« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019/05/27

Texas Hoedownにミニドラ

というVibの曲を弾いてみたいと思ったのは、この映像を見たから(「にミニドラ」は後からつけ足したので、横文字だけが曲のタイトル)。

 

まぁ、無謀といえば無謀な話だけど検索してみたら、打楽器専門業者で以前からマレットなどを購入しているbluemalletで販売してた、2160円也。

1曲だけの楽譜にしては高いといえば高いけど、それでずっと楽しめるなら安いものっていうのが僕の楽譜に対する考えなんで、早速ポチして練習しているところだ。

ただし多少高くてもっていうのは、こういう書き譜っていうかクラシック系の楽譜のことで、セッションなんかでやるためのリードシートなんかはなるべく安く、できれば無料で手に入れたいという矛盾した話(^_^;)。

簡単にできると思ってはいなかったけど、とにかく左右のシンコペーションばかりで手の動き以前に曲想を捉えるのが一苦労、まだ6ページあるうちの2ページ目にやっと入ったところだ。

といっても弾けるわけではなくて、曲の流れをなんとか把握して、つまりながら訥々と練習している段階だけどなかなかと楽しい。ゲームの攻略みたいなもんかと思う。

この演奏は速くてテンポ95くらいだが、楽譜の指定は4分音符で87という中途半端なテンポで、もう少し遅い。

こちらもやや速めで90くらいだ。

 

他にもあったけど、なぜかみんな指定より速いのは、その方がスピード感があっていいということかな、・・・テクニックがあればね(T_T)

ま、ぼちぼち、ゆっくりと楽しみながら練習・・・、いつになったら最後まで行けるか、っていうかその頃には前の方を忘れていそうだけどね。

も一つがドラム練習用になんかないかという話。

持ってるのは、基本練習用のスネアパッドが2つ、バスドラ練習用ペダルが一つ、それから知人から安く下取りしたデジタルドラムセットの一部だけを組んだシンバルとタム(もどき)、というのがドラム練習セットだ。デジタルドラムは音を出すつもりはなくて、単に叩くだけの練習用。

しかしハイハットがデジドラのはアナログと違ってペダルの感覚がわからない感じ(使ってないので、あくまでイメージ)がするので、なんかないかと物色だけしているのが、パールのミニセットみたいなリズムトラベラーライトというタイプだ。

Pearl-rhythm-traveler-lt

ドラムを叩いてどうこうということは全然考えていないんで、本格的なドラムセットはいらないけど、なにかそれらしい練習用がほしいというところで、まぁ、どうかな~。

スティックコントロールのレッスンでやり出したドラム課題は今はロックばかりでハイハットは叩くだけ、左足は全然使ってないけど、どうやら次の課題から左足も使うようだしね~、ということで迷い中。

もしこういうのを買った場合は、デジドラは安くてもいいからハードオフで売ろうと思ってる、売れればだけどね。

| | コメント (0)

2019/05/18

スピーカー来たりて悩む

発売日直前に注文していたスピーカーが、発売前日に発送メールが届き、発売当日に着いた。なんとも手際がよい。

早速、説明書にしたがってタブレットを接続してみたら、おお、これはやっぱりずいぶんと音が違う。

Akimg1911

写真でわかるようにとても小さい。1960~80年代にステレオセットを使ってた身からするとまったくおもちゃみたいだが、一人前に音が出る、って当たり前なんだけど。

小さいだけに重低音とはいかないが、PCのスピーカーに比べれば臨場感や低音の響きが格段によくなった。

手で持って顔の前やら横やら後ろやらと位置を変えてみると、それぞれに聞こえ方が違って面白い。基本的には持ち歩くのが前提みたいだから、いわゆるオーディオセットのようなことは期待できないが、それでも置き位置が簡単に変えられるので、工夫すれば結構臨場感がある。

ついでPCに接続しようとしたら、PC側が全然反応しない、って思ったらBluetoothがオフになってたという迂闊な話だった。

これは整理しきれていない棚の上に置いてみたの図。この位置ではちょっと高すぎるかな。

Akimg1914

ということで、今はタブレットと一緒に移動するか、PCの左右の離れた位置に置いて臨場感のある音で聴いたりとかしている。

小さいとはいえ今までの音響環境から比べれば雲泥の差なので、YouTubeなんか見だしたらついつい聴き入って時間が経ってしまったりで、これはこれで困ったものだ。映像よりわずかながら音が遅れるが、Bluetoothはそういうものらしい(初期化してやりなおすと治ることもあるらしいけど、まだ試していない)。

これからは練習もタブレットのiRealとかメトロノームとか、スピーカーで鳴らしながらできるわけで、環境がぐんとよくなるはず。

ただ不便なのは、5分間なにも信号がないと勝手にオフして接続も切断してしまうことだ。ちょっと他の用事をしようとPCの再生を止めて離れてると、戻ってきたときにまた接続しなおさないといけない。その手順がよくわかってなくて四苦八苦した。

たぶんこういう手順だろうというメモを書いておこう、違うかもしれんけど。

1.両方のスピーカーのペアリングボタンを押し続けて点滅させる
2.両方のADDボタンを操作音が聞こえるまで3秒間押し続ける
3.両方のADDランプがついたのを確認
4.PCの接続画面を出す
5.登録しているスピーカーのペアリングボタンを押し続けて点滅させる
6.点滅している間にPC側で「接続」をクリックする
7.音がスピーカーから出ているのを確認する
8.片方のADDボタンを押して左右の指定をする

たぶん、1~3は最初に設定してれば以後はいらないんだろうけど、よくわからん。

それからPCに登録するのは片方だけでいいみたいだ。両方登録してしまって両方を接続しようとしたもんだから、一方を接続すればもう一方が切れるということを繰り返してわけがわからんかったのだな。

| | コメント (0)

2019/05/16

ネット通販依存のスピーカー買い

最近、ではなく以前からちょっとした買い物はネットで買うことが多いが、また買ってしまったのが、スピーカー。

我が家にはオーディオ機器とよべるほどのものはなくて、CDを買ってもPCに取り込んで貧素なスピーカーで聴いてるという貧弱な音響環境もなんとかしなければと思ってた矢先、普段はほとんど読みもしないSonyストアからくるメールにワイヤレススピーカーの割引販売ご案内があったので、ついつい見ているうちになんか手頃そうなのを見つけたのでポチしてしまった。

スピーカーはコードがダラダラと這い回るのがウザいっていうか面倒なんで、安物のオーディオセット(ほんまの廉価品)が一つあることはあるんだけど片付けたままでセットしていない。

ワイヤレスがあるというのは知ってたけど、いいのは高かったり安いのはモノラルだったりで買う気が起こらなかった。しかし新発売のSRS-XB12(5/18発売)は2個あればステレオになるというんでこれならいいかなと。

Amazonでも予約販売してたけど、Sonyストアの方が送料込みでも安いのと、以前にVaioとタブレットを買ったからか1割引クーポンがあったんでさらに安くなった上に、3年保証もクーポンで無料だから、これは買わねばってね(^_^;)。

Srsxb12

色はね、年寄りは派手な方がいいかと思って、左右別々で赤とバイオレットにした。ま、小さいもんなんで目立たないと転がってどっかへ行ってしまうかも、ってのもある。

ブルートゥースがどうとかとあるんでたぶんPCやタブレットからつなげるんだろう・・・、よくわからんけどなんとかなるでしょう。

オーディオに関しては正直無関心で、ある程度聴ければいいというスタンスだけど、最近読んだ「音楽の根源にあるもの/小泉文夫」で小泉先生は、一番安いレコードプレイヤーに新品で1500円のスピーカー2個というオーディオ環境で、それで芸術祭のレコード部門の審査をしていてたと話しておられる(本は品切れ、重版未定だから今は割高な古本しかないみたい)。

1975年当時とはいえこの値段は破格というか、僕でもそんなんで審査していいんかいなと思ってしまうけどね。

それに比べればSRSは、テクノロジーも1975年当時とは全然違うしずいぶんと高級なんじゃないかい?

ま、高級とまではいえないけど、僕のオーディオ環境も劇的に改善されるに違いない(^_^;)。

| | コメント (0)

2019/05/11

令和は国保に閃輝暗点!

令和最初の投稿、10日以上経ったけど令和になっての雑事メモ。

Voyage原稿は提出したものの、また大幅に書き換えたりとか写真をどうしようかとかまだ最終稿に至らずで、しばしほったらかし。

国民健康保険証は前々回に書いたように連休前に区役所から発送されるというので、連休の前半には来るかと思ったら全然来ない。やっぱり連休明け発送になるんかなと思ってたら、連休後半、手続きから1週間後、それも書留とかではなく普通に郵便受けに入ってた。

大阪の健保組合からの証明書速達は翌日午前には着いてたのに、普通郵便は同じ西区内で1週間かかったんだ(^_^;)。

で、初国保は早速昨日のこと。

ことは平成の御代に発する。

なんていうと大袈裟だけど、先月の半ば過ぎにショーファーで近所のSCに行った時、ソフトクリームを食べようとショーケースを覗いたら値段が20しか見えない。離れて見ていたときには200円というのが見えていたのに?、で少し顔をずらすとちゃんと見えたので、あれ?

で、買い物に付き合って歩いていると、正面から近づいてくる女性の顔半分が見えないとか、視野の右側が波打ったように見えたりでこれは異常事態!、緊急事態!、あせった~、・・・けど20分くらい(たぶん)で治まったのでとりあえず帰宅。

早速ネットで調べると、目ではなく脳の方、視神経の血流の問題らしく、閃輝暗点(せんきあんてん)というらしい(詳細はリンク先をどうぞ)。

頭痛が伴う事が多いとあるけど、頭痛はなかったし、今まで健康診断の類で高血圧とか動脈硬化はいわれたことはないから、残るは季節の変わり目での体調不良にスペイン旅行の疲れ、前からある不整脈(この季節にはよく出る)とか?

ということでその後、いつもの眼科で花粉症の目薬をもらうついでに診てもらったら、やっぱりそういうことだけど「直ちに対処しないとどうこう」という話はされなかったのと、保険証の切り替えやら連休が続いたので、やっと昨日、最寄りの駅近くにある脳神経外科(写真)というところに行ってきた。医者に行くのが恐いという人もいるけど、僕は原因不明のままでいる方が恐いのですぐに医者に行くのだ。

Akimg1897

で、頸動脈エコーと頭のMRIを撮ったけど異常なし、むしろ年齢にすればきれいな方でまったく問題ないとのことで一安心、やっぱり季節変わりと旅行の疲れかな。やれやれ。

なので、予定していた夜のセッションは行かずだった。

先月に予定してたセッションもドタバタしてて行かずで、今後のセッション予定日は会社の新人歓迎会とか社内旅行が重なって当分は行けない~~~。

というようなことで今日はYouTubeで見つけたこの曲、ソロ楽譜を高校の頃だったか買ったものの全然弾けなかった、というのがあったはずと引っ張り出して弾いてみたら当時に思ったほどには難しくないような(といってもおいそれと弾けるわけではないけど)。

 

キーはG(映像はA)で途中でEbに転調するんだけど、♯キーしか慣れてなかった当時はフラット3個なんて認識外の世界で手がつけられなかったのが、今ではEbくらいどうということはないという、そこがわかっただけという話(^_^;)。

| | コメント (0)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »