« Vibraphone Solo- David Friedman | トップページ | またまた楽譜ww - Music for Vibraphone Vol.2 »

2020/06/25

読書記録に職場復帰-長文

COVID-19自粛解除、移動解除となっても、東京方面は相変わらず感染が続いているが、いよいよ明日から復職、また朝早くから起きて出勤だ。

ただし終了時間定時17:15を16時までとして、早めに、混雑しないうちに、明るいうちに帰るという条件、で、また第二波が来たら自主隔離する可能性ありという条件もだしたので、とりあえず6ヶ月、今年いっぱいという契約になった。日数は以前と同じく11日/月、だから2~3日/週というところ、逆に言えば週休4~5日だ。

3月末で自主隔離したころは世界的に大流行、どんどん事態は悪くなり、国内も増加、そして緊急事態宣言となったわけだけど、今は感染防止には何に気をつけるかとか、感染しやすい条件などもある程度はわかってきたので、以前ほどには恐れなくても通勤、勤務も可能かと思う。

とはいえ、世界的にはまだ感染者増加の傾向はおさまらずだし、本音としては出勤はご遠慮申し上げたいところだけどね、ってそれは早く隠居したいという意味でもあるけど。

というのが、将来のためのメモ、以下は以前に書いてたのもあってダブってるし、まとまりなくダラダラと長いですが読書メモ。

ダブリはこちら 大海の鯛、琵琶湖を知らず

・明日は遠すぎて/チママンダ・ンゴズィ・アディーチェ (著), くぼた のぞみ (翻訳)
ナイジェリア出身、アメリカで活動している(らしい)女性作家
ナイジェリアで高等教育を受けてアメリカに留学した女性のストーリーで、アフリカの現在というのが実感が全然なかったし欧米とは違う視点が新鮮だった。ナイジェリアはアメリカとのつながりが大きいらしい。
人種差別というよりは国籍差別とか、親の世代の古い価値観との衝突とか描写されていたと思うものの、もう記憶の彼方だ。
ただ高等教育を受けた人の話なので、当然ながらナイジェリアの一般的な状況が描かれているわけでないと思う。でも読んで損はない本だった。

・ヤマザキマリ 3冊 息子がファンで持っている本。
返してしまったから、タイトルがなんだったかな?、要は文化の違い。
ヤマザキさんにイタリア人の旦那さん、息子さんの家族が世界のあちこちに移動しての異文化体験談で、面白いけど、3冊だとダブった話も結構あった。文章は軽妙ではあるけど軽いという点では、同じイタリア在住の塩野七生とは比較にならない。
一家はシカゴに住んだりシリア?だったっけ、あちこち移動しているので、それぞれの地の面白さはある。
旦那さんはシカゴ大だったかに招かれて教鞭をとったものの、アメリカのエリート社会は過当競争、ストレスにさらされる社会で、それに耐えられずアメリカを去ったというのは、アメリカの一面をみた気がした。息子さんもアメリカの学校には馴染めなかったらしい。

・バースデイ・ガール(村上春樹)
軽い短編。FBに書いてたので、それを少々変えて再掲。
車の点検でディーラーに行った時の待ち時間を利用して読んでたけど、短くてすぐに読み終えてしまった。
ヒマなんでまた読み直したら、最初には気が付かなかった文が目についた。

「窓の前に大きな仕事机があり、机のとなりに小振りなソファセットがある。老人はそのソファの前のテーブルを指差した。細長くて丈の低いデコラばりのテーブルだった。
 ・・・・
彼はきれいに磨き上げられた黒い革靴を履いていた。サイズの小さな、とてもシックな革靴だった。お洒落な人なのだ、と彼女は思った。その年配にしては姿勢もいい。」

デコラ?

そのとき僕の表情は、アメリカのジャズファンが、Kenny Gの名を聞いた時のようだったかもしれない。

Kenny-g  

以下はFBには書かなかった重箱の隅突き。

デコラ(Wiki)って、僕が子供の頃、アメリカから技術が伝わってきた頃は新しい素材で高級っぽいイメージがあったけど、使っているうちに表面のデコラがめくれ上がったり擦り傷で白ボケたり色あせたりと、ずいぶん前から高級品というイメージはなくなったと思うんだけど、それがお洒落な紳士のオフィスにあるという描写がなんともいえない。村上さんがどういう意図でデコラを選んだのかわからんけど。

仕事関係で高級家具類はよく見たので重箱の隅を突くようになってしまうけど、デコラの化粧合板テーブルはこの場面にはそぐわないと思う。無垢材の家具とかせめて高級無垢材の突板(薄板)を貼った合板、あるいはもっとモダンなデザインのテーブル(ガラストップとか)でもよさそうだけど、デコラ、っていわれるとね~(^_^;)。

同じような話で、僕が会社に入った頃だから1978年くらいだけど、同期入社の人がなんかの話で「デコラだから高級ですよ」っていったので、周囲にいた者はみな上の写真のディカプリオのような顔をしていたのを思い出してしまった。

・アンデスのリトゥーマ
ペルーのノーベル賞作家マリオ・ガルバレス=リョサの作品。山間部の警備に派遣されるという貧乏くじを引いた主人公とその助手が、極左過激派センデロ・ルミノソやそこに住む人々と織りなす物語。
厳しい自然と危険な、いつ死ぬかわからない毎日という、先の「明日は遠すぎて」とは正反対(真逆という言葉は使いません)で、平和な日本からは想像しにくい世界の物語。
かなりハードだけど意外な結末で、ノーベル賞作家もこんな終わり方するんだ、っていっても、どんでん返しではありませんが。

・ヴェネツィアの出版人
なんだったかな、あまり面白くなくて途中で止めてしまった本。

・Novel 11、Book 18/ダークソゥルスター(村上春樹訳)
村上さんが惚れ込んだという割にはそれほどのもんではなかった。 

・サウスポイント/吉本ばなな
あんまり印象に残っていない、まぁ、普通だったかも。

・陽気なお葬式、子供時代-リュドミラ・ウリツカヤ
ロシアの昔の田舎の生活を思い出す物語だったと思う。ノスタルジーで書いたって感じの本だったと思うが、まぁ、フツーだったかな?

・移民たち-四つの長い物語:W.G.ゼーバル
物語の途中に挿入されている写真と一緒に話が進む、から写真はその実在かと思うと実は関係ないということらしい。まぁ、わりとよかった。

・国語教師:ユーディト・W・タシュラー
昔の恋人だった二人が別の道を進んで、やがてまた出会う運命という、ありがちなストーリー、終わり方もヨーロッパ的かな。そこそこ。

・ブダペスト/シコ・ブアルキ
どんなんやったかな(^_^;)、悪くはなかったような。

・アンダルシア/真保 裕一
スペイン旅行した後だったので、タイトルだけで借りた本。邦画になってるらしい。
それなりに面白いけど、推理モノに疎い僕でも、そんなんかよっていうようなオチとか、最後はTVドラマのウケ狙いみたいな作り過ぎの終わり方とか。
まぁ、そういうのが日本人受けするのかもしれないけど、エンディングを作りすぎってのは百田尚樹の「永遠のゼロ」でも感じたな~。

 

・ギリシャ人の物語I、II/塩野七生
これはいつも通り内容の濃い塩野さんの歴史物語、ただ以前に比べると説明の繰り返しが多いけど、年取って記憶が怪しい読者にはそれはそれで助かる。アテネにおける民主主義の発展と衰退は今の世界にもあてはまりそうだ。

以下、FBに書いてた塩野七生の描く世界についての長文をコピペで終わります。
(2020.7.3追記:下記の途中までは以前にアップしていたのでし^_^;)

*********
高校のときは世界史が嫌いだった一方で、日本史は担任の先生がとても人柄も教え方もよくて面白かったので、その後は日本の時代小説を読んだ時期があるが、今はもっぱら塩野七生の本ばかり(歴史関係ではという意味、ギリシャ時代からローマ帝国~中世~ルネサンスあたり、一部ナポレオンあたり)。

新婚旅行で初めて土を踏んだ海外の地がローマ、その次の年にはローマ、ヴェネツィアの旅をして、それから幾星霜(大袈裟か)、数年前からまたイタリア、マルタ、アイルランド、スペインと観光旅行ではあるが、塩野七生の本を読んでいなければ、旅の面白さも半分といったところではなかったかと思う。

とにかく多文化、多言語、多民族、多国家がいりみだれての権力、領土、宗教の争いはすさまじい。

歴史は繰り返すというが、現代の感覚とは違うとはいえ、ギリシャで起こった民主主義から衆愚政治へと堕していったギリシャ世界の衰退は今の日本や世界をみているようだ。

民主主義の衰退期には、将来への不安を煽る扇動者がリーダーとなり、今で言うポピュリズムによる衆愚性が顕著になるが、将来への道は示されず不明瞭なまま社会は衰退していく、というのがアテネのたどった道だ。

またローマ法によるローマ帝国の法治国家は中世になると忘れ去られ、それを復活させようとするフリードリッヒ二世に対するローマ法王庁の妨害による再度の法治国家の衰退、そしてルネサンスによる発展とまたしてもの衰退と、形を変えながら、また技術革新による社会構造の変革はありながらも、結局は人間の根本はギリシャ時代から一向に変わっていないか、あるいは退化しているのか、というのが正直な感想だ。

イスラムの寛容という言葉があるが、むしろシチリア~南イタリアにおけるノルマン統治の方がさらに寛容であったようだ、とはいえそれ以前のイスラムの寛容があったからこそ、とはいえるだろうが、今は寛容の幅がずいぶんと狭くなったと感じるこの頃。

「ギリシャ人の物語II 民主政の成熟と崩壊」に関するFBメモ

政体がどう変わろうと、王政、貴族政、共産政と変わろうと、今日に至るまで人類は、指導者を必要としない政体を発明していない。
この事実が示すように、民主政でも衆愚政でも、リーダーは存在する。ただし、性質は違う。
民主政のリーダー-民衆(デモス)に自信を持たせることができる人。
衆愚政のリーダー-民衆(デモス)が心の奥底に持っている獏とした将来への不安を、煽るのが実に巧みな人。
前者が「誘導する人」ならば、後者は「扇動する人」になる。
前者は、ブラス面に光を当てながらリードしていくタイプだが、後者となると、マイナス面をあばき出すことで不安を煽るタイプのリーダーになる。ゆえに扇動者とは何も、政治家とはかぎらない。
今日ならば、デモの指導者もマスコミもウェブも、自覚していようがいまいがには関係なく、立派に「デマゴーグ」(扇動者)になりうる。

説得力とは、他者をも自分の考えに巻き込む能力である。他者の意見を尊重し、それを受け入れ歩み寄ることによって、着地点を見出だすことではない。
*************

塩野七生は最新作「ギリシャ人の物語」(2017年)をもって文筆活動は終えたとのことで残念だが、80歳のお歳までよく書いてくださったと感謝に堪えない(2019.11現在で御年82歳) 

 

|

« Vibraphone Solo- David Friedman | トップページ | またまた楽譜ww - Music for Vibraphone Vol.2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Vibraphone Solo- David Friedman | トップページ | またまた楽譜ww - Music for Vibraphone Vol.2 »