« 2015 謹賀新年 | トップページ | Chick & Stanley Masterclass »

2015/01/04

エレアコからPAシステムに至る道

今年最初というか、ご挨拶の次はまた音楽ネタ、というか覚書だ。

FBは簡単にアップできるけど、検索できないので覚書にならないが、その点、BlogはGoogle検索である程度ひっかかるのと、過去ログを参照できる点が便利かな。

しかし最近わかったのが、FBでもノートというのがあってこれは使える。ただしタイムラインと違って、Youtubeなんかのリンクを貼っても映像は出ないから何か説明をつけとかないといけない。それと、写真とアルバムはFBでも割りと参照しやすいので、これにコメントをつけておくと案外便利かもしれない。公開範囲も指定できる。

といいつつ、昨年からの続きなのでここに書いておこうというのがPAシステムのことだ。

ヴィブラフォン電化は、PICKS-CLICKSさんからのアドバイスでピエゾピックアップはあまりよくなさそうなのと、やっぱり音板一枚ごとにピックアップを貼り付けるというのがどうも抵抗がある。そしてそれを運ぶというのもかなり面倒そうだ。

また音質がピエゾっぽくなるし強弱がそれほどつかないらしい、などと考えるとアコースティック-ピエゾ電化の利点は打突感とかの弾き手側の問題だけで、実質的にはMalletKATと変わらない上に手間が増えるだけと思えるのだ。

ということで、今のところはあえてピエゾをくっつける手間をかけるよりはマイクでよいだろうという結論になっている。

それとは別に以前からマンドリンジャズについて悩むってな課題もあるんだけど、FBでアップされていたジプシー・ジャズでナイロン弦のエレアコが意外といい音をしていたので、これはどうなっているんだろうと思って調べみた。ただ、この映像は比較的よい音だが他の映像を聞いてみたらやっぱりピエゾかな~? (後日、マイク内蔵タイプらしいとのコメントをいただいたので、コメント欄参照ください)

で、見つけたのがこちら。

マイク内蔵のクラシックギターに使うギターアンプの話

ギター用アンプはエレキギター専用でエレアコには適さないという話と、「内臓のマイクそのまま、または後付けのマイクで望む音が出てくることはごくまれかと。 いったんマイクを通した音は、作るものと思います。」という文があった。

そうなんですか、全然知らんかった!! ヴィブラフォンでもエレアコでもギター用アンプでいいかな、なんて安易に考えていたのでこれは多いに助かった。

で、当然ながらヴィブラフォン用アンプなんてのはまずない(VanderPlasにはあるが、日本では売ってないしよくわからない)ので、上のリンクを参考にエレアコギター用なんてのを検索しているうちに、どうもPAシステムを買った方がいいのかな~と思いだしたという話。

そうすれば、ヴィブラフォンのマイクにもMalletKATにも、そしてまだわからんけどエレアコとかエレキマンドリンを買った場合にも対応できるんじゃないか。

Ppa200色々調べてみたところ、BEHRINGER/PPA200というのがコストパフォーマンスがよさそうな気がする。パワーが足りないから低音が駄目という情報があったが、ヴィブラフォンにしろエレアコにしろ、低音をズンズンと響かせるタイプの楽器ではないのと、どうしても不満があればスピーカーを別に買えばいいようなので、今はこれが第一候補かな。こちらのレビューでも多少難ありとはいえコストパフォーマンスは良いと書いてあったし。

スピーカーを買い足すなんてことを考えるなら最初からもう少し上のクラスを考えた方がいいかもしれないが、マイクを合わせるとかなりな金額になるからねぇ。

ということで、覚書はとりあえずここまで。

|

« 2015 謹賀新年 | トップページ | Chick & Stanley Masterclass »

コメント

ギターアンプは周波数特性もフラットじゃないし、そもそも歪ませて使うことが前提なので、例えばエレガットには使えません。私のエレガットはできればDI(ミキサーへのダイレクトインプット)に入れてもらうか、もし使えればベースアンプにつなぎます。ベースアンプというのは各種特性も素直なのでMALETKATにはお勧めです。安いものなら数千円であります。私の部屋にも15Wのベースアンプが転がっていますが、ベースをつないだことはありません。

http://www.soundhouse.co.jp/search/index?i_type=c&s_category_cd=1007

マイナースイングの動画ですが、これはピエゾじゃないと思います。ピエゾでは最初の靴音とかが入らないから、きっと別にマイクを立てているんでしょうけど、ピエゾだとギターのボディを叩く音とかがあんなに綺麗にはいらないので、ギターのボディの中にダイナミックマイクをいれているのだと思います。

投稿: PicksClicks | 2015/01/05 20:09

なるほど、ピエゾにしては素直な音だとは思いました。他の映像では少し音が悪かったんでピエゾかなと思ったのでした(本文訂正しました)。

で、マイク内蔵エレアコってのを探してみたけど、どうもそういうのは見つからなかったんですが、マイク内蔵タイプってご存じですか?

それから娘が高校のときに友人とバンドやりたいといったので買ってやったのにすぐにほりだしたエレベとアンプがあります。ベースアンプの特性が素直というのを知らず、べース専用と思ってたんですが、一度、MalletKATを試してみます。いつも情報をありがとう。

ついでながら、このPPA200ってのはよさそうな気がするんですが、どう思われますか?

投稿: taki | 2015/01/05 22:03

マイク(ダイナミックではなくて、コンデンサマイクでした)の付いているエレガットというと、YAMAHAの高級機です。昔はCX-9とかだけでしたが、最近では全面的に付いているようです。ただし、マイクとピエゾの二刀流で、ミキサで調整するようになっています。

http://jp.yamaha.com/products/musical-instruments/guitars-basses/pick_up/art/

PPA200ですが、10cmのスピーカーに100Wぶちこむというのでびっくりです。コンパクトにしようとするとそうなっちゃうでしょうか。100Wも入れるなら、もっとでかいスピーカーにすればスピーカ効率ももっと良くなると思うんですが。

ひとつ気になるのは、マイク用のファントム電源というのを持っていないらしいことです。マイクによっては48Vの電源を要求するものがあり、汎用ミキサーにはそのための電源を持っているものが多いのです。一つ上のクラスのEPA900には付いているようですね。

http://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/144355/

それ以外は必要にして十分というところでしょうか。汎用ミキサと違って色々なマイクを繋ぐ可能性がないということなら良い選択だと思います。

投稿: PicksClicks | 2015/01/06 20:31

ただ、PAを準備するのは主催者の役目だと思うので、出演者がPAを持参するというのはちょっと変な感じがします。

私なら安いマイクアンプとベースアンプでなんとかしようと思うでしょうが、ワンセットでパッキングできるのは魅力ですね。

投稿: PicksClicks | 2015/01/07 21:48

色々と教えて頂いて、ありがたいです。

とりあえずはベーアンはあるんで、マイクとスタンドですね。以前に買ったMicroCubeもありますし。

エレアコは、元町のYAMAHAにでも行って見てこようと思います。PAよりはこっちに投資した方がよさげな。

投稿: taki | 2015/01/08 00:57

マイクを直接ベースアンプにつなげるかどうかはちょっと疑問なので、マイクを買うならその場でベースアンプにつなげさせてもらって試す方がいいです。店員さんも変な顔するかも。

そういう場合にはマイクはハイインピーダンス型にすることは必要です。50KΩとかの規格になります。ローインピーダンスの600Ωとかでは信号電圧が足りないので、まず無理です。

投稿: PicksClicks | 2015/01/09 00:27

近所に楽器店がないので、アンプを持っていくのはちょっと無理です。コメントに書かれていたマイクアンプを買えばマイクは余り気にしなくてもいいんでしょうか。

例えばこれとかだと安く上がりそうですが。

BEHRINGER/ MIC200 TUBE ULTRAGAIN
http://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/19210/

投稿: taki | 2015/01/09 16:13

マイクアンプというのは、こういうもののことを言ってるんですが、結構な値段ですね。

http://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/16683/

古いものでよければ、送りましょうか? こんなのですが。

http://homepage3.nifty.com/rgv500r/page041.html

投稿: PicksClicks | 2015/01/09 20:45

色々ありがとうございます。

アンプがもしいらないものなら、送ってもらえるとありがたいです。
とりあえず何もわからないので、ありあわせで色々やってみて、その上でまた必要になったら買うかどうか考えます。

投稿: taki | 2015/01/10 00:29

BX-4を送ってきました。ご笑納ください。マニュアルはダウンロードできます。

コメントをひとつ読み飛ばしていました。

楽器店でマイクを試すのは、その場にあるアンプで試せばいいと思います。店員さんにゴリゴリ押すのは苦手だとは思いますが。

ベーリンガーのマイクアンプは真空管式という(私には)意味不明のやつですね。私も検索して見つけましたが、電池駆動できないので対象からは外しました。現場で100V電源を確保するのは難しい場合が多いので、電池駆動が楽です。

オーディオテクニカの電池駆動ミキサは以前大阪の日本橋で5000円くらいで売られていて、物欲をそそられたのですが、結局買いませんでした。なかなかに厳しい評価のようですね。

投稿: PicksClicks | 2015/01/10 11:15

またまたありがとうございます。

確かに電池駆動というのが便利でしょうね。ただベースアンプは電池じゃないので、一つは電源が必要になりますが。

なんせ楽器店なんかない辺鄙なところなんで、買うなら三宮まで出る方が便利なんですが、それも面倒なんで、ほとんどはネット通販ですませてしまってます。
実際の性能とかわからないところはちょっと恐いところはありますが、楽器店はそこにあるのしか分からないけど、ネットは色々と調べられる点は便利です。
一長一短ですね。

マイクとスタンドもたぶん、ネットで買うことになると思います。

投稿: taki | 2015/01/10 12:28

私は楽器店よりもハードオフを愛用しています。

一度行ってみるといいですよ。

http://www.hardoff.co.jp/shop/kinki/hyogo/hardoff/108/

投稿: PicksClicks | 2015/01/10 15:18

玉津店というのが、月々の医者通いの途中にあるので、何度か行きましたが、やっぱり田舎の店なんで品揃えが貧弱です。
でもマイクとかスタンドは見てなかったんで、今度行ったらみてみます。

あぁ、そうそう、古い電子ピアノとギターはそこで売り払ったんでした。

投稿: taki | 2015/01/10 19:27

RolandのCUBE CM30(マイク入力他ミキサー機能付き30Wパワードモニター。マイクスタンドをスピーカースタンドに流用可能)
を2台リンクケーブルで接続して左右に一組配置。
これ、なかなかどうして侮れません。
もう少しゲインがどうの、リバーブが 、、、等が必要なら別にコンパクトなミキサーから出力するともう少し幸せに鳴れます?
また、自分用のニアフィールド(パワード)モニターとしても良い感じです。
最近、かなりお値段がこなれて来て居ます(2台セット35000円とか?)し、
使い勝手も良いので持っていて邪魔にはなりません?
てな事で、ニアフィールドモニター目的で(でしたが、小スペースならメインでも必要十分)2台持って居ます。

投稿: たぬき | 2015/06/26 16:31

たぬきさん、コメントを頂いていたのに気が付きませんでした。

CUBEのお話、ありがとうございます。参考にさせていただきます。

投稿: taki | 2015/07/04 23:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エレアコからPAシステムに至る道:

« 2015 謹賀新年 | トップページ | Chick & Stanley Masterclass »