« Voyage-ジャズフリーペーパー その3 | トップページ | 21年 »

2016/01/15

右の人、左の手

右端の人

セルメンの左手

Sergioharrison

これはセルジオ・メンデスのFacebookページにアップされた写真で、それをシェアしたんだけど、今ひとつ反応がなかったので、こちらにもアップしておこうというところ。

上の文、適当に書いたんだけど、見直したら、「右端」と「左手」に文がはさまってた。偶然だけど我ながらうまいこと書いたな、といえども反応は全然で残念!

セルメンが写真につけた文を勝手にコピペしときます。

"The Force Awakens"! Before Han Solo, there was a great carpenter named Harrison Ford. And here he is, with his crew, the day he finished building my recording studio back in 1970...Thank you Harrison...may the force be with you...

1970年にセルメンのスタジオを作った大工の1人がハリソン・フォード(右端)だった、という話だ。Wikiのハリソン・フォードを見たら、セルメンのことも書いてあって、大工の腕もかなりなものらしい。

ハリソン・フォードは笑顔が魅力的な人だけど、このBlogで過去に何度か書いたことのある、仕事でお付き合いのアメリカの取引先のMG氏の笑顔がそっくりなんだな。MG氏もとても魅力的な人で、僕の人生で出会った中ではずば抜けて人柄のよい人物だ。

Facebookは最近はざ~っと流して一部のフレンドの投稿しか読まないし、あまり「いいね」をしなくなったんだけど、そうした途端に僕の投稿への「いいね」もぐんと減った。アクチビチーが減るとフレンドのタイムラインでの僕の投稿表示も減るってことかな?

そんな中でもこういう面白い投稿があると、ついついシェアしてしまったりしている。まぁ、反応があるなしじゃなくて自分が面白いかどうかなんだけど、フレンドに表示してない「自分のみ」のシェアも結構あったりする。

たとえば、Methenyのこれ↓など。

こういうのを見ると、小さなエレキギターも欲しくなるなぁ・・・、ヴィブラフォンみたいに運搬に気を使う必要がないからという安易な発想だけど(^_^;)。 これはどういうギターなんだろう?

しかしMethenyのピックの持ち方とか弾き方ってかなりイレギュラーな気がする。ジャズギターとか習いに行ったら、こんな弾き方は矯正されるんではないかしらん・・・、ピッキングのことは全然しらんけど。

|

« Voyage-ジャズフリーペーパー その3 | トップページ | 21年 »

コメント

セルメンの左手は賃金を表していて、右手が2っていうことだから、「2ドルしか払わんぞ」ということでしょうか。

ピッキングに関しては、順アングル/逆アングルとかで盛り上がっているところもあるようですが、私はそんなこと気にするほうがおかしいんじゃないか、という立場でやや逆気味の平行ピッキングです。

https://cyta.jp/jguitar/b/16437

投稿: PicksClicks | 2016/01/16 20:13

まぁ、まずお金を連想しますね。しかし、$2はあんまりだ。スタジオ作ったんだから、せめて$200くらい(^_^;)。

Methenyは指先でピックを持ってように見えます。昔のベンチャーズのころの持ち方しか知らないんで、見ていてちょっと不安な気分になりますが、あれで落とさないし音もしっかり出るんですね。

投稿: taki | 2016/01/17 12:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 右の人、左の手:

« Voyage-ジャズフリーペーパー その3 | トップページ | 21年 »