« Waltz for Debby - その3 あるいはロビコン覚書 | トップページ | 遙かなるニューオルリンズ »

2019/07/21

ロビコンMCに Voyage 6号

イミフーなタイトルだけど、9月のロビーコンサートメモ、覚書。

MCをした方がいいかしらんと思い出すと、時間的にソロは割愛だな~、
 ま、難しいしね(^_^;)。

ところでMCとかPAとかモニターとかいうのは学生時代には聞いたことがなくて、ここ何年かの音楽復帰で初めて聞いた単語だ。

モニターは「返し」ともいうみたいだけど、昔はなかったから、今でもモニターがないと演奏できないなんて話を聞くと贅沢だなーって思う。だからというか、今までのセッションとかステージでもモニターは意識したことがないけど、実際には全体の音が聞こえてくるから、恩恵は受けてるんだな。

PAは名前は知らなかったけど、TVでのコンサートなんかで大きなコントローラーを客席側に置いてるのを見たりしたんで、まぁ、わかった。しかしPublic Addressっていってもわからんけどね。

わからなかったのがMCだ。最近まで、マイクを持ってしゃべってるからマイクのことかなんて、アホな理解をしてた。

で、MCを調べたら、Mind Cotrolなんてのもあったり(^_^;)。まぁ、巧みな話術があれば聴衆の心をコントロールしてるともいえるかもしれんけど、僕にはムリムリ。

Master of Ceremoniesというのが正解だそうだが、セレモニーのマスターなんてすごいなと思ったけど、要するに司会進行役ということだね。

しかし何をしゃべったらいいかね~、話すのは苦手だからな~、といいつつ年とると、話し出したら脱線ばかりしてつまらん話を延々としたりするので自分でも恐いのだな、ははは(^_^;)。

ところで、Voyageの6号が出来上がりました。これまでお送りしているところには順次発送しますので(といっても怠け者なんですぐにとは行きませんが)、お楽しみに(^^)v。

Voyage6

 

|

« Waltz for Debby - その3 あるいはロビコン覚書 | トップページ | 遙かなるニューオルリンズ »

コメント

MCはメンバーの紹介とか曲の紹介とか主催者の話とかどれかに絞ってしゃべればいいのではないでしょうか。全部話そうとすると全部消化不良になります。

さるライブではコール・ポーターの曲に絞っていて、それぞれの曲を作曲した時に作曲者がどういう状態だったか(離婚直後)を話していて、聞く方としては曲をどう聞くかという方針みたいなものが立てられてよかったなあ、とか。

投稿: PicksClicks | 2019/07/25 21:32

今回はVibを中心にということなんで、楽器の話に絡めたことで簡単に済ませようと思ってますが、慣れてないんで余計な話に脱線してダラダラしないかというのが心配です。それにMCで楽しませようとかウケをねらおうとかは、僕には無理っぽいんで、概ね事務的に進めようと思います。

あとは演奏でチョンボしないことですね。
ミスしても知らん顔していくというのが王道でしょうが、なんか顔に出てしまいそうです。間違えてもパニックにならないようにしたいです。

投稿: taki | 2019/07/27 10:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Waltz for Debby - その3 あるいはロビコン覚書 | トップページ | 遙かなるニューオルリンズ »