« Voyage No.4に向けて-4 | トップページ | Voyage No.4に向けて-6 LA LA LANDの巻 »

2017/02/25

Voyage No.4に向けて-5

Voyageの原稿を考えながら、というより前回のBlog記事を書きながら、Isabella Lundglenを聴いていて、Billie Holidayの影響があるかなと思うが、なんというか、声の質がどちらも僕にはちょっと合わないのだと思う。

これも慣れってものあるだろうから、聴いているうちに変わるかもしれないし、好きになるかもしれない。

Linda/Riddleの3枚目が届いて聴いたが、こうしたちょっと抜けたようなというか、爽やかとか、澄んだ声があっているのだろう。ちょっと鼻にかかったところもいい。

ただLindaもカントリー系というか、朗々と声量を上げて歌い上げるところはちょっと抵抗がある。これもカントリー・ロックな歌のときはとてもいいんだけどね。

Lindaは1946年生まれだからこのアルバムのときですでに40歳になるかどうかだから、かなり成熟した歌になっていると思う。若いIsabellaと比べるとやはりぐっと響いてくるものが大きい・・・、なんていうとやはりある程度の成熟とか経験がものをいうということになってしまうかな(^_^;)。

で、Voyageはまとめようと取りかかったけど、未だに進展してなくて、要するに全然まとまっていないので、今日の編集ミーティングではひたすら謝るしかないのだった、やれやれ。

ジャズ・ヴォーカルというのもあんまり間口が広すぎてまとまらないから、的を絞ってみないとあかんのだろうね。

ところで八代亜紀がジャズを歌うってのがネットでみると結構評価されているらしく、褒めている人が意外と多いので驚いた。

まぁ、好みの問題だからとやかくいうことでもないし、日野皓正が共演してるくらいだからジャズプレイヤーからも一目置かれているのでしょう。

YouTubeにFly Me to the Moonがアップされていて、目標としていたというJulie Londonのも歌っているので、興味のある人は比較して聴いてみてください。しかし知る人ぞ知るだけど、このイントロで始めるかねぇ、よっぽど流行ったのかな。

で、Voyageは若手のヴォーカルとかインスト系に話題を変えていこうかな。

大体がFacebookで知り合ったプレイヤーとか、そのつながりから知った人ばかりだけど、僕のその経験あたりから、SNSで新進気鋭のプレイヤーを探そう、みたいな。

で、そこにDaniel君とか、Andreaちゃんとか、Isabellaさんとかを絡ませていくかな~。

ジャズヴォーカルというもの自体がね、どうもとらえどころがないので、そこにこだわると何をどうしようかというのがでてこないのだな。

と、IsabellaのYouTubeから同じ曲つながりで、この人、誰?

検索してみたら、もう20年以上前に亡くなられていたんですね。

なかなかとよいですね~。

Wikiによると、29歳でデビューしてその4年後には亡くなってしまったんだ。

|

« Voyage No.4に向けて-4 | トップページ | Voyage No.4に向けて-6 LA LA LANDの巻 »

コメント

以前、八代亜紀がNYのジャズクラブで歌うのをルポしている番組があったのですが、ボクは全くジャズを感じませんでした。ポップスどころか洋物演歌にしか聞こえなかった。
別の番組でちあきなおみがファドに挑戦というのもあって、まだこっちのほうが納得できましたが、それでもファドというには力及ばずと感じました。二人に共通して感じたことは、歌が上手いかどうかとは全く別の問題だと思いました。
ロリンズが初来日した際にテレビで西郷輝彦のヒット曲「星のフラメンコ」の伴奏をしたんですが、みっともないくらい下手でした。やはりそれぞれの世界というか土俵があってのことだと思います。

投稿: たかけん | 2017/02/26 18:52

洋物演歌とは言い得て妙ですね(^_^;)。

YouTubeにいくつかアップがありましたが、確かに洋物演歌ですね。目標だったというジュリー・ロンドンとも全然違いますが、何をもってジャズといってるのか、また共演している日野皓正はどう考えて共演しているのか、聞いてみたいものです。

こんな過激なことを書いている人もいました。

https://www.facebook.com/yoshizawa.shinichi/posts/461834670563526

番組をみていないのですが、天下の大演歌歌手の実態をここまで暴露した(らしいと思える)番組を堂々と放送したNHKにむしろ驚きました。

投稿: taki | 2017/02/27 00:05

私もその番組を見ました。悲惨でした。録画したかと思いますが、さすがにもう残っていません。NYのギタリストが「演歌ってこんなやつだろ?」とパラパラと弾いたのを聞いて「あらさすがねすごいわね~」とか言ってたが、それってバカにされてるんですから。

要するにステージでいつもやっているような伴奏でないと歌えないってことで、じゃぁカラオケ行ってなさいよ。

FBの過激な人のいうことにはほぼ賛成。で、この人の投稿に知人がコメントしていた。

投稿: PicksClicks | 2017/03/07 00:43

PICKS-CLICKSさん、コメントを見落としていました。

悲惨だったのですか。ほんまにNHK、そんな企画がよく通ったというか、その放送をOKした本人とかマネージャーもよくわかりませんね。今さら醜態をさらしても応えないのか、そうは思ってないのか(^_^;)。

投稿: taki | 2017/03/10 17:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43865/64936413

この記事へのトラックバック一覧です: Voyage No.4に向けて-5:

« Voyage No.4に向けて-4 | トップページ | Voyage No.4に向けて-6 LA LA LANDの巻 »