« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015/01/22

村上さんのところ

村上春樹Q&A公式サイトが始まっていた。

村上さんのところ

Murakamiメールで質問などをすると、それに答えてもらえるかもしれない、ないかもしれない、ということだが、村上さんが必ず目を通すのだそうだから、自分の書いたものを村上さんが読んでくれるというだけでもなんか、わくわくしますね。

・・・と、若いころなら考えたところなんだけど、だからってまぁ、どっちでもいいやん、と思ってしまうこの頃だ。

大体、なんか聞きたいとかいいたいことがあるかっていうと、別になぁ。

そうだ、「ヴィブラフォンってどう思いますか」、なんてのはいいかもしれない。なんつ~てもジャズファンの村上さんだから興味を持つんじゃなかろうか。

「背景、趣味でヴィブラフォンを弾いています」という書き出しでどうだろか。あ、背景じゃない、拝啓ね、いや拝啓はいらないか。

Atagoul1m村上さんは猫好きだから、「ますむらひろしの描く"ひでよし"は好きですか?」とか・・・、でもマンガは読まないらしいし、僕はとくに猫好きでもないから駄目だな。

毎日たくさん更新というか、返信がアップされているが、村上さんの返事で目につくのが「がんばってください」だ。

このところ、「がんばって」という言葉はどちらかというと禁句になりつつあるご時世に反抗するのか、単なる挨拶程度なのか、っていうと、読んでる感じではなんか軽く書いてるだけみたいに思えるけどね。

文章や小説をどう書くか、なんて質問には結構突き放した返事をしてますね、やっぱり本業に関わることになると厳しいんだろうな。

放送部でドラマを作りたいという高校生の質問にこんな応えされたら身も蓋もないですね。

物語は向こうからやってくる

話を「作りこむ」ということはありません。話は向こうからかってにやってきて、居座ってしまいます。それを僕は文章にしているだけ。編集者さんもべつに関係ありません。できた原稿を「はい」と渡すだけ(最近はUSBスティックですが)。

おんなじことを宇崎竜童(たぶん)がTVでいってた。曲が上から降ってくるとか、う~~ん。

メール受付は31日までだから、それまでになんか思いついたら書くかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/01/20

なんちゃってPA

PAシステムがどうとか、書いていたわけだが、PICKS-CLICKSさんからミキサーをいただいたので、あとはマイクとスタンドがあればよいという状況になった。

ギターアンプがだめというのは書いたが、その後、PICKS-CLICKSさんから色々とコメントで教えていただいたところで、ベースアンプがよいという話があって、それがなんと都合よくベースアンプがあるのだ。

娘が高校のときに友人とエレキバンドみたいな~、で買ってやったけどすぐに投げ出してそのまんまというエレベとベーアンだ。

Aimg_5798ヴィブラフォンはできればマイクは二本ほしいところだったので、いただいたミキサーを使えばマイク二本をベーアンにつなげることができるし、MalletKATの携帯用アンプとして買ってあるMOBILE CUBEをモニター用に使うこともできるだろう。

Ats3p0001あとはマイクとスタンド選びだが、今日、PICKS-CLICKSさんお勧めのハードオフによってみたけれど、やっぱり田舎の店なので品揃えが全然なかった。

マイクについては、Digilandの解説がわかりやすくて、これから考えるとダイナミック・マイクで十分だろう。SHURE SM57を勧めているけど、これはSoundHouseの評価では古いというのもあったりして、どうなんだか。

SoundHouseをみると、Audix OMシリーズの方がよさげなようだけど、値段は高くなりそう。

まぁ、なんせ素人がいつあるかもわからないお呼ばれ用にというところだからあんまり予算もとれないなぁ、というところで、また当分は迷うことになりそうだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015/01/18

ヒマなのよ

インフル休暇でゴロゴロしている。

もうほぼ治って元気なんだが、カミさんから、部屋から出るな、近寄るな、といわれているので、仏間兼楽器置き場兼PC室兼・・・の部屋にこもって、日がな一日、心に移り行くよしなしごとをうんたらかんたら。

で、こんな時なんでどうでもいいことでも書いてみよう。

FBで駅名(地名)が話題に出ていた。

大阪地下鉄谷町線の、関目高殿(せきめたかどの)という駅名が面白いというのが発端で、大阪は面白い地名があるねぇ、という話だ。関目高殿なんて珍しいとはいえないけど、関目と高殿の中間にある(らしい)ので両方の地名をくっつけてしまったらしい。

名前が出たのを挙げておくと:

関目高殿(せきめたかどの)
野江内代(のえうちんだい)
喜連瓜破(きれうりわり)

JR学研都市線(旧片町線)
放出(はなてん)
徳庵(とくあん)
住道(すみのどう)

Img_0喜連瓜破なんてわけわからん(画像はネットから)が、阪急宝塚線になると、ぐんとおしゃれになって、雲雀丘花屋敷(ひばりがおかはなやしき)なんて駅がある。ついでに、吹田(すいた)という市があるが、これも他所から来た人は「ふきた」とか読んでしまうらしい。確かに「吸う」じゃなくて「吹く」だもんな、考えたらめちゃくちゃだ。

いつも乗っているJR神戸線(山陽本線)は播州赤穂行きとか備前片上行きなんてのだが、時代がかった駅名で面白いとおもっていたんだけど、改めて路線図をみてみたらいっぱいあるのだ。なんか昔の藩名をくっつけて他の同名駅と区別してるってことなんだろうか。

摂津本山、備前片上、備前福河、播州赤穂、播磨高岡、播磨新宮、播磨徳久、美作土居、美作江見、近江八幡、近江舞子・・・まだまだある。

はりま勝原、さくら夙川なんてのは新しい駅だね。六甲道(ろっこうみち)というのも改めて見るとちょっと変だ。

ついでながら、阪急の三宮駅が一昨年、「神戸三宮」となった。なんでわざわざ神戸をつけたんだろうか、阪急は所詮はローカル私鉄で他に三宮と間違う駅名があるわけでもないしと思っていたんだけど、神戸新聞の記事によると「兵庫県外の観光客に、三宮が神戸の中心地であることを分かりやすく伝えるため」なんだそうだ、ふ~ん。

こちらの神戸新聞に記事には駅名変更についてちょっと書いてある。JRの「西ノ宮」を「西宮」に変更するのにかかる費用が2億円と試算されたのを50万円で済ませたってのはすごいね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015/01/17

震災20年

阪神淡路大震災から20年です。

20年といっても、僕は何を語るというほどのものは持っていません。

ライフラインが途絶して1ヶ月以上の不便な暮らしが続いたり、神戸市中央区にあった実家まで渋滞路を何度も往復したり、両親がしばらく我が家に非難していたり、王子公園近くの会社の同僚に差し入れを持って行ったり、吹田の義父名義の団地に一ヶ月ほど単身で住んで通勤したりということはありましたが、被害にあった方々の暮らしとは比べようがありません。

村上春樹の「神の子たちはみな踊る」を読んだ時、実はそれほど震災との関連が感じられなかったのですが、同時に故郷から離れて戻ることはないがいつまでも心の奥底にあって、遠くから思いを馳せていることが感じられ、それは見方によっては同じ神戸市民でありながら、ほとんど被害を受けずに第三者的な立場でしかいられなかった自分の罪悪感のようなものと通じるように思ったのでした。

さて、過去ログをみると毎年、同じようなことばかりを書いていて恥ずかしい限りなのですが、これも以前にも書いたことながら、長時間の不便な通勤をしていたときにカセットで聴いていたのが、Gary Burton & Rebecca Parisのアルバムでした。YouTubeにアルバムタイトル曲があったので、これをもって20年の祈りとしたいと思います。

Tomorrow, we never believe there's tomorrow:
a new day, a new way to live without sorrow.
Take my hand and I will show you how;
understand that we can change the world right now.

'Cause it's another day and it's time to wake up
and find the power we have inside.
There's another way to outshine the past
and to live together side by side.

合掌

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015/01/16

インフル、フルー

インフルエンザにかかってしまった。

昨年末に予防注射はしてたんだけど、A型は型がどんどんかわるので効きにくいらしい。

一昨日、会社で鼻水が止まらずうっとおしかったので、昨日は休みをとって医者に行ったら、アレルギー性鼻炎という診断(だったらしい)で、アレルギーとか鼻水の薬だけもらった。

ところが夕方から熱が出て、夜の10時ころには38度まで上がったので、以前にもらっていた解熱剤を飲んでとりあえずは落ち着いた。

で、今朝は36.5度と平熱だったんだけど、今日も休んで医者にいって検査してもらったらA型と出た。昨日の診察段階では熱も出てなくて鼻水だけだったので、昨日の夜から発症ということになる、らしい。

だから来週の火曜日まで自宅待機だ。冬休み第二弾ってとこだね。

ネットで見ると、結構しんどいように書かれているんだけど、予防注射のおかげかどうか、いうほどのしんどさはない。むしろ鼻水が止まらないのがうっとおしい。

Aimg_5806というわけで、僕は仏間、というほどではないが仏壇のある部屋に隔離状態、といってもこの部屋にPCやら楽器やらも置いてあるので、なんか普段通り。

この画像は、夕食のうどんを隔離病棟て食べているの図。PC画面は景気付けのラテンナンバー、FBで紹介されていたものだ。

さて、ヴィブラフォンは隣室の居間のすみっこに置いてあるが、この部屋にある楽器をみてみると:

クラシックギター
MalletKAT
エレキベース
フレームドラム☓2
電子ピアノ
HAPI DRUM

う~ん、これだけ楽器があると練習する時間が足りないが、これにエレキマンドリンかエレアコギターがほしいなんて思っているから、困ったものだ。

それに管楽器をやったことがないし、年取ったら呼吸器系は鍛えたほうがいいかしらんとか思っているが、これは最近、子供が学校で使っていたリコーダーが出てきたので、これをその内にやってみようかと思っている、いつになるかわからんけど。探したら、鍵盤ハーモニカ(ピアニカ)もどっかにあるかもしれない。

さて、フルーの症状は熱が出てぼーっとする程度で、節々が痛くなるというのも寝ていると肩がこわばった感じになる程度で、それも体を起こすと治まる。

頭痛もないけど、夕食後には38.7度、まぁこれは食事したからで、少し経ったら38.2度で、さすがに頭がボワーっとしてだるいので、解熱剤を飲んで、今はまぁ、ぼちぼちというところだ。

今日は一日、ごろごろ寝ていて、枕元にCDラジカセおいてCDかけまくったりYouTubeの音源聞いたりFB覗いたりで過ぎた。

こういう時は女性の演奏や歌が癒やされていいね。まぁ、先入観かもしれないけど、かけていたのは:

If You Believe/Mika Stoltzman (マリンバ)
Dreamii/Mika Mimura (マリンバ、vib)
Petala/高尾典江(vo、ギター)
Take Love Easy/Sophie Milman (vo)
We Could Be Flying/Karin Krog(vo)
Marimba Sensation/松島美紀(マリンバ)

マリンバの柔らかい木の音がこんなに癒し系とは思ってなかったなぁ。ただ、Karin Krogはちょっとしんどかったな。

Bossanova高尾典江さんというのは、先日、加古川でライブを聴いたときに買ったCD、もちろんサイン入り。オリジナルばかりで大半は日本語の歌詞、ちょっと少女趣味かしらんというところがあっておじさんとしては嬉し恥ずかしなところがあるが、これはこれでよきかな。

ライブではほとんどがボサノバのスタンダード・ナンバーの歌ばかりで久しぶりにボサノバを楽しめた。この写真は僕が撮ったんではなくて、東播ジャズ倶楽部の仲間のものだけど、勝手に拝借。

まだ聴いていないのは:

Fourteen Stories/志賀由美子(ギター)
Speak Softly/藤井美智(tp)

そうそう、ちょっと用があってXPからWin7に移植したニフマンで昔のパソ通のジャズフォーラムのログ(10年以上前のログだ)を読んでいてみつけた、メンバーのμさんが紹介していたSo What/Jerry Garcia & David Grismanなんかも買ってしまっ て聴いているのだ。これはマンドリンでジャズなんだが、それほどブルーグラス臭がしないので、こんなスタイルならいいかな~、なんて、あいかわらずマンドリンが気になっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/01/12

Chick & Stanley Masterclass

FBを見てる人には重複しますが、Chick & Stanley Materclassのご案内です。

下記のリンク先でFist Nameとメールアドレスを入れれば誰でも視聴できるようです。特にメールの確認もありませんでした。以前に登録してたからかもしれませんが、登録も簡単なはずです。

Chickstanトータルで1時間50分くらいあって、英語がわからなくても二人の演奏もあるし、どんな風に合わせているか画面を見るだけでも楽しいです。

Chick and Stanley Masterclass

いつまで公開されているのかわかりませんが、とりあえず今は見ることができます。

以前のクラスにエントリーしてたので、今回の案内も来ていたのですが、リアルタイムで参加というのは無理だし、メールで問い合わせると答えてくれるとかだったと思いますが、この二人に何を聞いたらいいのかなんて考えるだけで頭が痛くなるので、何もしなかったのですが、終了後にFBのChick Coreaサイトのフィードで無料試聴案内がでていたのでした。

Aimg_5801_2話も多いですが、演奏も結構あります。特に初期の曲をどう演奏したとか、実際に演奏したりとか、とても興味深い内容です。

Waltz for Debbyのデュオなんてものますし、最後には奥さんのGaleさんによる500 Miles Highの歌もあります。急にご指名で歌ったという感じなので万全ではありませんが、高音まで透き通った声は素晴らしいです。

メールによる質問は相当数あったようですが、それよりも二人のおしゃべりというか、話しだすと止まらずどんどんと話題がずれていったりして、結局メールの問い合わせは3つか4つくらいしか取り上げていませんでした。でも二人の話がとても面白いです。

しかし今更ですが、これだけの長時間の映像がフルスクリーンでオンデマンドで視聴できるというのはすごいですね。

USTREAMの映像録画できるソフトは持ってないので、音声だけ録音したので、通勤電車でまた聞き直すつもりです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2015/01/04

エレアコからPAシステムに至る道

今年最初というか、ご挨拶の次はまた音楽ネタ、というか覚書だ。

FBは簡単にアップできるけど、検索できないので覚書にならないが、その点、BlogはGoogle検索である程度ひっかかるのと、過去ログを参照できる点が便利かな。

しかし最近わかったのが、FBでもノートというのがあってこれは使える。ただしタイムラインと違って、Youtubeなんかのリンクを貼っても映像は出ないから何か説明をつけとかないといけない。それと、写真とアルバムはFBでも割りと参照しやすいので、これにコメントをつけておくと案外便利かもしれない。公開範囲も指定できる。

といいつつ、昨年からの続きなのでここに書いておこうというのがPAシステムのことだ。

ヴィブラフォン電化は、PICKS-CLICKSさんからのアドバイスでピエゾピックアップはあまりよくなさそうなのと、やっぱり音板一枚ごとにピックアップを貼り付けるというのがどうも抵抗がある。そしてそれを運ぶというのもかなり面倒そうだ。

また音質がピエゾっぽくなるし強弱がそれほどつかないらしい、などと考えるとアコースティック-ピエゾ電化の利点は打突感とかの弾き手側の問題だけで、実質的にはMalletKATと変わらない上に手間が増えるだけと思えるのだ。

ということで、今のところはあえてピエゾをくっつける手間をかけるよりはマイクでよいだろうという結論になっている。

それとは別に以前からマンドリンジャズについて悩むってな課題もあるんだけど、FBでアップされていたジプシー・ジャズでナイロン弦のエレアコが意外といい音をしていたので、これはどうなっているんだろうと思って調べみた。ただ、この映像は比較的よい音だが他の映像を聞いてみたらやっぱりピエゾかな~? (後日、マイク内蔵タイプらしいとのコメントをいただいたので、コメント欄参照ください)

で、見つけたのがこちら。

マイク内蔵のクラシックギターに使うギターアンプの話

ギター用アンプはエレキギター専用でエレアコには適さないという話と、「内臓のマイクそのまま、または後付けのマイクで望む音が出てくることはごくまれかと。 いったんマイクを通した音は、作るものと思います。」という文があった。

そうなんですか、全然知らんかった!! ヴィブラフォンでもエレアコでもギター用アンプでいいかな、なんて安易に考えていたのでこれは多いに助かった。

で、当然ながらヴィブラフォン用アンプなんてのはまずない(VanderPlasにはあるが、日本では売ってないしよくわからない)ので、上のリンクを参考にエレアコギター用なんてのを検索しているうちに、どうもPAシステムを買った方がいいのかな~と思いだしたという話。

そうすれば、ヴィブラフォンのマイクにもMalletKATにも、そしてまだわからんけどエレアコとかエレキマンドリンを買った場合にも対応できるんじゃないか。

Ppa200色々調べてみたところ、BEHRINGER/PPA200というのがコストパフォーマンスがよさそうな気がする。パワーが足りないから低音が駄目という情報があったが、ヴィブラフォンにしろエレアコにしろ、低音をズンズンと響かせるタイプの楽器ではないのと、どうしても不満があればスピーカーを別に買えばいいようなので、今はこれが第一候補かな。こちらのレビューでも多少難ありとはいえコストパフォーマンスは良いと書いてあったし。

スピーカーを買い足すなんてことを考えるなら最初からもう少し上のクラスを考えた方がいいかもしれないが、マイクを合わせるとかなりな金額になるからねぇ。

ということで、覚書はとりあえずここまで。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2015/01/02

2015 謹賀新年

謹賀新年
西暦2015年、あけましておめでとうございます。

例年のこととして新年のご挨拶と、年賀はがきのデザインです。

最近は元旦に届いた年賀状をみてから書いてますね~。以前は少なくとも年末には出していたんだけど、このところはすっかり正月明けてからになってます。

お子達が小さい頃は家内がデザインして、手作りのシルクスクリーン、続いてプリントゴッコで印刷していたのだけれど、この10年くらいは娘のデザインをスキャンしてプリントアウトしていました。

Hitujiotokoでも今年の分は娘もデザインせず、家内もせずだったので、とりあえず会社関係なんかはPC付属の葉書ソフトについてたデザインにネットで拾ったお決まりの羊男の画像を貼り付けて元旦のうちに出してしまいました。

学生時代の知り合いなどでFacebookでつながっていない人には、昨年の万灯祭のバンド演奏写真と活動状況を簡単に記して、もちろん羊男も貼り付けて、これも昨日のうちに出しました。

せっかくなので、ここにその近況報告と、これは以前にもアップした高砂市万灯祭の写真をアップしておきます。

近況報告
昨年は、定年後に再開した音楽活動 の節目になりました。 加古川での月例セッションに加えて 高砂市万灯祭や隣町のX'masコンサ ートに出演したり、また古楽器とお手合わせしたりと、思わぬ機会に恵まれました。今年はまた色々あり そうで楽しみです。

Aaunits_3


Aimg_5778今日になってやっと家内がデザインを決めたので、残りの方々にはこのデザインでさきほど出してきました。これで今年の年賀状はほぼ終わりかな。

そうそう、去年の書き込みではこんなことを書いていました。

2014年1月3日
さて、昨年はセッション参加から東播ジャズ倶楽部で高砂万灯祭出演、フレームドラム練習など、音楽活動再会元年といえる年でした。 今年はさらに音楽関連の活動を増やしていこう、というのが今年の抱負であります。

年初に抱負を書いてそれを実現するなんてことは、僕の人生ではほぼなかったと思うのですが、少なくとも去年の抱負は他力本願ながら実現できたようです。

とはいえ、この休み、僕は8連休なんだけど、音楽練習はほんのちょっとしかしてないなぁ。これはいけません。明日からは心を入れ替えて・・・たぶん

昨日の初詣で引いたおみくじにあった一文。

学問 決心が足りない勉学せよ

はいはい...(^-^;

2015_2

では、みなさま、本年もどうぞよろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »