« Jazz Vocal - Voyage No.4へ向けて-1 | トップページ | Blogデザインの検討 »

2016/12/07

昨今ギター事情

今日は週一休み。

今月はスティックレッスンが先生の都合で全休で「練習しなきゃ症候群」がちょっと治まってるので連続更新・・・、気が緩んでるというかも。年末イベントでドラマーは大忙しなんだろうと思う。

僕の持っているクラシックギターとエレガットは、弾きやすさからいうとエレガットの方がよいんだけど、これはどうもブリッジのサドル(駒)の高さ、つまり弦高の違いかと思う。

低くすれば弾きやすくなるか確認するには単純にサドルを交換してみればいいんだけど、弦をゆるめてまた張ってという程度のことも面倒で何もしていない。

それともネットでサドルを購入して自分で削るなりしてみればいいんだけど、ネット販売でみただけではどれがいいのかわからないのと、検索してみると削るのも素人には難しいという話も結構あったりする。

それで、こういうことは専門のギター工房に意見を聞くとか調性を頼んだりする方がいいのかとか近いところにないだろうかと検索してみたら、なんと!

同じ町内にギター工房があったのだった。

何処とは書かないけど、まぁこれだけ近いとかえって行きづらいな。なんせ同じ町内だからな。

なんてことからもう二月くらいは経ってしまったが、いずれにしろ検索で引っかかってくる工房でわりと近い所はどこもクラシックギターの工房ではなくてスチール弦のアコースティックやエレキギター工房ばかりだから、ガット弦のギターの調性ってのはどうなんかな、などとも思ったりで、まぁ、今のままでも別にいいんだけど。

ちょっと悔やまれるのは、以前にハードオフに売ってしまった昔のYAMAHAのガットギターをこういう工房に持ち込んで修理してもらったらよかったかな~ということだ。

これはBertaさんの演奏だけど、ここで使っているのがGC8タイプ、僕が売ったのも40年位前のGC8だからこのくらいの音が出るはずだったんだろうな。

それとこれは音色には関係ないけど、今持っている二つのギターのホールとかブリッジなんかの装飾はすごく簡素というか単純なんだけど、それに比べるとGC8はずいぶんと豪華だった。当時はYAMAHAがギター制作を始めたころで、相当気が入っていたのかと思う。

でもGC8もYAMAHAのサイトでみると、当時は8万円くらいだったものが今は11万円台(定価)だから40年という年月を考えると、そんなに高くなっているわけではないようだ。

というようなことを考えたりするんだけど、今使っている中国製のガットギターの価格もその辺りで音が別に悪いわけではないしギターがもう一台あっても置き場に困るし使い分けるほどの技量があるわけでもないし、etc.、etc.。

Barriosberta ところで、Bertaさんが弾いている"Julia Florida/A.P.Barrios"は以前に買った彼女のBarriosの曲ばかりを集めたCDに入っていて、きれいな曲だから弾いてみたいと思ってた曲だ。

Barriosはずいぶん昔に買った曲集(楽譜)を持っているんだけど、これが件のCDでの演奏とのバージョン違いが多くて少々気に入らない。

といっても"Julia Florida"は入ってないんだけど、改めて検索してみたらBarriosの楽譜はフリーであちらこちらにアップされていたので、最近はその楽譜で弾いてみている。

Barrios(1885年没)はPD(パブリックドメイン)だからネットにアップしてもいいのだろう、たぶん。

この曲はTatyanaさんも弾いているけど、やっぱりBarriosと同じパラグアイ出身のBertaさんの方がよいと思う。

Tatyanaさんは楽譜の指定通りの弦(運指)で弾いているが、Bertaさんはかなり違う運指(弦)で弾いていて、その方が音質は変わるけど弾きやすい。

これ以外にもCaazapaとかPDの楽譜が結構あるので、ぼちぼちとDLしてトライしてみたい。Caazapaは持っている曲集に入っているけどこの演奏とはかなり違っていて、ネットにある方が近い。

そうそう、Facebookにはアップしたけど、TatyanaさんのCDを彼女のサイトから直販で買ったのだ。サイン入りCD二枚にサイン入りブロマイドがついてきた。うれしいな(ほんまかいな(^_^;)。

Aimg_4376

それとは別に、平島先生がよく弾いていた"Un Dia de Noviembre"の楽譜もフリーであったので、DLして弾いてみている。

追記:Julia Floridaの最後のハーモニクスで、Bertaさんはオクターブの技法だけどTatyanaさんは珍しい3フレットのハーモニクスを使っている。

|

« Jazz Vocal - Voyage No.4へ向けて-1 | トップページ | Blogデザインの検討 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昨今ギター事情:

« Jazz Vocal - Voyage No.4へ向けて-1 | トップページ | Blogデザインの検討 »