« PCまわりと音楽練習 | トップページ | マルタ考-1 マルタ語 »

2017/12/24

クリスマスイブには、加納マルタ

今日はクリスマスイブ、とはいえ、中堅ケーキ屋のパート勤めで家内は大忙しの時期。

だから僕は家で一人ゴロゴロと相変わらず妄想にふける一日・・・。

先月はマルタ旅行に行ってきたけど、マルタといえばクレタ、マルタ&クレタといえば、村上春樹の、なんだっけ、なんかあったな?

・・・って、もう忘れてしまっていたのでネット検索したら、短編集のTVピープルに「加納クレタ」というタイトルで収録されているのと、「ねじまき鳥クロニクル」にも登場するのだった。

TVピープルは図書館に寄贈してしまったのだったが、ネットであらすじを読んでちょっと思い出したかも・・・、いやあんまり覚えてないな(^_^;)。図書館で借りてまた読んでみよう、自分の本だったんだけど。

Ap1000069

これはクレタ島の真上を飛んでいるときの機内ディスプレイ。今は各座席にディスプレイがあって映画も好きなように見れて、昔に比べるとずいぶんと快適ですね。

で、加納クレタの姉が加納マルタで水を使う占い師であり、Wikiの「ねじまき鳥クロニクル」には次のような説明がある。

マルタ島で修行をしていた経験があり、彼の地における水との相性が良かったために「マルタ」を名乗るようになった。

Wikiのマルタを見れば書いてあるけど、マルタ島には淡水がほとんどなくて、飲料水(ミネラルウォーターのことだろうね)はイタリアから輸入しているそうだ。

加納マルタとマルタの水の関係、ちょっと不自然な・・・、まぁ、水が全然ないわけではないだろうから、その貴重な水との出会いがあったのかも・・・、ひょっとしたら小説に書いてあったのかな?

ただし今は海水の淡水化プラントができたので、水道水は淡水化海水だ(ややこしいですね)。

だから少し塩味が残っていると聞いてたけど、確かにわずかながらに塩味がした。僕はあんまり気にならなかったけどね。

ちなみにプラントには東レの逆浸透膜を使ってるそうだ。

マルタは平地がほとんどない傾斜の多い島で、雨が降ることが少ない上に、降ると地中に浸透する前に道路を流れて海に流出してしまうとガイドさんが説明していた。

川がない島だけど、大雨が降ると道路が川になるとか。

僕が行ってたときも、どっと雨が降ると道路がすぐに水びたしになっていた、といってもバスの中だったので眺めていただけだけどね。

Aimg_8106

これはマルタ本島の北側にあるゴゾ島観光のときの写真だけど、概ねこんな坂道が続く。

こちらに、マルタ在住の方がマルタの水事情について書いておられました。

マルタのお水事情

ということで、「TVピープル」は今度借りることにして、今借りているのが「遠い太鼓(村上春樹/ギリシャ、イタリア、クレタなどの滞在記)」と、塩野七生の「ローマ亡き後の地中海世界(上、下)」だ。

Aimg_8851

マルタといえばマルタ騎士団だし、首都のヴァレッタでは騎士団の宮殿見学なんかしたことから十字軍に興味を持って・・・、というとすぐに頭に浮かぶのは塩野七生だ。

Aimg_8284

これは首都ヴァレッタの典型的地中海的マルタ風景。

ヴァレッタという都市名も、聖ヨハネ騎士団(のちにマルタ騎士団)の団長ヴァレットにちなんでいる。

検索してみると塩野七生は「十字軍物語-1,2,3」を出しているので図書館に行ってみたら、どうやら「ローマ亡き後の地中海世界」を先に読んだほうがよさそうということで借りてきた。

久しぶりに読書に熱中して、もうすぐ上巻を読み終えるところだ。この本のことはそのうち書くかも・・・、書かないかな・・・(^_^;)。

|

« PCまわりと音楽練習 | トップページ | マルタ考-1 マルタ語 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリスマスイブには、加納マルタ:

« PCまわりと音楽練習 | トップページ | マルタ考-1 マルタ語 »