« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015/07/25

Spain / Chick Corea

万灯祭に出演が決まったことは書いたが、Chick CoreaのSpainを演るのだそうな(^_^;)。

楽譜はセッション虎の巻の「ジャズ・スタンダード・バイブル」に入っているので、以前から適当に音を出す程度のことはしていたが、練習といえるようなことはしていなかった。

で、あわてて練習を始めたら、楽器編成の関係からキーがGmだという連絡が入って、さらにあわてた。

今回参加するバンドは尺八が入っているというちょっと変わった編成で、尺八の音域からGmで演っているらしい。で、Gmの楽譜をくださいと連絡したのだが、なかなか来ない。

しかたがないので原譜のBmをみていたら、長三度下がるから、五線の上にもう一本補足すればGmの楽譜として読めることがわかった。

わかったといってすぐできるもんでもないが、通勤電車のなかでBmの楽譜をみながらヴィブラフォンのGmの音をたどったりして、いってみればイメージトレーニングになるのかな。

意外とそれがきいたのか、ここ数日、夜中にヴィブラフォンを弾くのも近所迷惑なので、エレピにヘッドフォンで練習していたら、それなりに弾けるようになった、というか音の並びは把握できた。

思うに、Spainはキーボード向きのテーマのような気がする。それもBmあたりは慣れると結構弾きやすいと思う。Bmにくらべると、Gmはちょっと弾きにくいところがある。ギターだとどうなんだろう、やってみてないけど難しそうな気がする。

メロディーもかなり変則だけど、何度もやってるうちにそれぞれのキメは把握できるようになった。そうはいっても指やマレットがすぐに適所に行くわけではないけどね。

あとは間にロングトーンと休符が入って次のメロディーが始まるところがあちこちにあるけど、この間(ま)のあくところがちょっといい加減になりやすくて、次のメロディーが入るタイミングがまだ十分には把握できてない。

まぁ、でも自分でいうのもなんだけど、このテーマはまず絶対に出来ないと思っていたのに、意外とできるんだなぁと驚いている。まだ速さはでないけどね。

Light as a Featherのオリジナル演奏はかなり速いが、他の演奏を見てみると、それよりはちょっとだけ遅いのが多いみたいだ。今度のバンドはどのくらいの速さなのかなぁ。

後は、このところソルフェージュで簡単なメロディー(ハ長調、8小節)を聞き取っては、全部の調で弾いたりしていたのが効果が出ているのかもしれない。Spainも他の調でやってみたんだけど、たどたどしいながら結構弾けたりする。

一旦把握すると、意外とわかりやすいメロディーなんだなと思った。コード進行もエンディング以外は素直だしね。

ただ、メロディーの音からこの鍵盤だとわかるというよりは、次は音階上の何度の音、音の間隔は何度、みたいな理屈で把握しているところが大きい気はするが。

次の練習日は8月1日なので、それまでなんとかついていけるまでになるかどうか(^_^;)。

とにかくこの曲はみんなと一緒にユニゾンで決めないと恥ずかしい話になるので練習あるのみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/07/19

The Crusaders/万灯祭

今年も9月の高砂万灯祭に出演することになった。

去年は準備のことしか書いてなかったけど、プロの方々の参加が多くてかなり本格的な演奏だったと思う。

万灯祭準備

一昨年、昨年と共演していただいたオルガンさんはドラムとのユニット「はもどら」で独自に別ステージで出演されるし、ヴォーカルさんも参加しないとのとで、僕は別のバンドに客演という格好になった。

そのバンドも万灯祭のレギュラーで、それ以外にも色々活動されてるのだけど、どうもクセのある人ばかりだからかな、ちょっと分解しかけなのか、今年は肝心のバンマスが出演しないそうでなんとなくセッションのユニットみたいになっている。

僕は出演できればなんでもいいんだけど、これまではバンマスがビチっとしたアレンジで決めていくスタイルだったのが、そうはいかなくなりそうだ。

そんな事情で今年は僕の持ち曲は一曲だけ、PICKS-CLICKSさんの紹介で入手した志賀由美子さんのアルバムに入っている"Georgia On My Mind"にした。ヴィブラフォンのイントロで入ってハーモニカがテーマのAメロ、ギターがBメロという構成だけど、Aメロはアルトサックスにお願いしてBメロを僕が担当することにした。

Georgiaといえばこの人だわね。

志賀由美子さんの演奏も貼っつけておこう、違う曲だけど。

さて、参加するバンドは今はベーシストがリードしていて、その人の好みなのかクルセダーズのナンバーから何曲かやるみたい・・・、まだよくわからないけど、こんなの↓。ヴォーカルはまた別に活動しているセミプロ(ほぼ)の方が入る。埋め込み無効なんでリンクだけ貼っておきます。

The Crusaders feat Randy Crawford-Street Life (Live) 2003

この11日に練習に参加したんだけど、ヴォーカルはなかなかいい感じだった。でもバックがまだまとまりないんだな~、大丈夫かな。

Reichii Guillory共演の方は埋込可だった。こっちの方がわかりやすいというかストレートな感じかな。

今は車がない(借り物はあるけど)ので楽器を運べないから、前回の練習は練習スタジオに置いてあるエレピ(電子ピアノ)で参加した。以前に買った電子ピアノで予習していたんで、まぁそれなりにできたかな(^_^;)。次の練習は8月1日だけど、これもピアノで参加だ。

今年は昨年までと比べるとちょっと気が入ってないというか、東播ジャズ倶楽部の初動が遅かったり、出演者がすぐに決まらなかったりと、ちょっと心配ではあるが、まぁ、自分の役割を果たすことがまず一番だね。

それからこれね↓

これはDbなんで、それで練習していったら、Cでやるんだっていわれて、まぁ、単純な曲だからいいけどさ。

そりゃ、Cの方が簡単ということかもしれないけど、キーボードでCってのはかえってやりにくいなぁって感じた。基本、白鍵ばっかになるのでなんかのぺーっとしたイメージがしてしまうんだな。Dbだと黒鍵を盛んに使うんで、なんか変化があって黒っぽいイメージが出せそうな・・・、まぁ、気がするだけなんだけどね。

あ、もう一曲あった。

さて、練習しなきゃって思うんだけどね、なんか別のことばっかしてるかな(^_^;)。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2015/07/08

ブラウン管TV回収

今日は休み、ダラダラとしてしまうのをなんとか引き締めて、とかいってもなかなか。

さて、CATVのデジアナ変換サービスも終了して、とうとうブラウン管TVも使えなくなった。

Img_6923デジアナ変換器を買うといいのかもしれないが、そうまでしてTVをみるわけでもないので、回収業者を捜していたら、意外と近くの三木市に持ち込み無料引き取りの業者を見つけた。

ユウショウ

8月になって新車がきたら、ドライブがてら行ってみようと思う。三木市なら大した時間はかからないし、田舎道だから気楽だ。

以前、古いPCのブラウン管ディスプレイは、大阪の同じような業者宛に宅配便で送ったんだけど、送料は通常の処分よりはちょっと安いという程度だった。

今回は二つあるから、大阪までクルマで持っていく方が安いんだろうけど、時間をかけて混雑してよくわからない大阪までいくのがなぁ、とか思っていたんだけど、三木なら手軽だ。

ただ気になるのは、住所をGoogle Mapで見ると、老人保健施設となっていることと、引取に(条件あり)というのだ。まぁ、当然ながら予め電話で確認するけど。

FBにはメモでアップしてもあとから見るのがほとんど無理だったり面倒だったりするので、こちらに記事としてアップしておこう、というだけのメモでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/07/05

日々の訓練

週休3日になって時間ができたら、色々できると思っていたんだけど、意外となにもせずに終わることが多い。

要するに心構えがなっとらんということなんだけど、一日だけ余分になったからといって何でもできるわけでもないと言い訳しておこう。

日課として習慣化するようなことが必要なんだろうな。

ここ最近、やはり年齢の問題だろうけど、身体がガタついてきている。特に視力の低下が大きい。

視力が低下するとものがよく見えないから憂鬱になるということを感じる。やはり人間は視覚に大きく依存しているのだな。

Sokudoku目の訓練というのも色々あるようだが、とりあえず以前にやっていた「速読」の訓練を再開した。速読のことは2006年に書いていたが、その後やめてしまっていたので視力も維持できなかったのだろう。

速読の・・・

この時は老眼の進行が止まっているなんて書いていたが、今は老眼も進行しているが、さらに乱視がかなり進行して、かつ右目が極端に低下している。

一番の原因は2008年にノートパソコンを買った後、悪い姿勢で細かな文字のFBを毎日長時間みたりしていたのが大きいと思う。だから今は普通のデスクトップにして、また負担が少ない(・・・と思ってるだけだが)タブレットを使ったり、FBもほとんどつながりのない成り行き承認のフレンドのフォローは止めたり、感心のない記事は非表示にどんどんしたりしているが、結局、そこそこは読んだりしてしまうのだな。このブログ更新が滞っているのも目が疲れるのが原因の一つではある。

眼科には定期的に行っているのだが、眼科では視力低下予防とか回復ということはしないようだ。視力が低下しているといっても、そうですね~、とか、前回と同じくらいですよ、程度の返事しか返ってこない。悪くなったらメガネ変更くらいのようなので、自分で考えないと仕方がない。

回復は望めないとして、現状をなんとか維持したいものなのだ。

も一つの訓練はソルフェージュだが、本よりもネットでよい課題を見つけた。

Senzoku Online School of Music

Senzoku課題が「導入」から「超上級2」まで9ステップ、各ステップに30題あるので、じっくりと取り組める。それにタブレットをヴィブラフォンの上に置いて楽器で弾きながらの訓練ができるので便利だ。

まだ導入部で一日一題くらいだけど、ハ長調で調音した後、それをF、Bb、Eb、Ab、G、D、A、Eのキーで弾くのと、半音ずつずらしてすべての調で弾くのをしている。とにかく継続して上級まで行ってみたいものだ。

後はとにかく運動なのだが、これが全然できていない。隣町の稲美町では月々5000円くらいで会員になると、トレーナーのアドバイスが受けられて毎日トレーニングやスイミングができる施設があるので、そこに行こうかと、まだ考えているだけなんだけど、今は事情があってクルマ買い替えになったために、新車がくるまでは無料で借りている代車があるだけなので、これを使うのは気が引けるので、新車が来たら・・・・、などと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015/07/04

マリンバ、マリンバ

FBでMIDI vibesという話題があって、これは僕の持っている電子鍵盤打楽器のMallteKATではなくて、普通のヴィブラフォンにピエゾ・ピックアップをつけてそれからMIDIにつないているという話だ。

それで検索していて見つけたのが、Steve Shapiroというプレイヤーのサイトで、細かいことはよくわからないが、今のシステムではずいぶんと自然な感じで電化できるという話らしい。

10万くらいだすとヴィブラフォン専用のピエゾが入手できてDIY電化も可能という話なんだけど、どうも運搬とかアンプ関係とか考えると面倒だし、PICKS-CLICKSさんからの助言なんかもあったりして結局断念したのだった、というのは以前に書いた。

ヴィブラフォン電化?

それはさておき、Vimeoにあった彼のマリンバとの多重録音が心地よい。

マリンバとヴィブラフォンは相性がいい。初めて聴いたのは、David FriedmanとDave Samuelsのアルバム、"Winter Love, April Joy"で、このアルバムのことは以前に書いたことがある。

Winter Love, April Joy
Getting "Winter Love, April Joy"

YouTubeにないかと探したけどなかったので、自分のサイトにアップしてみた。

さて、実をいうとこれも以前に書いたかもしれないけど、マリンバも持っているのだ。

これはマリンバの佐藤先生の弟さんの大島さんから譲っていただいたもので、大島さんはバークリーを卒業後に日本に帰国したものの、どうも日本のジャズ界は肌に合わないと、また渡米することにしたので、その旅費捻出のために売却されたものだ。

今の家に引っ越した当時はまだ家の中にモノがあふれ返っていなかったので、マリンバを組み立ててちょっと弾いたこともあるのだが、その後もう20年以上しまいこんだままだ。

家の中を片付けてヴィブラフォンと並べて、なんてことができればいいのだけど、なんせ成人したお子達がまだゴロゴロしているし、色々とモノが増えているし、ぼくの楽器も増えているしと、場所確保なんて夢のまた夢だ・・・、なんせヴィブラフォンより大きいのだし。

まぁ、MalletKATのマリンバは少なくともヴィブラフォンの音よりはいい感じなんで、それで代用もできるといえるが、さてはて、マリンバをこれからどうしたものやら。

しかし、しまいこんだままで大丈夫かな?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »