« 琳派イメージ展 | トップページ | ギター奏法最新事情 »

2019/09/01

新海誠 一挙公開

これは今日のFBに一旦はアップしたものの、すぐに非公開にした記事。非公開にした理由はたいしたことじゃないのは後述。

で、まずは去年の3月に梅田の阪急デパートで開催されていた「新海誠展」を見に行ったことから。Blogには書いてなかったんだな。これはFBに書いた内容そのまんま。

-2018.3.27-

今日は、京都まで遊びに行った家内と、夕方に梅田で待ち合わせて、阪急梅田店で開催中の新海誠展に行って来ました。
梅田で待ち合わせ、っていっても勤め先から阪急で7分ですけどね。

夕食は久しぶりに昔なつかし新梅田食堂街、学生のころから変わらずあるお店でAランチ・・・、ランチといいながら閉店時間まであるというのがいかにも大阪らしいのと、注文すると5分もしないうちに出てくる。なんせ回転が早い。

阪急百貨店はやっぱりおしゃれですね。田舎のイズミヤSCとは大違い・・・、だけど今は同じ阪急系列なんで2000円以上のレシートを持っていくと先着順で催し物のペア招待券がもらえるのです。我が家のあたりからわざわざ梅田まで見に行く物好きはほとんどいないんで、ほぼ確実に手に入るという話。

新海誠はビジュアルアーティストですな、というのは当たり前なんだけど、映像美の比重が大きいんだと改めて思いました、といっても「君の名は」しか見てないので、あとは展示からの感想ですが。

Adsc_0534

よく覚えてないけど、展示にあった「宮崎駿が『よりどころのないものは消えていく』みたいなことをいってるのには共感できない、人は最初から切り離されている」というような、ちょっと違ったかもしれないけど、新海誠の言葉がとても新鮮だった。

ま、明らかに世代が違うということですな~。どちらももっともな話かと思うけど、若い世代は新海さんに共感するでしょうね。今の世相には新海さんの意見の方が実感があるかと思う、という点ではより普通の人に近い立場で描かれているということかもしれない。

宮崎駿が不得手な男女のことを描いている点でも若者にはいいんではないかしらん。

新海アニメはCGだから、宮崎アニメみたいな原画というのがほぼなくて、絵コンテや線画に映像というのも新鮮で面白かった。

見ていない作品、というか全然知らないんだけど今までの作品をレンタルで借りようかという気にはなったのは確か、実際に借りるかどうかは、しらんけど(^_^;)。

 

-以上-

続いて今日の話。

去年の3月に行った新海誠展。

僕が見たのは劇場での「君の名は」だけだったんで、他の作品もレンタルで見てみようかと思ったまま忘れていた。

しかしありがたいことに昨日はCATVのAnimaxで新海誠一挙公開、16時~22時まで、「雲の向こう、約束の場所」、「秒速5センチメートル」、「星を追う子ども」、「言の葉の庭」を一挙録画(^^)v。

色々と事情があって見たのはまだ「星を追う子ども」と「言の葉の庭」だけ。

 

「星を追う子ども」はジブリのパクりまくり、その割には作り上げた世界観が雑すぎ、話の展開に無理がありすぎ、でも結構楽しめた。

 

「言の葉の庭」は我が家の42インチ画面でも映像美は素晴らしい。ストーリーもまずまずだけど、最後のクライマックスがあまりにベタすぎて笑うしかないかも(^_^;)、でも一応はハッピーエンドのようで、これはこれでよかった。

まだ見てないのが2つあるんで、時間ができたらゆっくり見よう。

今は9月の、ってもう9月だけど、14日はたかさご万灯祭のジャズギャラリー、17日は明石西部市民会館ロビーコンサートの出演があるのでなかなか気分が落ち着かない、と言う割にはのんびりしてるけどね。

-以上-

「君の名は」についてはBlogで書いていた。

君の名は

で、今日のFB投稿を非公開にしたのは、海外フレンドさんが夕闇の写真をアップして、「Try to remember、September 1」と書いてたのをみて、あ、9月なんだと今さらに気がついて、ならこれだろう!と差し替えたのがこちらの映像。以前にしばらくハマってたPomplamoose。

8月はBlog更新を1回しかしてなかったので、新海誠ネタはこちらに投稿しようということでした。

 

Try To RememberというとなつかしのBrothers Fourだ。まさに僕の青春、よりも前かな。とても好きな曲だ。

 

驚いたことに、Brothers Fourはメンバーの入れ替えはあるものの、まだ活動してるんだね。

|

« 琳派イメージ展 | トップページ | ギター奏法最新事情 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 琳派イメージ展 | トップページ | ギター奏法最新事情 »