« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015/06/07

Eurydice Strikes Back

NiftyServeパソ通時代のジャズフォーラムに倶楽部ECMというのがあって、そこにF氏という人がいて、その人は僕が最初にパソ通に書き込みをしたときに返事をくれた人で、またパソ通の終了後、このBlogを偶然見つけて一度だけコメントを頂いたというその人をFacebookで見つけたのだった。

で、あえてフレンドリクエストはしていないのは、今でも結構なフレンド数で管理できないし、FBも手軽なんで何かあったときはとりあえずアップしたりしているけど、なんかタイムラインの表示もFBで勝手に選択してるみたいで、やたら表示される人がいる一方で全然表示されない人もいて、特に海外のフレンドはほとんど表示されなくなって、それもどうも「いいね」したのとの関連もあんまりなさそうとか、まぁ、以前ほど面白くなくなってきたとかなんとか。

で、そのF氏のタイムラインをちょっと覗いてみたら、Weatther Reportは一作目が一番よくて、特に最後のEurydiceが一番好きだとか書いてあった。記事を公開にしてはるんですね。

僕も一作目が一番というのは同感なのでコメントが書けたら書いてみようかとも思ったけど、できないのでそのままで、さてそういえばWRの一作目はCDを持っていないのでたぶん30年以上は聴いていないんじゃないかと思うがどんな曲だったかとそのリンクを聴いてみたのが今回のタイトル。

確かこの曲だけが軽快な4ビートでちょっと異質だったと思う。

こちらにフルアルバムがありました。しかしこのアルバムが出た頃は時間がたっぷりあったのか、若いからどんどん吸収したってことか、まぁ両方なんだろうけど、すぐに思い出した。実際、よく聴いたな~。あっという間に当時の音がよみがえって何十年かぶりに聴いたとは感じられない。音楽も一種のタイムカプセルだね。

WRの翌年、Return to Foreverが出てるわけだけど、Chick CoreaはGary Burtonがらみでその後も動静を追っていたのと、CDも買ったのでその後も何度か聴き返したりしてるので、今聴いても改めての新鮮味はないのだけど、WRとそのメンバーは二作目から以降は全然聴いてないしCDも買わずだったので、本当にタイムカプセル状態だ。

Wayne Shoterは去年、Internatinal Jazz Dayで聴いたのだけど、もう80歳超えてるんだ。Joe Zawinulはかなり前に亡くなったのは知ってるが、他のメンバーはどうしてるのかな。

しかし1971年ちゅうたら、まだ二十歳になってなかったのだ(^_^;)、信じられへんね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015/06/01

6月も忙しい予定

昨日、ウダウダ書いてたわりには、先月に続いて今月も予定が続いている。

6/5(金) Noche del Tango Argentino(スカーレットの小鳥、ライブ)
6/6(土) Mon Dieuライブ@姫路ばら園(ジプシージャズ)
6/11(木) 平島謙二ギターコンサート(西宮)
6/13(土) 杉原俊ギターライブ(スカーレットの小鳥)
6/15(月) Cajonレッスン日
6/17(水) 京都日帰りバスツアー(ファミレス懸賞当選)
6/20(土) 月例セッション(スカーレットの小鳥)
6/22(月) Cajonレッスン日

最初の二つは家内のご要望におつきあい、平島先生からはコンサート招待状をいただいた。杉原さんは地元で活躍するジャズギタリストで、何度かセッションをご一緒した。最近、初CDを発売した記念ライブ。

CajonCajonは月二回のレッスン、5月から始めているが、手の動きなどこれまでマレットだけではわからなかった欠点とかリズムキープの難しさとかがわかってきて、始めたばかりってこともあるけど面白い、very insightful!。

ただしFBの方ではCajonのことは公開していない。あくまでヴィブラフォンのための訓練のつもりだから、Cajonでセッションとかなんとかするつもりはないからだ。まぁ先のことはわからないけどね。

京都バスツアーは金閣寺と嵐山だったかな、休日のショーファーでときどきお昼を食べるファミレスの懸賞にあたった、といっても一人分だけなので夫婦二人だと一人分の金額で参加ということで、これも家内におつきあい。

仕事以外でこんな風に予定が次々とあるのに慣れていなくて、気持ちがついていってないってことが気が落ち着かない要因でもあるだろうな。なんでこんなに忙しいんだろうと思うけど、いつの間にか予定が入っている、って自分で入れてるんだが(^^ゞ。

先月は予定以外に、東播ジャズ倶楽部のジャズフリーペーパーVoyageが出来上がったので、それを発送したり持参したりして、これも楽しいけど気が落ち着かない要因の一つだったと思う。

そういえば、PICKS-CLICKSさんご指名のギター教室にも行ってないし、Voyageを持参するお店がもう一軒残ってるし、まだまだ気ぜわしさが続くこの頃(^_^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »