« Crowdfunding for a Stolen Vibraphone | トップページ | Star Wars: The Rise of Skywalker »

2019/12/23

熱帯雨林爆買症候群?・・・爆)

(爆)--笑)の強調だが、最近は笑)をwと変え、wの数で度合いを表すようになり、爆)はほぼ死語(ニコニコ大百科テキトー要約)。

ということで、最近は隣国からの爆買もさほどではないとか、高付加価値品に移りつつあるとか聞くけど、アマゾンの誘惑はなかなかと強力であります、って話が飛躍/短絡してますが。

Black FridayならぬBlack December、というようなセールとかいうわけでもないのに、このところ立て続けに買物をしてしまったので、ちょっと自戒を込めて書いておこうというか、いいわけを書こうというか。

11/27
Win10-HP一体型PC-これはWin7が限界に来てたんで仕方がない、っていうのは書いてた。

12/9
まったくはじめてのジャズ・ドラム入門/市川宇一郎
ジャズドラム入門Basic Jazz Drum[DVD]/Steve HelFand

最近はスティックコントロールレッスンがドラムレッスンになってきたのは書いてたと思うけど、ジャズドラムのテキストが「はじめてのジャズドラム/坂田稔」といいつつ、全然初心者向けではなくてドラムの基本ができてないと即挫折というトンデモな本で、ではなんで先生がこれを選んだか、ってのはご自分がかつて使った経験からと、要するに僕はすでに基本の動作はやってきてるから、ってことらしいけど、でもやっぱりもっと初心者向けのでシコシコと個人練習しないと四肢の動作がうまくできないんで、密かにwアマゾン評をみてよさげなのを買ってみたところ、単純な動作の繰り返しから入っていたりで、といってもまだ9ページ目くらいのごく始めしかやってないけど、こういう単調な基本をメトロノームに合わせて繰り返すってのも、トランス状態とまでは行かなくとも面白いですな~・・・、ぜいぜい。DVDの方はついでになんとなく買ってしまったけどまだ全然見てない。

12/11
Rita Reys Today/リタ・ライス

これはFBにアップしてたけど、CDじゃなくてDL購入。学生時代にリタ・ライスに出会って、当時はLPを見つけたらかならず買っていた。このアルバムはCD化したら絶対買おうというくらいお気に入りだった。リタの歌に加えてバックのアレンジと演奏がとても小気味好い。下の写真が持っている6枚のLP。

Rita

年末片付けをそろそろというところでこのLP(写真の左端下ジャケット)が目についたので、この際とデジタル化した後に検索してみたら、なんと2006年に日本でCD化されて今は在庫切れ、だけど中古でもお手頃価格という、なんともな結果だけど、DLがボーナス・トラック2つ付きだったんで即買いしたというわけ。CDの曲目リストにはボーナスはなかった上にDLの方が安かったし。

 

同日、FBでのこの投稿にしろくまさんのお気に入りというコメントがあったのが次のCDでYouTubeで聴いて気に入ったので検索したら、Disk Union/Amazonで中古がごく手頃なお値段だったのでポチしてしまったのが:

The Cool Voice of Rita Reys Vol.2/リタ・ライス

 

Vol.1というタイトルはないけどそれに相当するのが、上の写真の左端上のThe Cool Voice of Rita Reysだ。Vol.2があるのは知らなかった。持ってる他のLPは今の所、CDなりDLで改めて買おうとは思っていない。

続いて本日、12/22は本格的に爆買www。

1.FIRST VISIT/高橋直樹 The Young Cats
赤松さんプロデュース&ゲスト演奏のアルバム。高橋さんは四国松山で活動するベーシストで、2012年にはじめて加古川で赤松さんのライブを聴きに行ったときに、このアルバムにも参加しているギターの矢野さんと共演された方だ。

翌日追記:YouTubeに高橋さんの演奏があった。アルバムの最初の曲 Dawn -夜明け前-で、なんとも優しい気持ちになる曲と演奏だが、ジャズでは珍しくキーがDだった。明るい曲想には#が2つくらいが似合う、って根拠はないけどなんとなく。

アルバムは2年前のリリースでそのときに買おうと思ってたけどCDでは入手できるところがなくて、アマゾンかiTunesのDLしかなかった。当時はまだDLに抵抗があってそのままになってたけど、最近はまぁ、いいかな、というのでついついww。2012年のライブのことは当然ながら書いてる。

赤松敏弘 & Overseas Mission in 加古川

このときがまさに僕の音楽活動再開のスタートだった記念すべきライブだった。

2.乙嫁語り-12巻/森薫
息子がアイルランドにワーホリに行く前から読んでたシリーズの最新刊。なかなかと面白いです、ご都合主義という評もあるけど、それでもなかなかと面白いし、絵の描写力、描き込みが緻密で素晴らしい。

Otoyome

3.ある作家の夕刻-フィッツジェラルド後期作品集
 スコット・フィッツジェラルド/村上春樹訳+エッセイ
これはね、読みたいと思ってたけど図書館にないんで、というか「乙嫁語り」だけだと送料がかかるけど、抱き合せれば無料になるので一緒に注文。

4.イスラームの「英雄」サラディン―十字軍と戦った男/佐藤 次高
塩野七生の一連のカトリックサイドからの本を読んでたので、イスラムサイドのなにかないかと以前から思ってたところで、上記の「乙嫁語り」と抱き合わせでこの際と探してこれがいいかもとみつけたものの、中古本の方がずっと安いんで、そっちでポチしてしまった。

5.IBN BATTUTA (CD+BOOK)
 JORDI SAVALL/LA CAPELLA REIAL DE CATALUNYA
FBで高校時代のフレンドY君が紹介していたJordi Savallのイスラム系(たぶん)の音楽CD+本。以前に購入した「ESPANA ETERNA/Jordi Savall」もY君情報で、そのCDがよかったんで今回も、というのと前述のようにイスラムに興味が湧いてるので。これも中古でHMV/Amazon、って、HMVは自分のサイトがあるのにアマゾンでも販売してるんだ、その方が検索されやすいってことかな?

IBN BATTUTAについてはWikiに解説があるけど、まだ読んでない。

ということで、まとめてどれだけになるかしらん・・・(^_^;)。

というところで思い出したが、11月にはすでに本2冊とCD1枚をポチしてたってのを先月に書いてたんだ。

最近の読書メモ(11/30)

そうえいばKindleで無料DLした「The Great Gatzby」はどうなったっていうと、まだ最初のあたりを読んだだけでほったらかしだな。やれやれだ、orz・・・。

はじめて使ったorz・・・www、そういえばwwwもはじめてだ。

|

« Crowdfunding for a Stolen Vibraphone | トップページ | Star Wars: The Rise of Skywalker »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Crowdfunding for a Stolen Vibraphone | トップページ | Star Wars: The Rise of Skywalker »