« MalletKAT覚書 | トップページ | Facebookはほどほどに-その1 »

2015/11/29

秋のイベント

最近の状況の覚書=過去のこの頃は何してたろうと老後に思い出す自分の楽しみのために。

今でもたまに昔のログをみたりして思い出に耽ることがありますが、以前はそれなりの内容を書いていたことが多いけど、最近はFBで手軽に済ませてしまうので、箇条書きでも書いておこうという、ごく個人的なメモです。さかのぼって9月から。

9月
2日:8月末に白内障手術をして1週間の休みの続きが2日まで、のんびり。
5日:万灯祭練習、加古川のカコムスタジオにて17:00~21:00
6日:しまなみ海道から尾道まで日帰りバス旅行、どっかの懸賞のご優待。
7日:高砂成田山 新車シエンタお祓い
   カホンレッスン、21:00~22:00
12日:午後=歌と古楽のコンサート@兵庫県立考古学博物館
    ポルタティーフオルガンとソプラノ(歌)、ダラブッカ共演
    夜:万灯祭練習@カコムスタジオ
17日:午後 万灯祭練習@カコムスタジオ
20日:たかさご万灯祭本番@高砂コミュニティーセンター
    はもどらライブ@善立寺
21日:イタリア・ボローニャ国際絵本原画展@大谷美術館(西宮)
22日:夜=万灯祭打上&二次会
27日:Voyage編集委員会(東播ジャズ倶楽部発行ジャズフリーペーパー)
28日:カホンレッスン、21:00~22:00

Aimg_71519月は東播ジャズ倶楽部そして僕にとっても最大のイベント、たかさご万灯祭を中心の活動で、練習と本番でヴィブラフォンは4回出動しました。

万灯祭は一昨年からの出演ですが、今年はあまり満足できる出来ではなかったというのは以前に書いたので、写真は出演のあいまにすぐとなりで出演されていた、はもどら(井渕美保(org)、森田宏明(ds))を聴きにいったときのものです。井渕さんがすごく色っぽくなっていたので少々驚きましたが、おしゃべりするといつもの井渕さんでした。

Aimg_7048考古学博物館の古楽演奏では、井渕さんのポルタティーフ・オルガンに森田さんのダラブッカ(写真右)が加わって、とてもスリリングな演奏でした。

10月
3日:北条鉄道・法華口駅探訪(ボランティア駅長に魅せられて)
6日:マグリット展(京都市立美術館)
11日:赤松敏弘(vib)/宮下博之(p) Duo @スカーレットの小鳥
16日:はもどら&またみたん(vo)@葱焼倶楽部(神戸)
17日:琳派イメージ展(京都国立近代美術館)
    京都画材まつり(半分仕事おつきあい)@勧業館
    夜:月例セッション@スカーレットの小鳥
18日:Voyage編集委員会
19日:カホンレッスン
24日:午後=親子ジャズコンサートリハーサル@花の樹(稲美町)
    夜:LJQ月例練習参加
26日:カホンレッスン
30日:親子ジャズコンサート楽器搬入、音出し
31日親子ジャズコンサート@加古川海洋文化センター
   井渕美保(org)、またみたん(vo)、taki(vib)

Ap120061110月はセッション、親子ジャズリハ、本番で3回出動だけど、リハの後に一旦帰宅してから加古川でのLJQ月例練習に参加してきたから4回だ。LJQ(ルミエール・ジャズ・カルテットまたはクインテット)は万灯祭でご一緒した方々(アルト・サックス、尺八、ベース、ドラム、今はギターが抜けたので4人)。

9月の高砂万灯祭の出来はもう一つだったけど、親子ジャズコンサートがとても楽しくて充実していたことがよい思い出となるでしょう(右写真)。

音楽活動が忙しくなったこともあり、美術関連は以前に比べるとずいぶんと少なくなりました。マグリット展はよかったのですが、京都画材まつりのついでに行った琳派イメージ展は「あくまでイメージです」レベルの、ほんまのイメージ展でした。

11月
1日:天橋立 日帰りバス旅行(1名ご招待当選のため)
8日:三木金物まつり
11日:有馬温泉・太閤の湯(日帰り)
14日:井渕美保(org)/三ツ村洋平(g) 投げ銭ライブ@花の樹(稲美町)
    MallteKATにて参加
15日:Mon Dieu ジプシージャズ@スカーレットの小鳥
16日:カホンレッスン
19日:イザベラ・ラングレン@サテンドール神戸
    スウェーデンのジャズ・ヴォーカル
     これについてはまた書くつもり(たぶん)
21日:Voyage編集委員会
22日:午後=大学軽音楽部50周年ジャズセッション@サテンドール神戸
    夜=はもどらライブ@スカーレットの小鳥
23日:月例セッション@スカーレットの小鳥
30日:カホンレッスン

Aadsc_072211月の3連休辺りはかなり忙しかったけど楽しかった。MallteKAT出動のことは書いたので、写真は軽音楽部セッションでの、先輩方の演奏。初代Modern Jazz Generations。旧交を温めるだけのつもりが、成り行きからピアノを鳴らす(弾いたとはいえない)はめになりましたが、小曽根真などの超有名な多くのピアニストが弾いたであろうピアノに触れたのはいい記念になりました。

Adsc_0753その夜は、スカーレットの小鳥で「はもどら」ライブ。とてもハッピーでスリリングでエキサイティングなライブ(カタカナばっかり)でありました。井渕さん、前回の5月のライブでは難しい顔して弾いてたのが気になったのですが、今回は演奏中の表情や姿がすごくきれいでした。やっぱりライブはヴィジュアルも大切ですね。

12月(予定)
4日:ふらっとジャズパーティー@ビストピア(加古川)
   DJ(しろくま&またみたん/東播ジャズ倶楽部)、
   杉原俊(g)ソロ、山本佳史トリオ(ジプシージャズ)
7日:カホンレッスン
12日:河合代介(org)ソロライブ@スカーレットの小鳥
13日:東播ジャズ倶楽部忘年会&セッション
    MalletKATを持っていく予定
19日:Voyage編集委員会、夜=月例セッション
21日:カホンレッスン
23日:佐藤先生マリンバ教室Xmas発表会@葺合文化センター
26日:山本祐介(vib)/関根綾(p) Duo @スカーレットの小鳥
29日:冬休みに入る

Bistpia加古川、とくにスカーレットの小鳥に行く機会がとても多いこの頃。月例セッションとVoyage編集委員会で必ず月2回は行く上に、ライブが続いています。

右は4日予定のビストピアでのジャズパーティーのフライヤー。ギターの杉原さんとは2回ほどセッションをご一緒したことがあって、表情ひとつ変えずにクールに弾くジム・ホール系(と僕が勝手に思っている)のギタリストです。

Adsc_0716またカホンを習い始めたことから、今まで気がつかなかったり、おざなりにしていたことが見えてきて、また手の動きも多少は良くなったと思うところもあり、ヴィブラフォンもそれなりの進歩があったと思います。それから稲美の公園でカホン練習にとてもよい場所をみつけて、時々ではありますが、休みの日に1時間程度練習にいって思い切り叩いているのもよい刺激になっています。左は今日のお昼に1時間余り練習した時の写真。人気がないのがとてもありがたい。小さなステージ風で、円の中心辺りで叩くとよく反響します。

Aaportativeまたオルガンの井渕さん、ヴォーカルのまたみたん(本職はなんだかわからないナゾの女性)と何度もご一緒して素敵な時間を過ごせたのがとてもよかったです。こちらには書いてないけど、5月には姫路のアートクラフトフェアに出展された木工作家の小泉さんのブースで、ポルタティーフ・オルガンのデモ演奏にギターでご一緒しました。

ヴィブラフォンにカホンと色々と忙しい代わりといってはなんだけど、このところギターはほとんど手付かず。ちょっと気を入れなおさなければ。

年齢的にはまだまだといえるはずですが、いつ何があるかわからないのは世の常、日々精進あるのみ・・・、というのは口だけで、スケジュールが混んでいる割にはダラダラしているなぁ。

今のところ、年明けの予定は大してないので、じっくりと・・・、さて、何をしようか(^_^;)。

|

« MalletKAT覚書 | トップページ | Facebookはほどほどに-その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋のイベント:

« MalletKAT覚書 | トップページ | Facebookはほどほどに-その1 »