« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015/05/31

初心忘れてウダウダ

5月も今日で終わり、月初に更新して以来ほったらかしではあんまりなんで、急いで書いておこう。

まず、東京六本木のセッションハウスFirst Stageが閉店したそうだ。

Vib2ここはヴィブラフォンがおいてある珍しいライブハウスで、2009年に東京出張の折にPICKS-CLICKSさんに連れて行ってもらって、大学卒業以来30年余ぶりのセッションに参加した思い出深い場所だ。

セッションデビュー in Tokyo

今は東京出張もない立場になったので、また行くという可能性もほとんどなかったけど残念だね。六本木なんて一等地でああした形式というのもなかなか維持が難しかったんだろうか。

そんなことで、Blogを読み返していたら、当時はセッション講習会に出たりしていたのだった。

ジャズ初心者@神戸-セッション講習会
ジャズ初心者@神戸

ただ実際に家から出てセッションに参加しだしたのは定年が過ぎてからの話、2012年末の加古川での赤松さんのライブに行った翌年、2013年からだった。

加古川でギグ

それでも未だに月に一回行くかどうかというペースなんだけど、月一でもしんどいかなんてウダウダと思ったりするこの頃、当時の自分の記事を読み返してみると、これはかなり情けない。ちょっと気合を入れんといけません。

まぁ、何がウダウダかっていうと、嘱託になって責任のある地位ではなくなり、これから先に会社人生というのはフェードアウトしていくものであるという認識が強くなると、自分の居場所というのをどこか別に作らないといけないわけで、まぁ、それが僕の場合は「音楽、Jazz」ということになるわけだけど、それもこの先何年できるだろうかとか、どれほども上達できるものでもないのではとか、漠然、モヤモヤとしているということだろう、たぶん。

これもレベルのあまり高くない仲間どうしでワイワイやってるのなら、そのレベルで満足していたかもしれないが、どういうわけか地元のプロやセミプロの方々と知り合いになって、さらに一緒にやってくださいといわれて実際にやっていたりとかしてると、やっぱり自分のレベルの低さが再認識されてしまうわけなんだよね~。

Hinata_live特に昨日は、地元の中二ミュージシャのライブなんていってきたんだけど、これだけ年齢の違う人がこれだけの演奏してるのか、なんて思うとね。

Event1といってもそんなこといってたんではどうにもならんです、ということで今日は小曽根ファミリーのコンサート(神戸国際会館なんでライブというよりはコンサートですね)に行って、気合を入れなおしてきましょう。

FBには書いているけど、なんやかやいいながらライブやら演奏やらには結構行っていて、行くと楽しいんだけど、家で一人で練習なんかしてると、なんだか持続力がとぎれて昼寝してしまったりするんだな、ははは。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015/05/02

Cajon 事始め

ゴールデンウィークだ。

会社は新学期シーズンで今日も営業日だけど、僕は5月から念願の週休3日になったので、今日から5連休でダラダラしている。「村上さんのところ」も更新が終わってしまったし、って関係ないけど。

先月、カホンでも習おうかと書いた後、早速、無料体験教室に行ってきた。

20150310実は3月に一度、ちょうど三宮のアップルギターズで買ったエレアコを受け取りに行くついでに神戸の王子公園近くに見つけた教室を見に行ったのだ。会社の帰りに通えないかと思ったんだけど、残念ながら時間があわなかった。学生時代だったら実家からすぐ近かかったんだけどね。久しぶりにあの辺りを歩いて懐かしかった。やっぱり青春の思い出の地だな・・・、臭いセリフだけど。

体験教室は僕がまったくの素人じゃないってこともあってか、30分の体験のあとも先生とずいぶんと話がはずんでさらに30分くらい話し込んでしまった。なんか昔は無口だったんだけど、最近はついつい話し込むことが多いような。といっても僕はどちらかというと聞き役だけど。

叩き方とか脱力とか体を柔軟に保つとか色々と教えてもらって、体験教室だけでもなかなかと有意義だったので、やってみることにしたのだ。60の手習いだな。

で、自分のカホンを用意しないといけないんだけど、教室を開いている楽器店で進められたのは18000円くらいなのと、叩いてみてももう一つしっくりしなかった。しっくりしないのは、先生のもっていた高級品を叩いた後だからってこともあるけど、あくまでヴィブラフォンの手の動きをよくするのが目的なんで、18000円はちょっと躊躇する。

ネットでみると1万円以下の安いのとか自作キットとかもあるけど、色々と評価を見ると、やはりそれなりに投資はした方がよさそうだ。

Img_6671ということでもう少し安いのはないかと探して見つけたのが、写真のネコマタギ工房のカホン、13000円也。ネットの評価は少ししかないけど、悪くはないようだしもっぱらカホンばかり作っている工房みたいだから悪いものは作らないだろし、この辺りが妥当かということでYahooで注文して一昨日届いた。

しかしこれも思い切って叩くと音が大きいので、練習場所を考えないといけない、といいつつ、今朝はHeidi Joubertのサイトにあるレッスンビデオに合わせて軽めに叩いたりしてみていた。しかしなんだね、美人でスタイルもよくて才能もあるっていう人は見ているだけで楽しいね、ってそういう話ではないんだけど(^^ゞ。

さてしかしその前に今月も色々と予定が立て込んでいる。

5/2 はもどら&サックス ライブ@スカーレットの小鳥
        (ハモンドオルガン、ドラム)
5/3 高槻ジャズストリート 西山瞳トリオ(FBフレンド、無料)
5/5 Mon Diueライブ@スカーレットの小鳥(ジプシージャズ)
5/9 姫路クラフトアートフェア視察(ポルタティーフオルガン出展)
5/10 姫路クラフトアートフェア・セッション
    ポルタティーフオルガンのデモ演奏にギター伴奏で参加
5/16 月例セッション@スカーレットの小鳥
5/30 石井陽太ライブ@青空堂
5/31 神戸ジャズ・フェスティバル:小曽根ファミリー出演

これ以外にPICKS-CLICKSさんからご指名の島崎ギター教室(阪急六甲近辺)偵察任務を適当な休みの日に行くつもりだが、それ以外にもなんかあるかもしれない。

10日のデモセッションではギターを弾かないといけないが、以前に仲間内セッションしたとき、持っていた足台が今どきの椅子では高さが足りないとか不安定ということがあったので、最近よくYouTubeなんかでみるギターサポートを使ってみることにした。

大体、家で練習するときは畳の間で座っていい加減な姿勢でやってるので、そんな時にも使えそうだし、腰の負担とか左手の疲れ具合なんかも少なくなるみたいだ。

71dwfkdnzjl_sl1000_色々と評価と価格をみて、アリアギターサポートというのにした。これでちょっとはまともな練習ができるかな。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »