« Double Image / Vibraphone Duet | トップページ | いまさらながらピアノ教本、メモ »

2020/01/19

Gig再開7周年

FBの「思い出」に、2013年の今日が加古川のダイニングバー「スカーレットの小鳥」のセッション(Gig)に初めて参加した日と投稿してたのが上がってきた。

Scarlet

そのときのことはBlogにも書いている。

加古川でギグ

だからGig再開7周年、7年も経ってしまったのか~、というのが正直な感想だけど、それ以来、セッション参加だけでなく、たかさご万灯祭やらなんやら出演したな~、といっても年に1~2回というところだけど、たかさご万灯祭は2013年から去年まで毎年出演だった(今年はないかも)。

2012年11月にスカーレットの小鳥での赤松さんのライブを聴きにいったのがすべての始まりだ。

赤松敏弘 & Overseas Mission in 加古川

それ以来、セッション参加、東播ジャズ倶楽部入会、万灯祭出演からオルガニストさんと知己を得て、それからポルタティフオルガン制作者の木工作家さんを知り、古楽にも手を伸ばしたり。高槻ジャズストにも一応出たし、去年は明石でのロビーコンサートもあった。

古楽は、演奏会観覧とか木工作家さんのクラフト展出展ブースでのオルガン/ギターデモ演奏とか、ギターで古典を弾いてみたりとか、Jordi SavallのCD買ったりとか。下の写真は2015年5月にあった姫路アートクラフトフェアのときのもので、世界遺産姫路城を背にしながらの豪華な展示会場だった。

Aaportative2

クラシックギターの買い替え、エレアコ購入、マレットのコントロールにいいかもとカホンを習いだしてカホン購入、それからスティックコントロールに転向し、やがてドラムを習うことになったのも、もう今年の5月で6年目に入る、そのわりには進歩が遅いけど、まぁ、年だからねっ、と。

MalletKATを買ったのは2012年だけど、デジピやトラベラーサイズのドラムにLVシンバルも仲間入りしたし、HAPI DRUMと娘から譲り受けた(もともと僕がお金を出したんだけど)エレベは押入れに入れたまんまだし、なんとも楽器だらけになったのもこの7年の出来事だ。

龍笛を吹いているのは形ばかりはFBフレンドになっていただいている芳村直也氏で、その後方で見えたり隠れたりしているパーカッショニストが僕の先生である深澤学氏だ。

東播ジャズ倶楽部入会からは、ジャズフリーペーパーVoyageに原稿投稿なんて、まぁ、考えもしなかったこともある。自分の書いたものが印刷物になって全国に配布されるなんてね~、ってもうそろそろ今年の原稿を書かなきゃ(^_^;)。

しかし7年の間にスカーレットの小鳥は閉店してしまったとか(下の写真は2016年5月の閉店直前のお店)、直接は関係ないけど、大学の軽音OB会が開催されていた三宮のサテンドールとか元町の萬屋惣兵衛も閉店してしまったし。去年の軽音OB会は小さなセッションハウス/バーだったので楽器は持っていかなかった。

Adsc_0012

そうそう、去年のOB会に行ったついでに、元町から加納町に移転していた(ずいぶん前だけど)ヤマハを見に行ったら、以前の店舗よりもずっと狭くて目ぼしい楽器はほとんど無いような店になってたとか、エレアコを買ったアップルズギターによってみようと探しても見つからないのでスマホで検索したら閉店してたとか、Vibが古くてガタが来てるんで大阪の打楽器専門店の川端楽器にメンテしてもらおうと検索したらこれも閉店してたとか、なんだか残念なこともあった。

まぁ、しかし僕個人の音楽全般についてみれば、2013年のときよりはずっと進歩している、と思います。

さて、これから7年後はまだVibを運べる体力があるだろうかという心配もあるけど、最近はジャズに限らない西洋音楽全般、といっても古楽とか民族音楽(地中海~アラブ、アフリカ、南米など)に興味が移ってきて、ジャズはちょっと距離を置こうかという気もなきにしもあらず・・・。

それからジャズの演奏も思ったような音楽が出来るお仲間はプロだったりでおいそれとご一緒はできないということがある。このところご一緒しているアマの方には申し訳ないが、自分のレベルにも大いに不満があるんだよね。

楽器がきちんと弾ける、音色がコントロールできる、いきあたりばったりではないインプロができる、というレベルには程遠いんだな。

Chat NoirはイタリアのVibistでFBフレンドのGiovanni Perrinさんがかつては参加していた(今は違うメンバー)。ただし、こういうのもさらっとできたらいいなという一例で、これを目指しているわけではないけど。

だからジャズストやフェスなどの出演よりはその場限りのセッション参加で十分という気分になってきている(プロがホストだからね)。

Akimg3044_20200119203901

あとは一人でシコシコと(インプロではない)楽器のレベル(独奏や基礎練習)に磨きをかけたい。

Leoさんも形ばかりはFBフレンドになっていただいているのは前にも書いてるけど、この演奏を聴いて弾いてみたいと楽譜を買ったものの、今のところ全然手が出ない。同じくLeoさんによるWaltz for Debbyはなんとなく程度には弾けるようになったけど、最近は全然やってなくてもう記憶の彼方だ。

Vibを持っていきにくいセッション(狭いとか螺旋階段を登るとか)はエレアコで行ってもいいし、MalletKATもあるでよ~、ドラムで参加できるようになれたらいいけどね。

7年前までは、家と会社の往復、仕事つながりの交友、国内各地や海外へも仕事での出張か社内旅行、たまの家族旅行というところがせいぜいの僕の世界だったのが、仕事ではない、音楽のつながりで一気に広がったのがこの7年だったけど、さて、これから7年、楽器が思い通りに弾けるようになっているか、などなど何がどうなっているでしょうか、お楽しみ(^o^)。

|

« Double Image / Vibraphone Duet | トップページ | いまさらながらピアノ教本、メモ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Double Image / Vibraphone Duet | トップページ | いまさらながらピアノ教本、メモ »