« Villa-Lobosとラテン好き | トップページ | 高槻ジャズスト決定? そだね~ »

2018/02/25

寝違えたときのECM

首筋から肩がこって痛いというのは誰しもあると思うが、その治し方があったのでメモ。

寝違えの治し方

-引用-
“寝違え”は首や肩に問題があるわけではなく、脇の下の神経が圧迫されたことによって引き起こされたというのがポイント。この部分の筋肉をストレッチで伸ばすことで、血行が回復し自然と痛みが取れるといいます。

運動1
・寝違えで首が痛む側の腕を少しずつ後ろに引き上げる
・腕を引き上げて、自然に止まったところで20秒キープ。
・20秒経ったら腕を下ろす。

運動2
・痛む側の手のひらで真後ろのベルトの真ん中を軽くおさえる
・そのまま肘を後ろに引いて20秒キープ。

運動3
・痛む側の手を肘角120°でバンザイする
・その角度のまま腕を軽く後ろに引いて20秒キープ。

いずれも2セットずつ行い、最後にバランスを取るために逆側の腕で運動1-3を各1セット

これは確かに効果あります。僕の場合は、寝違えだけでなくPC作業での肩こりなんかでも効果がありました。

ついでながら、Gary Burtonの昔のアルバムをメモ。

ECM時代のアルバムで、これは持っているんだけど、買った当時はもう一つピンとこなくてほとんど聴いてなかった。こんなソロが入っているとは知らなかった、というか知ってたはずなんだけど(^_^;)。

ECMではこの後にもう一枚あって、それは買いそびれたというか、出てるのも知らなかったので、これもメモ。

この2枚はCDになってないので、あんまり売れなかったんだろうと思う。

ECM時代のアルバムはCDになっていなかったり、LPより曲数が減ってるのがあったりしていてこういう音源は貴重なんだけど、かといって集中して聴くかといいうとそうでもないのだな(^_^;)。

これもそのうちに著作権侵害で閲覧禁止になるかもしれない。

訂正:上記アルバムを「ECM時代最後の頃」と書いていたけど、この後、小曽根真が加わったアルバムがまだあって、それはCDになっている、というか僕はCDで買ったのだった。

|

« Villa-Lobosとラテン好き | トップページ | 高槻ジャズスト決定? そだね~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寝違えたときのECM:

« Villa-Lobosとラテン好き | トップページ | 高槻ジャズスト決定? そだね~ »