« たかさご万灯祭2016 ジャズギャラリー | トップページ | イタリア旅行記-5 トレヴィの泉からスペイン広場へ »

2016/09/22

When I'm Sixty-Four

この記事は4月の誕生日の頃に書きかけてそのままになっていたのを、書き直したものです。

 

I'm 64 now.

Somehow, I've been looking forward to this year for a long time sine I heard the Beatles' song,"When I'm Sixty-Four" when I was only 15 or 16 years old then, hehehe.

My life and the world are quite different from what I was expecting (actually, I don't remember what I was expecting :-p), but I'm enjoying the life and music now!

I don't loose my hair yet, and I don't do gardening but enjoy playing the vibraphone, guitar, etc. My wife is staying with me and feeding me.

今年、僕は64歳になった。

中学生(高一だったかも)のときにビートルズの"When I'm Sixty-Four"を聴いた時から、久しくこの年を待ち遠しく思っていたところである。

あの頃の予想とは(どんな予想か忘れてしまったが)人生も世界もずいぶんと違ったものになっているが、音楽とともに人生を楽しんでる。 これからも楽しく生きていきたいと思うこの頃だ。

年齢については還暦になったときにこのBlogに書いているので、それから4年経ったわけだ。

MallteKATだ

このときにはまだフルタイムで働いていて、自分の時間にゆとりを持つという余裕がなかったが、少なくとも定年になったことで、精神的には随分と肩の荷が下りた気分がしたものだ。音楽活動らしきこともほとんどしていなかったが、今はなんやかやと忙しい。

しかしこの曲が出た1967年は高度成長まっさかり、3年後には大阪万博だ。

あの頃は21世紀というと夢のような先の話で、世界はもっと平和で豊かになっていると思っていたけど、実際にその年になってみると、まるで違うのだな。

あの頃とはパラダイムがまるで違ってしまった。

まぁ、そんなことを書こうとすると切りがないし生半可な知識で御託を並べても仕方がないから止めとくけど、自分自身のことを顧みれば、実によい時代を生きてきたのは確かだね。

感謝(ー人ー)

|

« たかさご万灯祭2016 ジャズギャラリー | トップページ | イタリア旅行記-5 トレヴィの泉からスペイン広場へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: When I'm Sixty-Four:

« たかさご万灯祭2016 ジャズギャラリー | トップページ | イタリア旅行記-5 トレヴィの泉からスペイン広場へ »