« 神は仕事を急がない | トップページ | 12 beat Flamenco Compás: Bulerías »

2019/01/08

Dancing and Swinging

またしても、Swingのメモ、主としてWiki英語版サイトのリンクとかダンス映像とか。

英語サイトなのは、日本語サイトが不十分だとか、英語サイトはアメリカが舞台だからより正確で詳しいだろうとか、でもあんまり読んでないし、映像も途中までしか見てなかったりだから、間違ってるかもしれないけどね。

ダンス映像はどれがいいかってのは分からないけど、ま、僕の好みで。

Swing (jazz performance style)

Swing music

Juba dance

Tapについては以前にアップしてたけど、そのもとの一つになったという黒人のダンス。

Charleston (dance)

Jazz Ageの代表的なダンス、Jazzと切り離せない存在だと思われるが、そのもとはJubaだっただろうと、Wikiに書いてある。

While the dance probably came from the "star" or challenge dances that were all part of the African-American dance called Juba, the particular sequence of steps which appeared in Runnin' Wild were probably newly devised for popular appeal.[2] "At first, the step started off with a simple twisting of the feet, to rhythm in a lazy sort of way. [This could well be the Jay-Bird.] When the dance hit Harlem, a new version was added. It became a fast kicking step, kicking the feet, both forward and backward and later done with a tap." Further changes were undoubtedly made before the dance was put on stage.[3] In the words of Harold Courlander, while the Charleston had some characteristics of traditional Negro dance, it "was a synthetic creation, a newly-devised conglomerate tailored for wide spread popular appeal." Although the step known as "Jay-Bird", and other specific movement sequences are of Afro-American origin, no record of the Charleston being performed on the plantation has been discovered.

Foxtrot (dance)

これもJazz Ageのダンス、1917年から、ワルツに似た動き、ただし4拍子とWikiにある。確かにそういえばそうだな。それとこれも黒人の踊りから来ていると書いてある。

African American dancers as the source of the foxtrot. Castle saw the dance, which "had been danced by negroes, to his personal knowledge, for fifteen years, [at] a certain exclusive colored club"

(中略)

At its inception, the foxtrot was originally danced to ragtime. From the late 1910s through the 1940s, the foxtrot was the most popular fast dance, and the vast majority of records issued during these years were foxtrots. The waltz and tango, while popular, never overtook the foxtrot. Even the popularity of the Lindy hop in the 1940s did not affect the foxtrot's popularity, since it could be danced to the same records used to accompany the Lindy hop.

もともとはRagtimeで踊ったと書いてあるね。最後にあるLindy hopは後述。

Foxtrotは跳ねてるのかどうか、っていうとあんまり関係なさそうな気がする。

Wikiに、最初に踊ったときの音楽としてあるMemphis Blues、っていっても特定の曲ではなくて、1910年代のMemphisあたりの音楽ということらしい。W.C.Handyはそのスターだったらしいけど、この音楽が本物かどうかは不明。いわゆるブルースではないし、跳ねるシャッフル系でもない。Memphis Bluesは→Wiki英語版

Louis ArmstrongのMemphis Blues、ただし画面には1954とある。こちらはゆったりとしたシャッフル。

さて、図書館で借りた「アメリカンルーツ・ミュージック」にヨーロッパからアメリカに入ったダンスとしてホーンパイプが紹介されていた。

 ホーンパイプ(Wiki日本語版)

黒人のJubaに、アイルランド系、スコットランド系のJigやClogが一緒くたになってTapのもととなった、ってのは以前に書いたけど、Hornpipeも同系統のダンスだ。

アイルランドのJigやこのHornpipeは跳ねる4拍子(12/8拍子)なのが特徴で、最初の頃にアップしてたもっと古いSaltarelloなんかも似た要素があるし、僕の推量ではこのヨーロッパからもたらされた跳ねるリズムがアメリカのダンスとJazzのSwingに大きく影響したんだと思う。

「アメリカンルーツ・ミュージック」ではアパラチアンの音楽がアメリカのカントリー系音楽のもとみたいなことが書いてあったと思うけど(もう図書館に返却したので曖昧な記憶)、アパラチアンのホーンパイプはイーブンらしい。

Step Dancing, Liverpool Hornpipe、1963年のフィルム

(Scottish) Highland Dance Wiki英語版

3連系とイーブン系があるようだ。アイルランドのJigとReelも同じだな。

次のは、Scottish Highland Dancing - Sailor's Hornpipe /Californiaで、これはイーブン。Scottishとあるけど、カリフォルニアだから、アパラチアンでは跳ねないというのはこういうのかな?

この辺りのダンスは同じような要素があって、名称もいくつかあって、その区別も曖昧なように思える。

これは英国のHighland Danceに関するサイト、読んでないけどリンクだけ、読まないかも(^_^;)。

The History of Highland Dancing

次もアメリカ、Blue Grass Clog Dancing。

Tapのもとになったという、Clog Dance:Wiki英語版 →イギリス版、アメリカ版などへのリンクあり。

続いてイーブン系と、後半は9/8拍子系つまり3連符の3拍子で始まって、途中から6/8=2拍子(それとも12/8=4拍子?)になる変則的なイギリスのClog。

下はたまたま見つけた、Hungarian Czardas。

挨拶が長くて踊りは2:20辺りから始まるので、飛ばしてね。

Clevelandとあるから踊ってるのはアメリカ人だろう。前半のソロでは跳ねる感じがあるけど、後半のパートナーダンスではイーブンかな。

最後は、Jazz Age終焉後に起こったSwing Era Wiki日本語版、1935~1946年。

Jazz Ageより後代のSwing Jazz時代のダンス。

Jitterbug, 1934~?、下の映像は音楽をあとからダンス映像につけ足したみたい。

2019.1.14追記:
Foxtrotで引用した英語Wiki解説にあったLindy Hop。シャッフル系の速いリズムがSwingになったという推測が当たってる感じ。下は新しい映像。Lindy Hopは1990年代後半から2000年代前半にも流行したそうだが、しらんかったか覚えてない。1993年のアメリカ映画「Swing Kids」(佐藤亜紀の小説も同じ題材)で第二次大戦中のドイツでのダンスシーンがLindy Hopだったらしく、その影響でリバイバルしたらしい。日本スウィングダンス協会サイトに解説あり。これについてはまた書く予定、たぶん。

Lindy Hop(1928 in Harlem), 

The Lindy hop is an American dance which was born in Harlem, New York City, in 1928 and has evolved since then with the jazz music of that time. It was very popular during the swing era of the late 1930s and early 1940s. Lindy was a fusion of many dances that preceded it or were popular during its development but is mainly based on jazz, tap, breakaway, and Charleston. It is frequently described as a jazz dance and is a member of the swing dance family.

こちらのサイトにも参考音楽リンクがたくさんあった。講演会の資料としてのリンクだけみたいだけど。

ビッグバンドで辿るジャズの歴史(戦前編)

で、どさくさに紛れて最後にメモ:

JazzとDanceは切っても切り離せない関係で、12/8拍子はアフリカにもヨーロッパにもあって、つまり黒人も白人も共通なところがあるけど、Swingはアフリカンルーツというよりは、ヨーロピアンルーツの跳ねるリズムがダンスに取り入れられたのに平行して音楽にも取り入れられた結果ではないかな?

そして70年前後から広まったイーブンなビートは、8ビートがアフリカンルーツなのではなく、同じ12/8でも跳ねないリズムがアフリカンルーツであって、そしてそれが色濃く残っていたブラジルなんかのリズムがどんどんと取り入れられたのが、アフリカンルーツを取り戻したという話につながるのかも?

Adsc_0761

ということで、今日、アマゾンで注文した2冊が来たんだけど、ご覧の通りで読もうと思ってたまった本がいっぱい(^_^;)。上の5冊が図書館で借りた本、下の4冊は購入した本です。

|

« 神は仕事を急がない | トップページ | 12 beat Flamenco Compás: Bulerías »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Dancing and Swinging:

« 神は仕事を急がない | トップページ | 12 beat Flamenco Compás: Bulerías »