« Eurydice Strikes Back | トップページ | 日々の訓練 »

2015/07/04

マリンバ、マリンバ

FBでMIDI vibesという話題があって、これは僕の持っている電子鍵盤打楽器のMallteKATではなくて、普通のヴィブラフォンにピエゾ・ピックアップをつけてそれからMIDIにつないているという話だ。

それで検索していて見つけたのが、Steve Shapiroというプレイヤーのサイトで、細かいことはよくわからないが、今のシステムではずいぶんと自然な感じで電化できるという話らしい。

10万くらいだすとヴィブラフォン専用のピエゾが入手できてDIY電化も可能という話なんだけど、どうも運搬とかアンプ関係とか考えると面倒だし、PICKS-CLICKSさんからの助言なんかもあったりして結局断念したのだった、というのは以前に書いた。

ヴィブラフォン電化?

それはさておき、Vimeoにあった彼のマリンバとの多重録音が心地よい。

マリンバとヴィブラフォンは相性がいい。初めて聴いたのは、David FriedmanとDave Samuelsのアルバム、"Winter Love, April Joy"で、このアルバムのことは以前に書いたことがある。

Winter Love, April Joy
Getting "Winter Love, April Joy"

YouTubeにないかと探したけどなかったので、自分のサイトにアップしてみた。

さて、実をいうとこれも以前に書いたかもしれないけど、マリンバも持っているのだ。

これはマリンバの佐藤先生の弟さんの大島さんから譲っていただいたもので、大島さんはバークリーを卒業後に日本に帰国したものの、どうも日本のジャズ界は肌に合わないと、また渡米することにしたので、その旅費捻出のために売却されたものだ。

今の家に引っ越した当時はまだ家の中にモノがあふれ返っていなかったので、マリンバを組み立ててちょっと弾いたこともあるのだが、その後もう20年以上しまいこんだままだ。

家の中を片付けてヴィブラフォンと並べて、なんてことができればいいのだけど、なんせ成人したお子達がまだゴロゴロしているし、色々とモノが増えているし、ぼくの楽器も増えているしと、場所確保なんて夢のまた夢だ・・・、なんせヴィブラフォンより大きいのだし。

まぁ、MalletKATのマリンバは少なくともヴィブラフォンの音よりはいい感じなんで、それで代用もできるといえるが、さてはて、マリンバをこれからどうしたものやら。

しかし、しまいこんだままで大丈夫かな?

|

« Eurydice Strikes Back | トップページ | 日々の訓練 »

コメント

梅雨が明けたら、ぜひバーだけでも風に当ててあげてください。

薪ンバにしてしまうのはあまりにも不憫ですから、オークションに出してみてはどうでしょうか?

ご参考:http://page18.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/w122222522

投稿: PicksClicks | 2015/07/05 08:27

薪ンバとはまたまたうまいことおっしゃいますね。

確かにちょっと風にあてるなりしないといけません。

参考URL、ありがとう。高いですね。たかがヤマハのマリンバで激レアもないもんだと思います。だいたいマリンバって楽器自体がレアだし。

私のはMusserのかなり古いマリンバなので、それこそ激レアです。胴体や共鳴管が折りたたみになっているタイプで、購入時にすでにかなり使い古されていたものなので、組み立ての接合部がゆるかったりしてかなりガタがきていて、こんなの売れるんかな~。

投稿: taki | 2015/07/05 10:39

どこかの音楽学校に寄付するとか。そうしたら「ついでに教えに来てください」とかなったりして。

投稿: PicksClicks | 2015/07/06 20:08

う~ん、音楽学校はたぶん無理でしょうね。かなりガタついていますし、学校にはもっと立派なのがあると思います。あげるなら個人でしょうが、どうだろうな。

今、カホンを習いに行ってるところでもマリンバ教室があります。ちょうど時間待ちの時に別の部屋でやってるのが聞こえますが、マリンバを今から習おうという気はちょっとしないですね~。打楽器のが面白くて役立ちそうです。

投稿: taki | 2015/07/08 11:28

あ、読み間違えてました。私が教えるんですか?

そりゃ無理無理無理~、です。

投稿: taki | 2015/07/08 11:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マリンバ、マリンバ:

« Eurydice Strikes Back | トップページ | 日々の訓練 »