« La Fiestaに悩む・・・、かも | トップページ | ベトナム観光旅行へ »

2019/10/16

The Great Gatsby - PD英語版@Kindle

珍しく初めての方からコメントをいただいた。

それも2007年4月16日の古い投稿だ。

Old Sport!

内容は、Fitzgeraldの名作「グレート・ギャツビー/村上春樹訳」の訳文での「オールド・スポート」という呼びかけに関することで、それは興味があれば上のリンク先のコメント欄を読んでいただきたい。

しかしこのBlogで以前から「Old Sport!」が閲覧回数でいつもわりと上位に来ていて、なんでだろうと思ってたんだけど、きっと村上さんの翻訳のせいだったんだな。

で、本文を読み直したらこんなことを書いていた。

村上氏のあとがきによると、本当は英語で読むのがいいらしいが、同時にちょっとやそっとでは取り付けない英語でもあるらしい、だから、いつか隠居したら読むことにしようかとも思うが、そういうことは大体が実現はしないだろうね。

実に12年以上前の投稿で、今でも仕事は続けているとはいえ週休4~5日なんてほぼ隠居といってもいいわけだが、当時はまだ50代、まさかこの歳まで働いているとは想像さえしなかったな。

定年後は時間ができて好きなことを色々できるんじゃないかと漠然と考えていたように記憶する(曖昧)が、実際にはやりたいことに対して時間がなかなか足りない、といいつつダラダラしたりで、時間管理というのが難しいと思うのが今日このごろ。

しかしやっとボチボチながらVib、ギター、ドラム(スティックコントロール)を日課的にこなすようになってきた、といっても全然計画的ではないけど、なんやかやいっても素人、自己満足の世界だからね。

で、本題に戻ると、では12年前の目標を実現すべく、The Great Gatsbyを英語で読んでみようということだ。

しかし便利な世の中、当時も電子ブックはあったような気もするけど、今はKindle版ならAmazonで簡単にDLできるし、おまけにFitzgeraldが亡くなったのが1940年ということで、前回の投稿から3年後の2010年にはPD(Public Domain)になったおかげで今は、ロハ、ただ、無料なのだ!

Akimg2430

Kindleの便利なところは単語をハイライトすれば辞書検索してくれるところ、文字の大きさが自由に変えられること、そして大きな本を持たなくていいところだ。それと目に優しいかも?、というので白黒反転して読んでいる(画像を縦向きにしたいんだけど、なぜか横にしか入らない)。反転も最初は読みにくいけど、慣れたらこの方がまぶしくなくて、僕にはよい。

実を言えば、Voyageの原稿を考えているときにもFitzgeraldのJazz Age関連の小説なんかの和訳本を買って読んだあと、原文はどうなんだとか思ったので、PDのKindle版(Tales of The Jazz Age, etc.)もDLしてチラチラと読んだりはしていて、それ以外にも「夜明け前/島崎藤村」は何年かかってるんだかというくらいに途中だし、Charles Dickensのアメリカ紀行も英文をDLしたりとか宮沢賢治全集とか、PDの未読がいっぱい溜まっている、といってもタブレット一つで済むというのがありがたい・・・、というより本を持ってるって意識がないからほったらかしなんだけど。

The Great Gatsbyはまだ10ページもいったかどうかというところだけど、よくわからない文章が多い。でも気にせず進む、というのが僕の読書スタイルだな。

さて、いつ読み終えるやら?

最後に、12年前にはできなかった、そのときのお勧め映画の予告編をアップしておきますので、どうぞ。

 

そしてテーマ曲だった、Skylark by k.d. Lang。

 

この映画は実話に基づいており、実際に舞台となった屋敷がSkylarkの作詞をしたJohnny Mercerの家だったという因縁の歌だ。もちろん映画もその屋敷で撮影されている。作曲はおなじみの、Hoagy Carmichael。

映画ではジャズ・スタンダードも使われたり、監督のイーストウッドの娘さんが出演して歌う場面もあったり、したと思う、よく覚えてないけど。

僕の好きなSkylarkはLinda Ronstadtだけどね。

 

|

« La Fiestaに悩む・・・、かも | トップページ | ベトナム観光旅行へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« La Fiestaに悩む・・・、かも | トップページ | ベトナム観光旅行へ »