« Giga Pocket Digidal トラブル & Burton氏引退 | トップページ | イタリア旅行記-19 イタリア超特急 .italo »

2017/02/08

イタリア旅行記-18 ナポリ中央駅

ポンペイ観光を終えた後は、ナポリへ戻り次の目的地フィレンツェまで列車の旅。

Aimg_2762

ナポリ市街はどこにでもある都会の混雑。

Aimg_2763

これは路上で風船を売っている、ムキムキだけどお腹も出ているおじさん、といってもイタリアではこのくらいなら出てるとはいわないかもしれないけど。

こんなところで買う人っているのかな?

Napoli

ナポリ中央駅着、といっても駅の外観を撮ってなかったので、これはGoogleストビュー。この正面辺りから入った。

Aimg_2765

駅の中ではピアノが置いてあって、何の曲か忘れたけどおじさんがポップスを弾いていた。

Aimg_2766

駅構内から入り口方向を見たところ。向こうのガラスにStazione di Napoli Centrale(ナポリ中央駅)と書いてある。近代的でとてもきれいな駅はイタリアとは思えない、なんていったら失礼だけど、どこの都会にもありそうな駅でもある。

Aimg_2767

ヨーロッパでは日本のような高さのプラットフォームはなくて地面の高さから乗車するのは映画なんかでもお馴染みで御存知の通り。

Aimg_2768

改札もなしだから、出入りは自由。無賃乗車してもわからないだろうけどね、しないけどね。

ヨーロッパはどこでもそうかというと、検索して確認してみたら改札のある国もあるみたい。そういえばパリの地下鉄は改札があった。

Aimg_2770

広々としているけど、何もないので出発時間までは手持ち無沙汰だった。

Aimg_2773

さっきのピアノは別の人が弾いていた。この人は聞いたことあるクラシックのかなり難しい曲を弾いていた。雰囲気的には誰でも演奏していいようだけど、さっき弾いていたおじさん(ピアノの横にいる人)が取り仕切ってるみたいだ。

Aimg_2774

また別の人。何弾いてたかは覚えてない。ちょくちょく弾きに来る人がいるんだね。

Aimg_2777

そろそろ出発時間ということで、駅の中に入る。これは乗る列車ではありません。

Aimg_2779

これがフィレンツェまで乗る列車、イタリアが誇る超特急 ITALO。フェラーリ会長が出資してデザインにこだわったとか。

乗車は次回へ。

-イタリア旅行記-19へ続く-

|

« Giga Pocket Digidal トラブル & Burton氏引退 | トップページ | イタリア旅行記-19 イタリア超特急 .italo »

コメント

以前にどう書いたのだったか覚えていませんが、私の意図は「まとまらない原因を分析すると、編集メンバー各々の視点や方向性がわかるので、そういう分析結果から『JAZZ VOCALを語る視点』ということが書けるのではないかと思ったのでした。

投稿: PicksClicks | 2017/02/23 08:19

あ、まちがえた。ここに書くはずじゃなかった。

投稿: PicksClicks | 2017/02/23 08:22

あ~、そういうことでしたか。全くまとまりなく書くだけと誤解してました。まぁ、そりゃあきませんわね(^_^;)。

しかし何を話したのかよく覚えてないんで、やっぱり自分で考えないといたしかたありません。

投稿: taki | 2017/02/23 12:43

ミーティングの場でその「分析」をしてみると面白いと思ったのです。各自が勝手なことを言い合うのではなくて、「違いを発見しよう」という方向で一致すれば何か作り上げることができるのではないかと。

誤爆ついでに書きますが、ラリー・コリエルがなくなったそうですね。ニューヨークのホテルで自然死とのこと。73歳。あこがれていいた時期もあったので、ちょっとショックです。

投稿: PicksClicks | 2017/02/24 07:53

コリエルのことはFBでシェアされてたので知りました。
60~70年代の頃しかあまり知らないので未だに若いような気がしてました。残念ですね。
Barefoot BoyのGypsy Queenのイメージが一番強いです。

投稿: taki | 2017/02/24 11:44

はじめまして。ナポリのピアノというフレーズに引っ張られて、こちらへ迷い込みました。
一昨年の夏、30年ぶりの海外旅行でイタリアへ行ったのですが(ツアーです)、ナポリ駅で電車が遅れ、
1時間ほど待ち時間があり、駅構内をブラブラしていたところ、
たまたま歌声の集団の中にピアノを見かけ、通りすがりの雰囲気というか成り行きで弾きました。
ナポリなので、ナポリ民謡かな~と思って、帰れソレントとオーソレミオを弾きましたが
現地の方々でしょうか、大勢の方々がピアノを取り囲んで大合唱になり、
自分の弾いてる音が聞こえないくらいで焦りましたが、すごーく、楽しかったです。
イタリア語どころか英語も出来ないのですが、ピアノって共通の言語なのかも知れませんね。
偶然、この日は結婚30年当日でしたたので、忘れられない思い出になりました。
楽しいひとときを、思い出させてくださって、ありがとうございました。

投稿: 花子 | 2018/04/16 08:02

花子さん、お越しいただきありがとうございました。

素敵なエピソードをありがとうございます。こんなBlogでも思い出のきっかけになったとのことで、うれしいです。

音楽は国境がなくてよいですね。私もピアノではないですがアマチュアながら楽器をたしなんでいます。

ご旅行が一昨年ですと同じ年ですね。我が家もパックツアーで6月でした。

結婚30年おめでとうございました。我が家は今年で38年になります。月日の経つのは早いです。

投稿: taki | 2018/04/16 14:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43865/64856298

この記事へのトラックバック一覧です: イタリア旅行記-18 ナポリ中央駅:

« Giga Pocket Digidal トラブル & Burton氏引退 | トップページ | イタリア旅行記-19 イタリア超特急 .italo »