揚、撃ちてし止まん、のための絵であり、当時の人々はこの絵を見て、最後まで戦いぬく決心を新たにしたようであるし、藤田もその目的で描いたようである。現在の視点から当時を考えてはいけないという典型だろう。(絵画写真は同サイトから)

究極の戦争画 藤田嗣治

司馬遼太郎は、「一時代が過ぎればもう以前のことはわからなくなる」というようなことを何度か書いていたと思うが、事程左様に同じ絵でも時代が変われば見る目も変わってしまうものだ。

昨今、憲法解釈や再軍備の議論がかまびすしい。僕は基本的には再軍備には反対だが、集団的自衛権の問題は正直、答えが出ない。

これまでの解釈でも、攻撃されたら自衛はできることになっているようだが、積極的な集団的自衛権は行使できないことになっているようだ。僕はあまり理解できていないから間違いがあるかもしれないが。

一方で、海外の危険地帯で活動するNPOや医師などの人々による、「これまでの憲法解釈により、テロリスト等は日本は海外で軍事行動を起こさないことを知っているから、彼らが日本人に手を出すことはなく安全だったのであって、集団自衛権を認めればもはや安全ではなくなる」という話は説得力がある。

これらについては、FBでリンクした坂本龍一の意見がもっともだと思うが、だからといってそれができる国ならば苦労はない。

「・・・そりゃ平野くんが言うとおり、ただ何もせずに平和だけを叫んでも意味ないですよ。撃たれたら死ぬわけだから。

でもね、戦争が起きるとしたら、それは<攻められる状況をつくってしまった>という外交の<失敗>の<結果>なんですよ。 例えば平野くんは、ちゃんと 「なぜ中国が攻めて来るか」っていう背景と理由について考えてみた? その背景と理由をなくせば攻めて来ないから、そここそをみんなで真剣に解消しようと努力したほうがいいとボクは思うワケ。」

集団的自衛権、積極的平和外交が国是となれば、自衛隊に入隊する若者が減るという論議もある。もっともである。

FBには何度か書いたが、我が家の長男は自衛隊員だが、決して国を守ろうとか崇高な志で入隊したのではなく、色々と就職活動してきたがどれもうまくいかなかったところで、友人が自衛隊にいて話を聞くと、自分でもなんとかなりそうだということで入隊したのだ。他の自衛官はどうかと彼に聞いたことがあるが、ほとんどは五十歩百歩だそうである。数ある職業でこれならなんとか、ということで入隊した人が多いのだそうで、むしろ災害救助などで人の役にたてるというような意識が強いらしい。決して戦って国を守ろうという志があったわけではないようだ。

ということで、この国の方向はどうなるのか分からないが、問題は、僕らのような年代が選挙で意思表示をする以上に、大多数の若者がしなければならないのに選挙権を行使しようとしないことであろう。その結果がどういう方向になろうと、多くの若者が選んだのであれば、それが彼ら自身による将来の選択なわけだが、選挙に行かなければ、また騙されたのなんのという話になるのではないか。結局は自分たちに振りかかってくるのだから考えてもらいたいものである。

ということで、冒頭の塩野七生と伊丹万作の話に戻ることになる。以前にも書いたが、つくづく僕の世代はよい時代を生きてきたと思う一方で、若い人たちは大変だと同情せざるを得ない。

と、たまには音楽以外のネタをと思ったものの、毎度のことながらまとまりのないことになってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/05/18

笠井紀美子@芦屋ルナホール in 1974

またまたFacebookには書いたネタだけど、笠井紀美子さんの1974年、芦屋ルナホールでのBootlegの一部をYouTubeにアップした。

 

1974年12月17日のライブの様子で、最初に2曲歌ったあとのMCからだが、「脇腹の辺に緊張感が少し集まるような」といっているのは、ルナホールのステージが、当時では珍しい客席に囲まれるような構造だからだ。「すごい素敵なホールで、気持ちのいい」といってるように、とても素敵なホールだ。

大学に入学して軽音楽部に入部したてのときのジュニアコンサートだったかがこのルナホールで、前年にできたばかりの真新しい上に、内装を黒で統一した斬新な設計だった。もちろん入部したての僕は裏方の手伝い程度だけど、その分、内部を歩きまわったりして、とても馴染みのあるホールだ。

だから、勝手知ったる内部構造と、公演終了後に軽音仲間と楽屋に押しかけてサインをもらったのが、画面右下のパンフレットだ。

たしかマッコイ・タイナーもここで聴いて、これもBootlegがある。ドラムがアル・マウゾンだった。

閑話休題。

A2img_3683 画像にあるように、笠井紀美子のLPを6枚持っている。

これまた学生時代の話になるが、ジャズの女性ヴォーカルはわりと聴いていたけど、日本人の歌手はほとんど聴いてなくて、持っているLPも海外の歌手のLPばかりだ。でも笠井紀美子は例外で6枚も持っている上に、歌手のLPとしては一番多い。

この人は声の質が細くて、特に高音になるとちょっと喉をしめたようになってやや聞き苦しいともいえるんだけど、なんで6枚も買うほどに好きだったんだろうと、YouTubeを探していて見つけたのがこの歌だった。

そうえいば、70年代後半、ハンコックはVocoderを使って歌っていたんだ。確かこれがないと歌えないといっていたような記憶があるけど、いや、そういう話ではないが、このハンコックとの共演はCD化されていたので、早速Amazonでポチしたのだった。

笠井さんは、その少し前くらいからか、ジャズ路線からポップ、ファンク路線を取り入れて日本語で歌った"Vibration"が、確か日立マクセルのCMに使われて大ヒットした。上の写真の真ん中にあるアルバムに入っているが、この少し前あたりから発声が変わって、高音が無理なく聞けるようになったと思う。

就職してから新しいジャズをあまり聴かなくなって笠井さんがどうなったか全然しらなかったんだけど、ジュエリーデザイナーになって歌手は引退したと知ったのは、たしか、たかけんさんのサイトのBBSでうかがったように記憶する。

デザイナーになって歌手をやめてしまったのかと、ずいぶんと思い切ったものだと思ってWikiをみたら、兼業だったけど1998年に音楽活動から引退とあった。

なんといってもアメリカの一流どころとの共演も多い、実力を認められた人なので、そう簡単に引退するわけはないね。

また話がそれてしまったが、なんでこの人のLPを6枚も買ったかと思って聴き直していると、なんとも僕の耳には心地よく聞こえる。まぁ、それだけの話でここまでひっぱてきたわけで、まったくどうでもいいようなことでお終いm(_ _)m

単なる個人的嗜好でありますが、ネットでみると、声質が細いというところが原因かどうか、あまり評価しない人も結構いるようだ。

この"I Thought It Was You"のコメント欄を見ていたら、Al Mouzonご本人がコメントをしていたので、AlさんのYouTubeサイトを覗いてみたら、演奏だけでなく家族の映像とか色々アップされていたんだけど、なんか横から写した姿をみたら、がっくり。ボテボテのお腹で、あの頃の精悍な面影はまったくないなぁ。まぁ、ジャズミュージシャンは容姿で演奏するわけじゃないから、どうでもいいことだけどね。

さて、笠井紀美子というと、なぜか思い出すのが弘田三枝子だ。

その昔、ニューポートジャズ祭に出演して、エラに認められたとかなんとかのウワサを聞いたことがあるけど、「人形の家」がヒットして、整形したのダイエットがどうのと話題になった後はどうなったんだろうと、またWikiをみたら、その後もジャズ活動もしているみたいだ。

残念ながら弘田さんも最近の映像や音源は見当たらないが、弘田さんの方が声質が太くてハリがあるとは思うものの、なんかジャズではあるけど、どことなくポップ音楽っぽい。もともとポップで売りだした人だから、そういうものか。ちなみに、バックにいるのは、松本英彦と世良譲だね。

これだけの歌唱力がありながらも、笠井さんのような本場のミュージシャンとの共演アルバムはないようだが、路線がやや違うということだろう。

しかしこうして聴き比べてみると、弘田さんの方が絶対的に歌唱力は上だと思うねぇ、でもアルバムを買おうとは思わないなぁ。

笠井さんはファンク、ポップを取り入れながらも一線は画していたのではないかな、しらんけど。一方で弘田さんはデビューがポップ歌手だったから、根が違うということか、その辺りが僕にとっての分かれ道だね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/05/11

Yesterday, baby you could drive my car....

村上春樹の新作短篇集「女のいない男たち」を買ったままほったらかしていたのを、やっと読み始めた。このときは「もやしもん最終巻限定版」に買ったがこれもしばらくは読まずで、最近、やっと読み終えた。

Aimg_3680

「ドライブ・マイ・カー」は男の話、いや、本のタイトルからして当たり前だ。

タバコのポイ捨てと実在の地名が問題になって書き換えたことで話題になったことから、北海道の大自然とかいっても、今どきそこでタバコのポイ捨てはあかんやろうになんでそういうことを書いたんかな、という程度の先入観で読めば、やもめ男の淡々とした身の上話で、北海道のことはあまり関連性がない。これなら村上氏が「小説の本質とはそれほど関係のない箇所」と前書きに書いているのも頷けるが、それを書く必然性があったのかという疑問も残る。登場する若い女性ドライバーの”みさき”も「1Q84」の”青豆”をなんとなく連想させるという程度で、全体としてはそれほど面白味のある話ともいえない。青豆の人物設定には若干の抵抗もあるので、それも面白味を減殺した要因ではある。

しかし、ビートルズの"Drive My Car"を聞きながらパラパラと見なおしてみると、印象がずいぶんと違ってきた。このハードな音に乗せてみると、主人公の男よりもむしろ雇われたみさきのハードボイルドな面が浮き上がってきて存在感が増し、男の身の上話は添え物のように後退する。こうなると、問題の文も相応の存在価値が出てくるから面白い。ただ実在の地名を書いてしまうってのはどうかという考えは変わらないが。

YouTubeの映像ではジョンもタバコを吸ってるし、ってのは全然関係ないか。

まぁ、あくまで僕の印象です。

※2019.10.2:最初の投稿での映像では写真でしたが閲覧不可になっていたので、差し替えました。

 

Aimg_3862

二編目の「イエスタデイ」は、村上氏の若い頃の作品を思い出させる、いかにも村上春樹らしい作品だ。小品ながらとてもよい作品だと思う。久しぶりに村上春樹を読んだという気持ちになった、・・・まぁ、これも僕の単なる思い込みだけど、あえて言い古された言葉を使えば、青春のほろ苦さか。前作の「をたないつくると、のの」よりも読後感はよかった。稲美の図書館にいったとき、併設のホールロビーのゆったりしたソファーで読み終えた。それほど静かというわけでもなかったが、まぁ気にしない。

村上小説にはめずらしく関西弁が頻出し重要な部分を占めているが、関西弁が本質的なものかどうかはむずかしい。

氏が関西出身だというだけの理由なのか、東京に対する言語として存在感を持ちうるのは、やはり関西弁が第一といえるからか。確かにこれが他の方言では話がうまくまとまらないかとも思える。

しかし、海外で翻訳する場合、方言はどうなるんだろうか?

言葉遊びのようなイエスタデイの替え歌の出だしの部分だけ書かれているが、雑誌掲載時にはお終いまであったらしい。それが著作権代理人からの「示唆的要求」を受け入れる形で大幅にカットされてしまった。当然ながらネットを検索すれば全文を引用しているサイトを見つけるのは簡単だ。

歌詞はなかなか面白くてさすがと思うし、やっぱり関西人の根っこはなくならないんだと思わせる歌詞だが、それなりに原曲の要点は残っていると思う。だから、村上氏は「訳詞ではなく、まったくの創作」と書いているが、いちゃもんつけようと思えばできないことはなさそうで、それが「示唆的要求」という形になったのかと思う、単なる当て推量ですが。

う~ん、まだ書き足りない気がするが、もう眠いのでこれで終了。

というわけで、まだ最初の二編しか読んでいなくて、三編目を読み始めたところ。だから、ゆうけいさんのレビューもあえてまだ読んでいない。

あとはそうだな、「55歳からのハローライフ/村上龍」とか読んだが、これもなかなかとよかった。司馬遼太郎と小田実の対談とか、「少年H」とか、色々と書きたいことはあるけど、Facebookはお手軽だけどBlogはまとめるのに時間がかかるのでとか、楽器練習が優先とかでついついなまけものになってしまう、・・・というわりには練習も進んでいない。

| | コメント (2)

2014/05/05

連休・練習・連休・練習・・・

連休はFBに書いたとおり、楽器練習と犬の散歩、CATVでスター・ウォーズをみた、くらい。
タイトルは語呂合わせだけで、そんなに練習しているわけではない。

ヴィブラフォンも、最近はやっと楽譜をみながらでもミスが少なくなってきたが、やっぱり暗譜しないと駄目だ・・・楽譜見て、弾いて、暗譜して、自分なりの解釈をして、という作業はボケ防止にもいいんではないかと思うが、まだそこまでは年寄りではないつもり。

以前に練習している曲のYouTube画像をメモしたのに追加。

これも、David Friedmanの曲集に入っている、Vienna、オーストリアのウィーン? ウィーンの印象というところかな、わからんけど。もちろん、こんなスピードでスム~ズに弾けるわけではないけど、以前に比べるとずいぶんとマシになった。

次は、学生の頃に買ったFriedmanの教則本"Dampeneing and Pedaling"に入っている練習曲26番だが、楽譜にない音なんかも入れている。これはまだまだ先だなぁ。

同じ曲集に入っている、練習曲25番というのは学生の頃から練習して未だに弾けていない。YouTubeにある映像をみてみたけど、どれももう一つだし、和音が連続するとみんな意外とミスしてるんだな、ちょっと安心、というようなことをいっていてはいけない。

こういう楽譜に書かれた曲をその通りに弾きつつ音を確認していくと、技術的にいい加減なところが 把握できるようになるのでいい練習なんだけど、こんどの17日には久しぶりに加古川のセッションに行く予定なので、レパートリーを考えなくちゃ。

今んところ、Ed Saindon氏のWaveを参考にしつつたまに練習している。あくまで参考だけど、採譜してくれているのでどんな音使いかってのがわかるだろう、といいつつ、まだテーマのほんの出始めあたりしかみてない。むずかしすぎるんだよね。

Transcription Wave (Saindon) (楽譜)

こちらはDanny Boy。武満徹編曲のギターの方はかなり弾けるようになった。Saindon氏の楽譜もアップされているけど、メロディーとコードしか書いてないんで自分でなんとかしなきゃいけない。Saindon氏とBill EvansはBb、Keith Jarrettと赤松さんはFで弾いているが、僕は今のところ、Fで適当なことやってる程度。

Saindon氏のFulcrum Gripも出来そうな気がしなかったけど、最近はそれなりの真似事はできるようになってきた。やってみればなんとかなるもんだ。

あとは、マレットの持ち替え。

Aimg_3784

普段の練習は、あまり大きな音が出ないように右側のピンク色したソフトなマレットでしているけど、セッションのときは音量が不足するので、左のブルーのバートンモデルを使っている。ただバートンモデルは柄が太いのとヘッドが重いので、使い勝手が違ってくる。

以前はそういうことを気にするほどの余裕もなくセッションに参加していた(のだろうと思う)けど、前回、といっても2月の話だけど、マレットに負けてるなぁ、というのがやっと分かった。やはり普段の練習で慣れていないと駄目なんだね。

軽いマレットばかりで練習していて急に重いマレットを使うと、どうも音量をかせごうとして力任せに叩いてしまったり、利き手の右ばかりで叩いたりして、手に負担がかかってしまう。むしろヘッドの重さを利用して落とすようにしないと駄目なんだろうな。

まぁ、毎度のことながら、ボチボチでんな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »