« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018/04/30

スウィングしなけりゃ意味がない?

これはApril Foolの日に、「スウィングしなけりゃ意味がない/佐藤亜紀」を読んで、と題してFacebookで書いた個人的覚書だけど、またFBの中に埋もれてしまうのでここにアップしておこう。

Swing ジャズはフォックストロットやチャールストンなど、白人のダンスのための音楽だったそうで、ジャズは時代をさかのぼるほど黒人らしさが薄まるという話がある。

岩浪洋三氏の本にあるらしいが、「ジャズの4ビート、つまりはスウィングは白人の要望、つまりはダンスに迎合するために黒人色を薄めてできたものではないか。70年あたりから出てきた8ビートでファンキーな音楽は、単に彼らがアフロルーツを取り戻しただけではないか」、というような質問にクインシー・ジョーンズは、「そのとおり」と答えたらしい。

アメリカ黒人音楽史の真実と岩浪洋三

ドイツでも戦前の早い時期にすでにジャズとダンスは不可分で、ジャズとダンスを熱狂的に求める、日本流にいえば「非国民」は跡を絶たず、ナチスの取締りも充分には行かなかったというのが、この小説の大きな骨格になっている。

要するにもともとのヨーロッパから移民した白人のダンス文化がアメリカでジャズと結びついたんだから、ドイツ人にそれが受け入れられるのも自然だったといえるかもしれない。逆輸入だ。

その需要に応える過程でだったのか、音楽としての発展だったのかはしらないが、ロマと結びついたジャンゴラインハルトのスタイルのように、ヨーロッパのスタイルと融合したジャズも出てきたんだろうと思う。

そして小説にあったように、ヨーロッパではジャズは人種差別などとは切り離されたダンス音楽として受け入れらていったことから、60年代に多くの黒人ジャズミュージシャンが差別を嫌ってヨーロッパにわたったのも至極自然な流れだったわけだ。

そうした土壌がECMに代表されるようなヨーロッパ的なジャズを生み出したという話で、まとまるのかな?

ついでにいえば、スウィングにしろファンクにしろ、アップビートからダウンビートの動きが重要だけど、ヨーロッパの音楽、たとえば指揮の基本動作(学校の音楽の時間で習ったはず)を見れば、同じくアップビートとダウンビートなのだな。

穿った見方をすれば、ヨーロッパのアップ/ダウンを取り入れてスウィングにしたのが戦前のダンス用ジャズだったのかもしれない・・・、しらんけど。

だからヨーロッパのクラシック系の演奏家は、アップ/ダウンのビート感の希薄な日本の演奏家よりずっとグルーヴ感を出せるんじゃないかと思う、たぶん。

ついでにいえば、佐藤亜紀の本によればその中心がハンブルクであったということだから、ビートルズの音楽も受け入れる器がリバプールなんかよりはずっと充分にあったということなんだろう、というのがジョン・レノンの「僕はハンブルクで育った。リバプールでじゃない」という言葉につながる、でよろしいのかな?

でもこの歌はフランス語。

なんだかVoyage次号の原稿を書いてしまった気分(^_^;)。

付け足し:

We Are The Worldという、一大チャリティーイベントというか録音が1985年にあって、これをクインシー・ジョーンズがプロデュースしているけれど、参加の若い(当時)のミュージシャンは黒人、白人とかそれほど気にしない世代であったのに対し、クインシー・ジョーンズはそのバランスに非常に気を遣ったという話をどっかで読んだような。それも世代による違いが現れているんだな~と思った次第。

というのは下記にあった。上に書いたようなことも出てきますな。

「ウィ・アー・ザ・ワールド」の呪い

We Are The Worldは、漫画「Blue Giant Supreme」でジャズしかやらないといっていたバンドにこの曲がリクエストされて、というのがEpisode 39にあったので検索してみたら上記と似たような話が書いてあったので、これも覚書として。

ということで、FBの元記事は削除しておこう、っていったって公開範囲は「自分のみ」だったんで、誰にもわからないんだけど。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2018/04/14

Fake News!

"There was no Fake News before the Fake President."とかなんとか書いた画像を海外のFBフレンドがシェアしていて笑ってしまった。

そのシェアはだいぶ前のことで画像は見つけられなかったけど、これは似たようなのん。

Fake_trump

同様にネットには相変わらずFake Newsであふれているようだ。

がん保険なんて欧米にはない!!

これもあるフレンドがシェアして「驚きの内容」なんて書いてたんだけど、ちょっと読んでみると、「企業や医者が儲けるために日本人を騙している」という使い古された陰謀論手法のあたりで、あ~、こりゃダメだと気がつく。

次にでてくる千島学説千島喜久男博士ってのも掲載写真が古いのがすでに怪しいけど、Wikiで調べると1899~1978年の人で、千島学説もWikiでかなり否定的に書かれている。

こういう古い話をあたかも現在の情報のように書くのも使い古された、カビの生えたような論法だ。

医療の進歩に限らずあらゆることが急激に変化しているこの時代に、戦中戦後みたいな時代の説をまことしやかに出してくるのはほんまに呆れるしかないが、こういう人は「本当のことが学会からは無視されている」とかなんとか反論するんだろうね。少数派であることがありがたみの根拠である、みたいな。

で、がん保険は本当に欧米にないのかと、Cancer insuranceで検索すれば、ちゃんと英語版Wikiで50年ほど前からある比較的新しい保険として説明がある。

曖昧な記憶だけど、確かがん保険はアメリカの保険会社が日本参入の際に、本国のスタイルを導入して成功したものだったと聞いたような気がする。

で、シェアしてたフレンドにそのあたりをコメントしようかとも思ったけど、その方はもともとは全然知らない人で、フレンドのフレンドにタブレットで間違ってフレンドリクエストしてしまって、間違いでしたがよろしくとなった人で直接のコンタクトもないし、あえてこんなことをいうのもおせっかいだし、気を悪くされるかもしないし、ということで、ここに書いておこう(^_^;)。

訂正:千島喜久男氏の名前を間違って千葉喜久雄と書いていたので訂正しました。
 まさにFake Newsでしたm(_ _)m。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/09

自堕落な休日にはマルタの砂

なんとなく連続更新、日記、みたいな。

Facebookにアップしてもいいんだけど、なんかマンネリだしどうでもいい話題だし。

去年のマルタ旅行で、某氏から「マルタの砂をお土産に」というコメントをFBでいただいていて、偶然ながらその時すでにホテルから繁華街へ行く途中の海岸で砂、というよりは細かな砂利といったほうがいいんだけど、ビニール袋に少し採ってきていた。

Aimg_8736

なにか瓶にでも入れようと思いながらも適当なのがなかったんだけど、いただき物のワインジャムの瓶がカラになったんで、これを洗って入れてみた。

Aimg_0231

四角くてちょっとおしゃれっぽい瓶で、でもよく見るとわかるけどすごい上げ底なんで少ししか入らない、というところがちょうどよかった。横の棒はドラムのスティック。

マルタには砂浜というのがほとんどなくて、海水浴場といっても岩場か、よくてこの写真のような粗い砂だそうだ。

マルタの砂をお土産に、というのはハーブアルパートのヒット曲があるので、というネタ話で、そういえば聞き覚えがあるな。

マルタのレストランの奥から聞こえていたラジオらしき音楽はもっとアラブっぽい音楽だったけど、イタリアは近いから影響も大きいんだろうな、というか、色んな要素が混ざっているには違いない。

こちらは楽しそうな、たぶんお酒が入っていそうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自堕落な休日にはコミックを

今月でまた一つ歳をとって66歳、オーメン?

しかし毎年ながら自分の年齢が信じがたいが、先日、京都のターナー展を見に行って、ターナーは76歳没とあったんで、あと10年か、なんて思っても実感はわかないが、まぁ、この歳になるといつ何があっても不思議はない、とはいえ、アメリカでは銃乱射、シリアでは爆撃、日本でも血なまぐさいニュースとか、年齢に関係なく何があるかわからんけどね。

北朝鮮が日本に向けてミサイルを撃ってくる可能性はないと僕は思ってるけど、僕が生まれる7年前はまだ太平洋戦争末期で、多くの都市がアメリカに爆撃されていたわけだ。

通勤とかなにかで街中を通る時に、ここに爆弾が落ちてきすべてがあっという間に破壊され尽くすというのが当時は日常だったとか、ここにミサイルが飛んでくるとどうなるかとか、情景を漠然と想像すると、それは今のシリア情勢でもあるなどと思ったりもする。

というようなことから憲法改正とか軍備という話も出てくるんだろうけど、結局僕自身はもう過ぎた世代で、あんまり頭が回らない、・・・いつものことだけど。

Aimg_0227

で、これは全然関係ない話で、だらだらと過ごす週休4日人間の一コマ。寒い時はねっとりした粉末のミルクティーが飲みたくなることがあって、買い物ついでに探したけど、このネッスルの分包のんしかなかった。

これがまたやたらと甘い上に人工甘味料のみなんで、なんか味がどうしても砂糖の甘みじゃなくて美味しくないんだね。

そこで水と牛乳をコップ一杯ずつでわかして、粉末一人前を入れる、つまり一袋で二人前にするとわりとましになる、といってもまだまだ甘すぎるんだけど、人工甘味料の不自然さはかなりやわらぐ、というのを即席コーヒーテーブル、ではなくてティーテーブルならぬスネア練習パッドの上に置いたの図。

カップは粗品でもらったリラックマのマグカップ。

新婚当時は割りと凝ったティーカップをいくつか買って飾り棚風にしてたのがあるんだけど、今は実用一点張りで、ちっとやそっとでは割れない粗品マグカップばかりだ。

Aimg_0228

これはFBでこれまたゆうけいさんがレビューされていた、萩尾望都の「銀の三角」が右の本で、1982年の第4刷だから、新婚時代に買ったんだ。

横の「モザイク・ラセン」は昭和58年というから1983年初版本で一緒に本棚でホコリをかぶっていたので引っ張り出してきた。最初の数ページはカラーだ。

Aimg_0223

ストーリーは読めば思い出すかと思うけど、まったく覚えてないな。

で、僕のあやふやな記憶では、この頃から萩尾望都の画風が変わったと思う。

それまでの少年少女的な絵柄から大人風というか、洗練されたともいえるし逆にエネルギッシュな画風が薄れたともいえるかと思う。

多くのファンはそれ以前の画風に親しんでいるようで、だから今、フラワーズで連載されつつある「ポーの一族」新シリーズの絵には違和感を覚える人も多いようだ。

それから左は、「乙嫁語り(10)/森薫」。

「乙嫁語り」は今はアイルランドにワーホリに行っている息子が読んでいた本で、8巻までで離日してしまったので、9、10巻と僕が買い足した。10巻は先月に出たばかりだ。

19世紀後半の中央アジア、カスピ海周辺を舞台にした物語で、実に細密な絵の描写力が素晴らしい。ストーリーはモンゴルの家族たちにふりかかる部族同士の衝突や南下するロシア、研究目的でやってきた英国人などの話で、ややご都合主義的なところもあるという批判もあるし、実際の当時の暮らしが本当にこうしたものだったかも知らないけど、圧倒的な画力でそういうことは忘れて読める本だ。

今日はモザイク・ラセンを読もう、ということで、この3冊も読書一覧に追加。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/04/08

Multiple Vibes

かなり以前にFBでシェアされていて衝撃を受けた、といっても大袈裟ではなかった映像。

フレームからするとMusserっぽいVibにピックアップをつけて、それをループやディレイやエフェクトかけて、さらに映像をマルチにシンクロさせるという手法にびっくりしたのだ。

というのをふと思い出したものの、スウェーデンの人ということしか記憶になかったんで探し出すのに一苦労したので覚書。

2013年公開だから、5年前か。

FBでフォローしようかと思ったら、フレンドしかなかったので、リクエストした。

最近は気に入ったプレイヤーをFBで見つけた時は、会ったこともない人、特に海外の場合はフレンドリクエストはせずにフォローだけにしてるんだけど、フォローのタブがない人もいるんだ。

も一つ、きれいなワルツのソロ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/07

最近の読書事情

前回の投稿から1ヵ月近く経ってしまった、っていっても毎度のことだけど、最近のことをメモしておこう。

まずは読書。

視力が落ちたために、通勤電車内での読書を止めてしまっていた(視力が低下するというウワサがあるから)ので、白内障手術で視力が戻った後もなんとなくあまり本を読まなくなっていたんだけど、去年のマルタ旅行で十字軍に関心を持って、「ローマ亡き後の地中海世界(上、下)/塩野七生」を読んでからはまた本を読むようになった。

といってもそんなには読んでないし、図書館にある本を借りるだけだけど。

塩野七生
・ローマ亡き後の地中海世界(上、下)
・十字軍物語(I、II、III)
・絵で見る十字軍

いずれもスラスラと読める本ではないので、去年から読み続けて、3月にやっと5冊を読み終えることが出来た。50年とか100年という長期スパンで十字軍を中心にヨーロッパ、イスラムの歴史を俯瞰する視点はさすがで、今に至る中近東情勢が多少は理解できたと思う。「絵で見る~」はまだ途中。

・民族楽器を演奏しよう/若林忠宏
・楽器からのメッセージ/西岡信雄

どちらもタイトルにひかれて借りたけど、かなり偏った楽器と話題しか載ってなくて期待はずれだったので、あんまりまともに読まずに返してしまった。内容ももうすっかり忘れたな。

佐藤亜紀
・スウィングしなけりゃ意味がない
・金の仔牛
・吸血鬼

ゆうけいさんがFBで佐藤亜紀を絶賛されていたので借りてみた。2冊は読み終えて「吸血鬼」はこれからだけど、確かに面白い。読み始めはハリポタみたいになかなかとのってこないところがあって、「金の仔牛」は途中でやめようかとまで思ったけど、その後から俄然面白くなって、あっという間(当社比)に読んでしまった。図書館にはこの3冊しか置いてないのが残念。

・絶対音感/最相葉月
・絶対音感神話/宮崎謙一

音感関連ということで借りた本。これも期待したほどには面白くはないものの、興味のある話題なので、拾い読み中。

あとは、なんかのなんかで(^_^;)室生犀星の名前が出てきて、そういえば読んだことないなと思い、Kinldeで無料があるんじゃないかとAmazon検索したら、\99で「室生犀星はこれだけ読め」というコンピレーション版があったので、安直に購入・・・、とはいえ、まだ全然読んでない。

塩野七生と佐藤亜紀の本についてはなんか書いてみたいと思うものの、いつものように頭が回らないので、どうかな~~?

2018.4.8:追記
Matsurika32マツリカ・マトリョシカ/相沢沙呼(リンク先で試読できます)
マツリカさんシリーズ3作目、青春・学園・ミステリ。前2作を読んでベタに気に入っていたので3作目を図書館で見つけた時は欣喜雀躍、っていうほどではないが、すぐに借りてすぐに読んでしまった。

まぁ、ベタな学園ミステリ、といってもミステリー面では僕はあんまり考えずに読むので、要するに美人の出てくる学園ものとして楽しんでいる。今までとはちょっと違った展開(ミステリーではなく、ストーリー展開というか、マツリカさんの立ち位置というか)だったのが意外だった。しかし、頼りない主人公の男子高生、読んでいる限り、これだけ友人に恵まれて充実した学生生活を送る高校生もいないと思うんだけど、役柄としてはひとりぼっちであるという設定が不自然といえば不自然だけど、まぁ、そういうことを考えて読む小説ではないね。前作から続いている背景もあるんで、これ単独で読むとちょっと分からないところもある。ま、JKはいいね~、というのが本音(^_^;)。

ということで、久しぶりにFBでシェアされていたNancy Wilsonを聴く。

あ~、これは聴いたことのある曲、たぶん持っているはず、と思ったらSophie Milmanが歌ってたんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »