« ヴィブラフォン改造計画 | トップページ | 実験-Vibraphone »

2015/09/22

使いみちのない風景

日曜日の高砂万灯祭が終わって昨日は大谷美術館まで「ボローニャ国際絵本原画展」を見に行ってきたものの、その後も連休が続くといかにも気が抜けた生活になる。

Adsc_0714_2昨年、通信講座のフレームドラム初心者講座を受けた後、主催者の谷口はるひさんからなんやかやメールが来るのだけど、その中で「今日の気づきの言葉(インデアンの言葉)」というのが毎日送られてくる。

面白い言葉、含蓄のある言葉、厳しい言葉、そんなもんかねぇという言葉などなど、もう一年以上続いているかと思うが、よく続けられるものだ。

でもそれだけの言葉を、たとえ暗記していなくても蓄えている人は心が豊かであるような気がする。もちろん僕はその日にちらっと見ておしまいなのでほとんど何も残らないのだが、たまたま今日の言葉がまさに今日の僕を表しているようで面白いというよりは一安心というか。

なにも考えず、
なにもしないのは、
寝ることの次に
幸せなこと。
 

このところは仕事は別として家にいるときは、万灯祭のために練習しなければとか、通っているカホン・レッスンの練習をしなければとか、10月の親子ジャズはどうしたらいいだろうか、というような、まぁ、音楽のことばかりでそれはそれでそんなことだけで済むのだから幸せなことではあるけれど、なんか追い立てられているような状況だったけど、この連休くらいはこの言葉のとおりでいいかな。

Img_7097といいつつ、先日買った「使いみちのない風景/村上春樹」を読み始めた。

読書といえばほとんど通勤帰路の車内だけだったのが、この半年あまりは視力低下が気になって本を読むのも控えめだった。だから読書もほとんど進んでいなかったけど、先月、白内障手術を受けてからは劇的に(といってもド近眼は治らないけど)視力が回復したので、そろそろ読書を再開してもいいかというところだ。といいつつ、Kindleで無料の夏目漱石などをいくつかは読んではいるのだが。

何もしない連休と思うなら何もしないでいるべきなんだけどそこは貧乏性というか、結局は何かしようということで、とりあえずAmazonで「どうでもいい本」と評価の低かったこの本を開いてみたわけだ。

あっという間に終わりそうな本だけど、この本のタイトルがJobimの「Useless Landscape」という曲からきている(はっきりそうとは書いてないが)とあって、へぇ~、そんな曲があったのか、というのが今日のお題、なんてことをシコシコと書いているのもどうなんだってところだけど。

なかなかとゆったりして今日の気分にぴったりした雰囲気だけど、この演奏では今ひとつメロディーが見えてこない。

ここでJobimご自身に登場していただいていて、「う~ん、歌はも一つと評判は芳しくないJobimの歌だからか、これもなんかピンとこない。」という感想を書いていたんだけど、その音源が削除されてしまったので、ジョビンの伴奏によるエリス・レジーナの歌を埋め込んだ。これは旋律がわりとはっきりしている。(2016.1.23)

あぁ、これはなんとなくJobimらしいラインが見えるかな。

ベースと二人の声だけの歌がメロディーとハーモニーが見えるというのも皮肉な、といっても僕の耳での話だけど。でもやっぱり前半の英語よりは後半のブラジル語がいいね。

で、肝心の読書はどうかというと、まぁ、確かにどうでもいいっちゃいい内容だけど、僕の好きな旅行記的なところもあるし気楽に何も考えずに読むにはちょうどよい。

写真もAmzon評にあったように文との関係があるとは思えないけど、これはこれでじゃまにならないBGM、家具の音楽ならぬ家具の写真というところで、文とマッチしてると思う。

というわけで、今日もカホンの練習に隣町の、たぶん誰もいない公園に行こうかと思っていたけど、明日も休みだし夜は夜で万灯祭の打上に加古川まで出かけるから、今はのんびりとこの本を読んでいよう。

といっても残りも半分もなくてあっという間に終わりそうだ。

2016.1.23 追加:
シナトラとジョビンのアルバムがあるらしく、その中では If You Never Come To Meというタイトルで歌われれいるようだ。

|

« ヴィブラフォン改造計画 | トップページ | 実験-Vibraphone »

コメント

そんなtakiさんにボクからこの言葉を。
「無為自然」
老子(tao)のことばですが、解説されているような「むいしぜん」というより「為す無くして自ずから然り」と解釈して下さい。
「箱は中身がカラッポだから有用なのだ」というような付け加えの解説?があったことを思い出します。

投稿: たかけん | 2015/09/22 19:53

たかけんさん、お言葉をありがとうございます。

無為自然、たしか絵日記にかかれていたように記憶しますが、「箱は中身がカラッポだから有用なのだ」というのはなかなかと含蓄のある解説ですね。なかなかそういかないところが難しいですが(^_^;)。

投稿: taki | 2015/09/23 00:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 使いみちのない風景:

« ヴィブラフォン改造計画 | トップページ | 実験-Vibraphone »