« 21年 | トップページ | Voyage-ジャズフリーペーパー その4 »

2016/01/20

惑星大戦争

どうでもいい話題だけど、たまには音楽以外の話を。

「Star Wars フォースの覚醒」の興行成績が歴代最高記録となったとか、一方では一作目の焼き直しに過ぎないとかいわれているけど、それ以外の情報が今頃になってボチボチと入ってきた、といっても僕が知らなかっただけだけどね。

といいつつ、突然初回作エピソードIVの話になるけど、これが日本で公開された1978年は僕が就職した年なのだった。1977年公開とされているけどそれはアメリカでの話で、日本ではアメリカより1年と1ヶ月も遅く日本で封切られたのだった。まぁ、当時はそんなのは普通で今のように世界同時封切りなんて考えられなかった。

君は『惑星大戦争』を憶えているか 『スター・ウォーズ』公開が1年遅れだった頃

 もともと、『スター・ウォーズ』の邦題は『惑星大戦争』となる予定だったのだが、ルーカスの意向で原題のままでの公開となった。  これに乗じて、日本のオリジナル作品として『惑星大戦争』を企画したのが東宝である。

「惑星大戦争」なんて今から見ると、こんなダサい、野暮ったいタイトルなんて考えられないところだが、当時の日本の感覚はこんなもんだったのだろう。

しかしアメリカで大ヒットしてから日本上陸までの間に、東宝が便乗映画を作ったというのは知らなかった、いや忘れてしまったのかな。

アメリカでヒットした映画の日本公開までのタイムラグを利用して、ブームに便乗して似たような、いや似てるとはとてもいえなレベルだけど、こういうもんを半年もかけずに作ってしまうというのが当時は行われていたわけで、今なら近隣国でならありそうな話が日本でも1970年代後半には行われていたというのは隔世の感がある(僕が知らないだけで今もやってるのかもしれないけど)。

日本は先進国の色んなものを素早く取り入れて改変して発展してきたというのがこんなところにも現れていて、つまりはこの頃はまだまだ先進国ではなかったということなのか、あるいは単に創造性とか独自性という意識が低かったということなのか、まぁ、どっちもあったかもしれない。

しかし、このTV番組(ウルトラマンとか)と同じようなノリのショボクレ度には目を覆いたくなるほどで、同時代のスターウオーズやそれより以前に制作されている「2001年宇宙の旅」には比ぶべくもないが、短期間でよく作ったというべきなのかな。注目したいのは森田健作に浅野ゆう子という組み合わせで、今から考えるととても意外な感じがするが、そうでもなかったのかな。森田さんなんか、今は千葉県知事だもんね。

さらに続きます。

東映映画『宇宙からのメッセージ』
これまた東映の社長、岡田茂の企画である。『スター・ウォーズ』の日本公開までのブランクを受け、社が誇る深作欣二監督に撮らせたものである。

東宝に対抗して東映が特撮技術を駆使したらしいが、これもスターウオーズには見劣りする上にパクリっぽい画面が多いぞ。しかし「日本公開までのブランクを受け」って、ものはいいようですなぁ(^_^;)。

なんかまるで時代劇みたいだが、それはそれで日本のオリジナリティーをだそうとしたということなのかしらん。まぁ、スターウオーズの方が日本の時代劇をパクったっていう話だったような気もするけど。

東宝の方は、画面も音楽も僕が小学校の頃に見た特撮邦画のレベルからあんまり進歩しているようには見えないなぁ。小学生のころ、あちこちにあった町の場末の映画館に映画を見に行ったときのことを思い出してノスタルジーを感じてしまうほどだ。

予告編をみただけでいうのはあかんのかもしれないけど、ストーリーのスケールの大きさがまるで違いますねぇ。急ごしらえだからこんなレベルのスケールしかできなかったのか、はたまた邦画の限界だったのか。それから何が違うといって、音楽がもう決定的に違いますね。邦画はなんかもう古臭さを通り越している。

挿入するのはこれ↑がいい、と思ったんだけど、Harry Potterだった。
 ま、いいか(^_^;)。

しかしこういうのがあったのは知らなかった。

ルーカスとかジョン・ウィリアムズに断りなく勝手に作ったらしく、クレームがついて発売中止、回収となったらしい。1999年にCDで発売とあるから、改めて著作権をクリアしたのだろう。

今でこそオリジナリティーとか著作権とか、あるいはどこそこの国はコピー天国とかいってるけど、ちょっと前までは日本がコピー天国だったし、さらにいえば公害だって四日市とか川崎とか、日本が先端を行ってたんだけど、でも今の若い人はそういうのは昔話で、実感はないですわね。

ところで、上の方に「比ぶべくもない」と書いたけど、今使っているGoogle日本語入力ではこれは思ったような変換はされず、「比べる」しか変換できない。仕方がないのでとりあえず「比べるべくもない」と書いたんだけど、どうも納得出来ないので検索してみたら、やっぱり「比ぶべきもない」が正しいようだ。よかった(^^)。

|

« 21年 | トップページ | Voyage-ジャズフリーペーパー その4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 惑星大戦争:

« 21年 | トップページ | Voyage-ジャズフリーペーパー その4 »