« サンドリヨン、読んどりよん | トップページ | Learning to Listen /The Jazz Journey of Gary Burton »

2017/05/31

5月のことなど

春から初夏にかけてはよい季節柄、色々と行事が多いが、爽やかな5月も今日で終わり・・・、なんてことを日記というかメモで書いておこう。

連休はなんということなく過ぎて、二週目に白内障手術の予約をしたのは少し前に書いたが、その週末、12(金)、13(土)と2日続けてセッション参加、14(日)は姫路アートフェア(というよりはクラフトフェアと呼ぶ方が近いと思うが)に遊びに出かけた。クラフトでは、4月にも丹波の年輪の里でのクラフトフェアに家内と行って遊んできたのだ。

Adsc_0039 明石のFun Fullは楽器やらなんやらを備えたレンタルスペースで、奇数月に以前のスカーレットの小鳥でホストをしていたピアニストさんがセッションを担当していて、3月に初めていったところだが、小鳥さんに似て木を活かした落ち着いた内装で気に入っている。

今回はホストさんがツアーに出ることから、何度かご一緒しているオルガニストさんがホスト代理(ホステスというべきかな)なので、これは是非行かねばとヴィブラフォンを担いで参加、久しぶりにご一緒できて楽しかったし、他の参加メンバーもレベルが高くてとてもよかった・・・、のは他のメンバーで、自分の出来としては久しぶりのヴィブラフォンということもあって、も一つだったんだけどね。でも珍しい楽器が来たということで喜んでいただけた。

その際に翌日の青空堂も同じ事情で代理で弾いてるから来てね~、なんていわれたらもうこれは連チャンで行かねばと、しかしここは狭い螺旋階段を上がらないといけないので、MalletKATの出番。

Adsc_0049

以前はそれほど多くの参加はなかったんだけど、最近は沢山の人が来て、これもレベルが高いというか、プロも来てたし賑やかに盛大に盛り上がった。

写真はお顔が出ているので縮小。右端にMalletKATがある。

真ん中でペットを吹いているのは小学校4年だそうだ。すごいね、といいたいところだけど、パパさんが色々と口出し、指図してるみたいでどうもちょっとなぁ~、という気がした。あとで聞いた話とか演奏中の様子とか、終了後のパパさんがああだこうだと小言をいってた様子から察するに、かなりストレスを感じているように思う。

Adsc_0052 姫路アートフェアも3回目だったか、最初はギター持参でポルタティーフオルガンとお手合わせしていただいたりしたけど、その後、木琴(白鍵のみ2オクターブ)も作家さんが作られて展示となったので、去年、今年は木琴で遊んできた。写真はアメリカ人(たぶん)カップルがモノコード(単弦楽器)で遊んでいる所と、手前が木琴。モノコードは音色と音量がまだちょっとというところ。

Adsc_0055

国宝、世界遺産のお膝元で遊ぶというのもなかなかと乙なもんです。

後片付けなどもお手伝いしたので、帰りは東加古川でオルガニストさんのなじみの中華料理「龍」でラーメンをご馳走になってしまった。

お店の名物サー(酢)ラーメンはかなり辛い。一昨年も同じようにご馳走になってその時は辛いという印象しかなかったけど、今回は食べた後はすっきりする、というのを初めて知った。なんかクセになりそうな。

3週目は自治会の役員会で、夏の納涼祭と秋の敬老会(という名称ではないけど、僕も今年からその資格が出来てしまった)の計画など。書記だから議事録と月一の町内新聞を書いている、といっても内容はほとんど自治会長が作ってくれるので文章化するだけ。会社で報告書やらなんやら作ってた経験がこんなとこで活きてるかな。

先週は前回書いたように、水曜日には加古川までヴィブラフォンかついで音遊び。

そして週末の26(金)は家族3人とも休みだったので、小野市の小野アルプスハイキング。

Aaimg_6652 山歩きは久しぶり、とはいえ、カンボジアでも遺跡群を歩いたり登ったりしてたから、まぁ、なんとか最高峰制覇、といっても標高198.9mと、200mにも満たない日本一低いアルプスだそうだけどね。

写真は最高峰の惣山展望台からみた紅山。ここは見たとおり禿山の斜面で、これを登るのはかなりしんどくてスリルがあるそうで、家内と息子は以前にここも制覇しているから、僕もそのうちに・・・、ね(^_^;)。

車で30分もかからないし、近くに日帰り温泉「ゆぴか」もあるので、これからは老後対策に時々行ってみようと思う・・・、というのは今まで実行したためしがないんだけど、今月からは13日出勤、およそ3日/週で休みが増えたのでなんとか頑張ってみたい。

さて今日で5月も終わりだけど、Facebookの「過去のこの日」というので、1974年5月31日は、サンケイホールでのGary Burton Quartet & Ralph Townerのコンサートに行ったことが出てきた。

Burton_ozone そうか、43年前の5月31日、初めてGary Burtonの姿と演奏に接したのだけど、明日は大阪いずみホールでファイナルコンサート、小曽根真とのデュオだ。

単なる偶然といえばそうだけど、なんだか因縁めいてるような。

明日のコンサートを控えて、なんだかそわそわ、ドキドキしてしまうが、別に僕は単なる観客だからそんな気遣いをする必要はないんだけど、1970年代からずっと、My Heroだった人がこれで最後と思うとね。

それと、僕ももう若くはない(Burton氏とは9歳違い)ので自分自身の将来とオーバーラップするような気もしてるかな。

1974年のコンサートについては、ずっと以前にアップしているので、興味のある方はどうぞ。初回分だけリンクを張っておきます。このレポを最初に書いたのがすでに21年前、そしてBlogに再掲したのも11年前の話とは!

Gary Burton Quartet Live in Osaka '74-Prologue

追記:
オランダのVib/Perc奏者、Vincent君からの情報で、Mike Mainieriももう演奏を止めるのだそうだ。Bobby Huthcersonは去年亡くなられたし、月日は流れるのだな~。

小曽根さんのファイナルコンサートに関するインタビュー記事があったので、貼り付けておきます。

小曽根真インタビュー

|

« サンドリヨン、読んどりよん | トップページ | Learning to Listen /The Jazz Journey of Gary Burton »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43865/65310725

この記事へのトラックバック一覧です: 5月のことなど:

« サンドリヨン、読んどりよん | トップページ | Learning to Listen /The Jazz Journey of Gary Burton »