« Elise Trouw - A Multi-Talented Musician | トップページ | スペイン観光だ! »

2019/04/02

元号決まって、期日前投票に花粉症

新しい元号が「令和」と決まって、統一地方選挙投票日が今度の日曜で、スペイン旅行は土曜からだから、初めて期日前投票をしてきた。

神戸の西の果てとはいえ歩いていけないこともない近くに連絡所というのがあって、そこで受け付けている。

Adsc_0882

という、それだけの話だが、しかしこれといった候補が見当たらないのは毎度のことというよりは自分が無関心といったほうがいいのだろうけど、投票はほとんど棄権したことはない。

学生の頃はなんとなく行かずだったこともあったけど、社会人になってからは一度か二度うっかり忘れた以外は何らかの意思表示として投票している・・・、大体は消去法だけどね。

で、花粉症だ。

いつの頃からか、たぶん14~15年前くらいからか、冬が近づくあたりからくしゃみと鼻水が出て、目のかゆみも出るようになった。

で、年々ひどくなるかというと、そういうわけでもなくてひどいときもあれば軽いときもありで、大体は5月頃には治まるんだけど、去年はアイルランド旅行から帰った途端に6月というのに鼻水が止まらなかった。

このときは近所のいつものS先生のところで薬をもらったんだけど、やたらと眠くなってその割にはそれほどの効果もなかったので、今年は眠くならないという別の薬(下の写真の左側:フェキソフェナジン60mg)を年初にもらったんだけど、これもあまり効果があるとも思えなかった。ひょっとしたら効いててこの状態で治まってたのかもしれないけどそれはよくわからない。

Adsc_0883

で、先週の水曜、晴れ、会社にいった昼前あたりからやたらと鼻水とくしゃみが出て、頭も痛くなるし目も痛くなるしで、特に鼻水がひどいので今回は駅前の耳鼻咽喉科に行ったら、鼻の中はきれいだし軽い方でしょう、寝る前に飲むゆるめの薬を出しましょう、今もらっている薬はそれでも治まらないときに飲んでください、ということでもらってきたのが写真の右側(ザイザル5mg)。

いやいや、これは効きました。いつもは朝起きた直後はいいものの、しばらくするとくしゃみが出て鼻水もで出て、あとは日によって軽い症状だったりひどくなったりなんだけど、ザイザルを飲みだしてからは朝のくしゃみや鼻水もなく、その後もたまに出る程度でほとんど出ない。

さすがは耳鼻咽喉科だな~、って感心したのだった。スペインに行ってる間は花粉症は出ないだろうけどね。

さて、年号が決まった件について、内田先生がまたいろいろと書かれていた。なるほどねぇ~、こういう意見もあったんだというのと、結局は中国由来なんだ。ま、興味のある方はリンク先を読んでみてください。

新元号について

その一つ前の憲法に関する記事も先生と近い世代としてなかなかと納得できる内容だった。僕が子供の頃は我が家は祝日の国旗掲揚はしてなかったけど家には国旗と旗竿があったように記憶するから、掲揚してたこともあるんだろう。

その頃でも近所には掲揚している家もぼちぼちあったのに、確かにいつの間にか消えた理由も、そういうことなのかもと思えた。ただ「アメリカは独立宣言を書き換えない」というのと「日本には憲法を書き換えたい人がいる」というのを同列にしてるところは詭弁だと思うな。実際、アメリカは憲法を修正しているそうだし。内田先生のご高説はもっともだと思うことも多いけど、こういう論理のすりかえみたいなのもたまにあるからな~。

まぁ、護憲派も改憲派もこういう考え方は一考すべきなんだろうな、これも興味のある方はリンク先をどうぞ、長いんで途中で飽きそうになりますが、って僕もまだ最後まで読んでないです(^_^;)。

憲法について

それよりこちらの比較敗戦論というのがとても興味深かった。第二次大戦に関するヨーロッパ諸国の戦中戦後については曖昧なイメージしかなかったんで、フランスに対する批判、イタリアの立場、ドイツの戦後の論法などなど、実にこういうことは知らんかったな~。これも興味のある方はリンク先をどうぞ。

比較敗戦論のために

おぉ~、今回は音楽ネタなしだけど、いい加減にVoyage原稿にとりかからねば・・・、帰国直後が初稿締切だけど、スティックレッスンもあるから練習もしなきゃならないからね~。

そういえばPICKS-CLICKSさんが書いてたとおり、音源ファイルの埋め込みができなくなってしまった。YouTubeなんかの外部リンクしか駄目なんだ、不便だな~。

|

« Elise Trouw - A Multi-Talented Musician | トップページ | スペイン観光だ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Elise Trouw - A Multi-Talented Musician | トップページ | スペイン観光だ! »