« The Lady vs Trump | トップページ | Ohana 初セッション »

2016/10/19

イタリア旅行記-6 コロッセオ、そしてさらばローマ

スペイン階段に続いては、古代競技場コロッセオへ。

Aimg_2218
近くの駐車場でバスを降りてコロッセオに向かう。並木越しにコロッセオが見えてきた。

Aimg_2220
コロッセオ周囲の街並み。糸杉やローマの松が並ぶ・・、松は写ってなかったけどスマートが走っているのがまた見えた。この道路をわたって左手がコロッセオ。

Aimg_2227
観光客なのか記念写真をとっている姿。この写真の大きさではわからないけど、なかなかお美しいお二人だったので、盗み撮り。

Aimg_2234
円形でどこが正面かわからないけど、道路をわたる途中から見た全景。手前に並ぶ丸い植え込みがゲームの雑魚キャラのようでかわいらしい。

Aimg_2245
多重の壁がよくわかる。Wikiによると、外壁は半分程度が残っているが、戦で壊れたとかではなくて、他のより新しい建物に使うための採石場代わりになっていたからだそうだ。なんとなんとな。

Aimg_2249
コロッセオの近くには、午前中に通過したフォロ・ロマーノの遺跡(写真右手)もあり、二つの凱旋門があって、ここに写っているのは小さい方、というか遠くにあるから小さく見えるだけかもしれないけど、そちらへは行かなかった。

左手、糸杉並木の向こうに枝葉が水平に伸びるローマの松が見える。

「ローマの松」はレスピーギだったかな、と思って検索したらあっていた。ほとんど聴いたこともないのになんで覚えていたんだろう?

Aimg_2250
コロッセオの近くに立つ大きめの凱旋門。日本ではパリの凱旋門の方が有名だけど、もともとは古代ローマ時代の凱旋門を模したものだとか。

Aimg_2252
確認していないけど、右手がフォロ・ロマーノ(たぶん)、中央に遠い方の凱旋門。

Aimg_2260
青空に浮かぶようにそびえるコロッセオの勇姿。左手に入場している観光客の姿が見えるので、その大きさが比較できるかと思う。高さ50mほどもあるそうな。

Aimg_2266

以前に来た時は中にも入ったのだけれど、今回は外から眺めただけ。当時、中にはまるまると太った猫さんがたくさんいたけど、まだいるかな?

Aimg_2270

左は横から見た凱旋門、中央奥に小さい方の凱旋門、右手にフォロ・ロマーノ、コロッセオと並ぶ。

Aimg_2271

穴の空いた壁面。穴は建設時や補修時の足場の杭を打つためとWikiにはあるけど、ガイドさんは銅の芯が入っていた穴(いわゆる鉄筋構造)だったものだが、その後、銅を抜き取られた(他用された)ためと話していた。どっちが本当なのかな?

Aimg_2272
コロッセオ観光でローマはお終い。やっと初日の観光が終わる。

Aimg_2274_2

また路上駐車天国を抜けてバスに向かう。

Aimg_2275
途中で寄ったトイレの洗面台。足踏みなのが珍しかったので撮った写真。

Aimg_2281
バス車窓からの風景、何の建物かはわからない。

Aimg_2283
これは確かローマを囲む古代の城壁だったと思うから、とうとうローマに別れを告げることに、・・・Arrivederci, Roma!

でもひょっとするとローマ水道だったかもしれないが、まぁどっちでもいいや。

Aimg_2285
これも何の建物かはしらないけど、車窓からの風景。

Aimg_2287

バスは一路ナポリを目指す。古代ならアッピア街道を南下するところだけど、今は Autostrada del Sole(太陽の高速道路)をひた走る

Aimg_2293

ローマを出発してしばらくはとてもよい天気だったけど、だんだんと雲行きが怪しくなってきたところで、サービスエリアに入る。

Aimg_2295

サービスエリアを出た途端に、視界もままならないほどの豪雨に見舞われ、バスはしばし路肩を低速走行で雨をやり過ごす。

Aimg_2299

しばしの豪雨もおさまり、嘘のようにまた元通りの晴天。前方に見える並木はアッピア街道じゃないかしらんと夢想する。

ナポリ宿泊はホリデイ・イン・ナポリ、アメリカ資本そのまんま。

体のいいビジネスホテルというところだが、日本のような狭い部屋ではないところがやはり欧米型。親子3人の僕らは二部屋続きのスイートだった。

Aimg_7608

前日のローマは夜着のため夕食はなかったので、ナポリがイタリアで最初のディナー。

パスタにステーキだが、この盛り付けがまたいい加減というか、お皿ごとに肉の大きさもポテトの量もバラバラ。

Aimg_7610

デザートも、僕のはまだよい方だったが、型くずれしようがソースがちょぴっとしかかかってなかったりだろうがおかまいなし。当たりハズレも甚だしいが、今回の旅では食事のたびにこのイタリア流(?)に見舞われることになる。

Aimg_2301

部屋からの眺め。ただしこれは翌朝の写真。

ホテルの正面はビジネス街のショッピングモールに面していてバスが入れないため、バスの乗り降りはこの旗の下の狭い道に面した裏口から出入りする。

だから最初にチェックインしたときは、なんて裏寂れたホテルかと思ったけど、正面から見れば普通のホテルだった。

窓から見える建物はどうも操業していない工場の廃屋のようだ。

霞んで見えるのは、かのヴェスヴィオ山。

ということで、やっと初日終了です。

-イタリア旅行記-7へ続く-

 

|

« The Lady vs Trump | トップページ | Ohana 初セッション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イタリア旅行記-6 コロッセオ、そしてさらばローマ:

« The Lady vs Trump | トップページ | Ohana 初セッション »