« Facebookはほどほどに-2 | トップページ | After the Riot at Newport - Interview: Gary Burton Part 1 »

2015/12/06

Facebookはほどほどに-3

Facebook話題3回目。

書き始めたものの、こういう批判的な記事は書いていても面白くない。やっぱり音楽ネタにしとけばよかったといっても、書き始めてしまった以上、仕方がない。これで最後にします。

さて金曜日のことだが、インフルエンザ予防接種を受けた。

FBに限らずこの季節によく出てくる話が、インフルエンザ予防接種は無駄、あるいは有害という記事だ。たとえば年初にみかけたこちら:

インフルエンザワクチン、WHO「感染予防効果は期待できない」
免疫悪化との研究も

この記事には下記のように書かれている。

東京都内の内科医の話として:
「世界保健機関(WHO)のホームページを見ても、インフルエンザワクチンについて『感染予防の効果は期待できない』と認めています。」

実際にホームページや公式見解を調べてみると、WHOの見解としては、「感染予防の効果は期待できないが、発症や重症化を抑える効果はある」との表現が見つかる

そしてご丁寧にWHOのリンクが貼ってあるが、そのリンク先には"Influenza vaccination is the most effective way to prevent infection.(インフルエンザワクチンは感染予防に最も効果的な手段である)"と、まるで逆のことが書かれている。文末に全文引用しておきますが、どこからこのタイトルと文章が出てきたのかみてみると、筆者の詭弁がわかる。該当する部分は以下のようである。

Among healthy adults, influenza vaccine can provide reasonable protection. However among the elderly, influenza vaccine may be less effective in preventing illness but may reduce severity of disease and incidence of complications and deaths.

健康な成人では、インフルエンザワクチンは有効な予防となり得る。しかし、高齢者ではインフルエンザワクチンの病気予防効果は劣るが、重症化や、合併症、致死を抑えるであろう。
 (拙訳)

ワクチンに否定的な都内の内科医のWHOの話を聞いて、それをセンセーショナルなタイトルにしで話題性をとろうとしたが、実際のWHOの見解とは食い違っていたので、都合の悪い前半と「高齢者では」という断り書きを割愛したのだろう。いってみれば情報操作だ。

全体としては肯定的な見解も入れつつも、なるべく否定方向へ導きつつ、なおかつ最終的には「熟慮を重ねて自己判断」とか「医学会でも大きく意見が分かれている」などと責任回避をしているのもよくあるパターンだ。

ということで、この辺で終わりにいたします。

ここまで読まれた方、どうもありがとうございました。ダラダラ長文のお詫びに、お楽しみリンクを貼っておきます。「キモい!」といわれるかもしれませんが(^_^;)、これもFBのリンクシェアから、「最悪のレコード・ジャケット集」。

Ther Worst Album Covers Ever Created!

 

****以下、WHOから引用*****

WHO Influenza(Seasonal)

 Influenza vaccination is the most effective way to prevent infection.

Prevention The most effective way to prevent the disease and/or severe outcomes from the illness is vaccination. Safe and effective vaccines are available and have been used for more than 60 years. Among healthy adults, influenza vaccine can provide reasonable protection. However among the elderly, influenza vaccine may be less effective in preventing illness but may reduce severity of disease and incidence of complications and deaths.

Vaccination is especially important for people at higher risk of serious influenza complications, and for people who live with or care for high risk individuals.

WHO recommends annual vaccination for:

pregnant women at any stage of pregnancy
children aged 6 months to 5 years
elderly individuals (≥65 years of age)
individuals with chronic medical conditions
health-care workers.

Influenza vaccination is most effective when circulating viruses are well-matched with vaccine viruses. Influenza viruses are constantly changing, and the WHO Global Influenza Surveillance and Response System (GISRS) – a partnership of National Influenza Centres around the world –monitors the influenza viruses circulating in humans.

For many years WHO has updated its recommendation on vaccine composition biannually that targets the 3 (trivalent) most representative virus types in circulation (two subtypes of influenza A viruses and one B virus). Starting with the 2013-2014 northern hemisphere influenza season, quadrivalent vaccine composition has been recommended with a second influenza B virus in addition to the viruses in the conventional trivalent vaccines. Quadrivalent influenza vaccines are expected to provide wider protection against influenza B virus infections.

|

« Facebookはほどほどに-2 | トップページ | After the Riot at Newport - Interview: Gary Burton Part 1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Facebookはほどほどに-3:

« Facebookはほどほどに-2 | トップページ | After the Riot at Newport - Interview: Gary Burton Part 1 »