« 最近の音楽事情 その2 | トップページ | さらば、7月のギターたちよ »

2014/06/29

Gary Burton & Chick Corea 大阪公演

Aimg_4040最近の音楽事情というところで、昨日はGary Burton & Chick Coreaコンサート。

今回も家内同伴だったが、新婚時代の1981年の最初のデュオコンサート以来、このお二人のデュオ日本公演はすべて行っていると思う。今回は4回目。

FBにはあんまり書かなかったけど、前半のデュオに比べると、後半のHarlem String Quartetが入ってからは、なんだかクラシックのような型にはまった演奏に聞こえて、もう一つ気分が入り込めなかった。

非常にレベルの高い演奏には違いないが、どうも演奏にのめり込めず、これだけのメンバーでもったいないと思いつつも、なんだか眠くなることしきり。

午後3時過ぎっていう時間帯も悪かった。この時間帯はいつも眠くなるのがこの頃の体質というか、あ~、まったく夜だったらそんなことないのに、もうこのメンバーでの演奏を聴く機会は二度とないだろうに、あ~、すごく損した気分だ。

しかしアンコールで歌ったCoreaの奥さんのGayle Moranの歌はすごかった。かなりなお年だと思うが、低音からすごい高音まで、声量もしっかりとあって、特に最後の高音で終わる時は、ノンヴィブラートで相当な長い時間をまったく音程がぶれることなく歌いきったのには、感動してしまった。相当にしっかりした声楽の基礎があるのだろう。

それと、手で持ったマイクの位置を頻繁に微妙に変えたりしていて、その辺りも十分に自分の声がどう聴こえるかまで計算しているんだろうなぁ。もちろん、息継ぎの音なんか聞こえない。

パソ通時代にプロの歌手の方が、「マイクは歌手の楽器」と書いていたのが印象に残っているけど、そういうことまで考えている歌手が今はどのくらいいるんだろうと、改めて考えてしまうね。

これまで歌手というのは知っていたけど、聴いたことがなかったのでこれほどの人とは全然知らなかった。FBでは、フレンドのMika Stoltzmanさんのタイムラインでよく一緒の写真が出ていて、単にChick Coreaの奥さんという認識しかなかったので、とにかく驚きだ。

これは違う曲だけど、これも素晴らしい。ちょうどこれも最後がロングトーンで終わっている。

しかし、Coreaという人は、以前のコンサートではそうでもなかったと思うんだけど、まぁ、サービス精神の旺盛な人だね。昔はもっとシリアスな、鋭利な刃物のような顔で演奏していたような気がするけど、今回はずいぶんと剽軽(ひょうきん)だった。

最後はコリア氏が舞台から降りて周りの人と握手しまくったので、それにつられてバートン氏も舞台から降りて握手していた。

僕らの席もそれほど離れていない、いい席だったけど、まぁ、今はそういうのにあえて近づこうとも思わない。お目当てのバートン氏は、その昔、サンケイホールで舞台裏に入り込んで、握手してサインも貰ったし、大阪ブルーノートでも楽屋に押しかけて話をしたこともあるし。

それと、白いものが混じったオッサン連中が嬉々として握手しにいっているのに混ざるのが抵抗があって、といっても僕もおんなじ年代なのだから、五十歩百歩なんだが。

そういう年代を過ごしてきた連中が、今でも楽しんでるってことだね。

Aimg_4022しかし、大阪のNHKホールというのは最悪だね。音響もそれほど良いとは思えなかったけど、階上の入り口まではエスカレーターしかないため、事故防止のためか入場制限していたが、コンサートホールではこんなのはちょっとないんじゃないかな。設計が悪いと思うな。

それと、演奏が始まっているのに、遅れた客を係が案内して通って行くもんだから、すごく気が散って興ざめだった。最近のコンサートでは、演奏中は遅れた客はその演奏が終わるまでは入れないものだろうに、それも1回どころか3~4回はあったし、その客にヒソヒソ声とはいえ席の位置を説明したり、さらには係員自体が席がわからずウロウロしていたのは、どうしようもないな。

それから、先般のキース・ジャレットのソロコンサートで有名になった大阪の観客のマナーの悪さも遺憾なく発揮されていた。前半のデュオは緊張感とともにみんな我慢していたが、後半になると、咳はするわ、くしゃみはするわ、鼻はすするわ、ものは落とすわ、まぁ、なんというか、これが大阪。

それと、僕の斜め前、左の方に拍手オジサンがいて、ストリングの音が鳴り終わらないうちに拍手をしだすし、どの演奏でも最初にそこから拍手が聞こえて、つられて周囲も拍手しだすという具合だった。

まぁ、今回の演奏メンバーはそういうことには頓着しない方々なようなので演奏に影響はなかったようだが、これもコンサートの醍醐味として楽しむゆとりを持とうということかね?

それが、大阪、おおさか、オーサカ。

日本公演の最後を飾るにふさわしかったかどうか、お二人におたずねしたいところだね。

|

« 最近の音楽事情 その2 | トップページ | さらば、7月のギターたちよ »

コメント

Chick Coreaの奥さんがそんな人だったとは知りませんでした。Someday My Prince will comeを聞きましたが、確かに安定した声ですね。

Chick Coreaは痩せてましたか? 最近、見違えるほどに痩せたと聞きましたが。

投稿: PicksClicks | 2014/06/29 21:46

そうでしょう、全然しらなかった。

YouTubeの映像でもマイクを全然口に近づけてないですが、今回の舞台でもマイクを離していても十分に声が通ってましたから、声量もかなりなもんだと思います。声をコントロールするためか、わざと遠くに離したりもしてました。

Chickはちょっとだけ戻ったみたいですね。YouTubeでみた激痩せよりはちょっとふっくらしてました。FBでChick Coreaで検索するとオフィシャルサイトがありますが、東京公演なんかの最近の写真があります。

投稿: taki | 2014/06/29 22:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Gary Burton & Chick Corea 大阪公演:

« 最近の音楽事情 その2 | トップページ | さらば、7月のギターたちよ »