« 遙かなるニューオルリンズ | トップページ | 琳派イメージ展 »

2019/08/21

耳鳴りは気分?

久しぶりの更新、8月のお初だ。

若い頃から耳鳴りがあって、ただ意識しなければ気にならない程度だった。

それがよくある話(たぶん)で、年齢とともに悪化(というほどではないが)してきた気がしてた(気がしただけかい)。

下の写真はすべてズッキーニで、我が家では右上のはKISS、右下はUFOと呼んでいる。

Akimg2235

それでも意識しなければどうということはなかったんだけど、去年の秋に知人から無料チケットがあるのでとお誘いを受けた「ボーヒュスレーン・ビッグバンド(BBB)神戸公演」に行ったとき、なんだかドラムのシンバルがチリチリと鳴りっぱなしで気になるなぁ、と思ってたら、演奏が終わっても続いていて、あ、こりゃ耳鳴りだったんだと気がついた。

Bbb

ちなみにビッグバンドはあまり関心がなかったけど、このバンドは素晴らしかったし、日本人の共演者もよかった。というのは以前書いてたんだった。

で、それからも意識してないときには特に気にならなかったんだけど、今年に入ってからか春頃だったか、会社で仕事をして帰るとき(なんせ週休が多いもんで、毎日ではない)なんかの疲れ気味のときになると耳鳴りがきつくてしんどいと感じることが間々あるようになった。

それでも例えば楽器を弾いてるとか音楽を聴いているときにそれが気になるとか邪魔になるとか、音の聞こえが悪くなるというわけではない。

とはいえ気になるので、今日は以前にも行ったことのある駅前の耳鼻咽喉科を受診してきた。

その結果はといえば、耳鳴りは聴力低下が原因だが、僕の聴力は耳鳴りが起こるようなレベルではなく、年齢からみればよい方なのでそれで耳鳴りが起こるとは考えられないということだった。聴力検査の結果では125~8000Hzの範囲で右は正常、左は8000Hzで基準よりやや低めという結果だった(高周波数になると若干低下気味ではあるが)。

下の写真は今日の神戸市西区神出付近の風景。

Akimg2248

まぁ、そうだよな。自慢じゃないけど、それに何年か前のことだけど、駅のプラットホームで人が何かを落としたようなカサッとした音が聞こえたのでそちらを見たら、2~3m離れたところにいたお年寄りの足元に切符が落ちていたので知らせてあげたことがある。自分でもよく聞こえたなと驚いたけどね。

とはいえ、若い人でも耳鳴りがするという人もいるし、こういうのは生理的耳鳴りとかいうとかなんとか、要するに聴力低下によるものではない、ということは気分のもん?

ということで、一般的な耳鳴り用の薬をいただいて(買って)きた。気になってしんどいときは食後とか関係なく飲んでよいらしい。薬局では神経をなだめるので眠くなる場合があると注意されたけどね。

音楽がなにもないと淋しいので、最近よく聴いているイギリスの美人ギタリスト、Alexandra Whittinghamさん。Tatyanaさんのにこやかさと対象的な、クールな容姿と演奏がこれまたよいね。

|

« 遙かなるニューオルリンズ | トップページ | 琳派イメージ展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 遙かなるニューオルリンズ | トップページ | 琳派イメージ展 »