« 眼には目を、そして私はネオ・・・ | トップページ | 使いみちのない風景 »

2015/09/13

ヴィブラフォン改造計画

FBには書いたりしているが、セッションやイベント、その練習などでヴィブラフォンを持ち運ぶことが増えてきた。

Vibkotori_2先月は高砂万灯祭の練習と月例セッションで3回、今月はすでに練習で2回、あと練習が1回と20日の本番がある。セッションは本番前日なので今月は休むつもりだ。

そして来月末には親子ジャズイベントとそのリハ、月例セッションで3回は持ち出す予定だ。

Vibsienta_2運搬は、買い換えた新車のシエンタで問題なくできた。むしろ床面が以前のノアより低いのでちょっとだけど出し入れが楽になった。

しかしかさばるし重いので、段々としんどくなってくるだろうなぁ、と思っている。なんせ定年すぎてしまった年齢だからね。

特にフレーム(胴体)が重くてかさばって大変だ。共鳴管もかさばるけど、アルミ製で重さは大したことはない。バーが重いのは、こればっかりはどうしようもないが、丸めてたためば、かさはとらない。

Portaそこで、FBを通じて知り合った、ポルタティフ・オルガンを制作した丹波篠山の木工作家に、今のフレームを分解できるように工作してもらうか、あるいは新しく軽量のフレームを制作してもらおうか、などと考えついた。

フレームを真っ二つにして組み立て式とか、折りたたみとかイメージしてたんだけど、改めて見なおすとダンパーがフレームに固定されていて、一刀両断に分解はちょっと無理そうだ。ダンパーを着脱式というのもほぼ無理と思う。

だから新しく作ってもらった方がよいかと思っているが、まぁ、おいくらになるか見当もつかないな(^_^;)。お値段勝負ではあるのだが。

Aimg_7058_2M55の足とかペダルはアルミ製で、木製のフレームにねじ止めなので、これはそのまま流用できると思う。ネットで調べてみたんだけど、足部分だけというのも他社から販売されているのだけど、それだけで20万円以上もする、といってそんなん買っても仕方がない。

ヨーロッパのVanderplusはMusser用のフレームや足を販売していてもう少し安いみたいだけど、こちらはむしろもっと大きくて重そうだ。

まぁ、上のセッションでの写真でみるように、今のデザインはなかなかとかっこよいし、musserのロゴとエンブレムが入ったりして、これを使わないのは惜しい気はするが、そろそろそうも言ってられない年齢だ。

Vibcompactイメージとしては、こんなのかな。

ということで、フレームにはバーを固定するPostというのが必要になる。

Parts2今のフレームから外して使うということも考えられるが、かなり古いし手間も面倒だろうし、新しいのを買った方がよいかとアメリカの通販で調べたのが右の画像だ。合わせても割と安いのだが、日本への送料が簡易で$46、普通ならその倍程度という見積もりだった。

国内でも手に入るか問い合わせをしているが、高いだろうな。でもアメリカからの送料とか通販の危険性などを考えると国内代理店の方が安心ではある。

Musser M55のパーツ一覧はこちら(pdfファイル)、興味のある人はどうぞ。

とはいえ、これから相談してみるということで、いつのことになるか、そもそも作ってもらえるのかもわからない話だけどね。

|

« 眼には目を、そして私はネオ・・・ | トップページ | 使いみちのない風景 »

コメント

ダンパーを機械的リンクじゃなくて空気圧でできないんですかね? そうすると構造が柔軟になりそうな気がします。

投稿: PicksClicks | 2015/09/13 18:55

空気圧ですか。

機構がどうなるのかわかりませんけど、かなりレスポンスのよい機構が必要ですね。そうすると、容量の大きなコンプレッサーが必要なように思いますが、演奏する横でコンプレサー動かすわけにはいかないので、なんか別の圧力源があるのでしょうか。

投稿: taki | 2015/09/13 20:16

いや、密閉した空気回路でペダルを踏んだらダンパーが離れるというふうな仕掛けで。空気は少しずつ漏れるでしょうから、そこを何とかしないといけないですね。

投稿: PicksClicks | 2015/09/13 21:39

会社にあるエア駆動の機械とかコンプレッサーをみてますと、エアは圧縮性なんでかなり圧を上げないとレスポンスが遅いと思いますし、頻繁にオンオフする回路になるからそれなりの大きさのタンクも備えておかないとすぐに圧が下がってくると思います。小型の静音ポンプはあんまり役に立たないし、静音といっても使ってるうちにうるさくなってきます。

むしろモーター駆動の方が良さそうな気がしますが。

投稿: taki | 2015/09/15 08:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヴィブラフォン改造計画:

« 眼には目を、そして私はネオ・・・ | トップページ | 使いみちのない風景 »