« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020/07/31

新型コロナ - 再自主隔離になりにけり

新型コロナの感染拡大が収まりそうにない。

前回の7/16には次の週はどうしようかと書いてたけど、連休前の2日出勤だけなのと仕事の区切りということで結局、出勤したのだった。

7/23~7/26の連休中に減少に転ずれば「吉」、なんて楽観的なことも考えていたけど、トンデモで、拡大は収まりそうにない。だから連休明けからまた自主隔離状態で、出勤したのは7月度のみだった。

TVニュースで、日々の増減よりも週間移動平均で見る方が傾向がわかるといっていたので、グラフにしてみたら、たしかにはっきりとした傾向がわかる。

200731hyogo

兵庫県

200731osaka 

大阪府

200731tokyo

東京都

200731zenkoku

全国

全国は今日のデータがまだ出ていないので昨日までだが、どのグラフでもまだまだ増加する傾向がはっきりと出ている。

東京はここ数日は横ばい気味だったのでそろそろピークかと見えたが、今日、さらに大幅増加(463人)でその予想も吹き飛んでしまった。

どの地域であろうと、このグラフが第一波のときのように上昇が鈍化して低下し始めないと、現在の波も(政府は第二波とはいいたくないらしいが)収まらないだろう。

素人考えだけど、緊急事態宣言解除が早すぎたのではないか。

第一波ではなぜだか感染者数が抑えられていたが、PCR検査数が絶対的に少なく限定されていたので、無症状感染者が相当に見逃されていたのではなかろうか。それを日本式で成功したなどといって解除した途端に、それまで自粛していた無症状者の外出からどんどんと広がって、それでも経済を優先させているので、拡大が止まらなくなっているんじゃないか。

PCR検査も増えているらしいけど、それでも海外に比べればずっと限られた状況のようだし。

これらのグラフからは諸外国並みに増加する可能性も十分にある気がする・・・、やれやれ、では済まないのだが、この調子では8月も自主隔離継続だ。

翌日補足:NewsWeek日本語版記事(2020.7.31、東洋経済からの引用らしい)。PCR検査による陽性が増加しても騒ぐことはない、というような内容の記事かな、専門家じゃないからよくわからんけど。

日本の新型コロナ感染者、重症化率・死亡率が低い理由は?
 高橋泰教授「感染7段階モデル」で見える化

| | コメント (0)

2020/07/16

新型コロナ - 再度自主隔離か?

緊急事態宣言解除となって再雇用、大阪へ通勤となって来週で一ヶ月となるところで、第二波なのかどうか、どうみても第二波のようなんだけど、東京を中心に感染が再拡大している。

全国的にはまだ第一波のピークまでには至っていないものの、東京はすでにそれを超えているから、もう時間の問題のように思える。

自主隔離したころからニュースやネットの発表から自分でグラフを付けている結果が以下の通り。地元兵庫、お隣大阪、感染の中心になっている東京、そして全国だ。

Covidhyogo

兵庫県

Covidosaka

大阪府

Covidtokyo

東京都

Covidzenkoku

全国

縦軸も横軸もスケールがそれぞれ違うので直接比較はできないけど、傾向はわかると思う。全国の傾向は東京とほぼ同じで、東京が概ね50%以上を占めていたが、このところは50%未満になってきているので、全国的に増加傾向といえそうだ。

ということで、さて出勤を見合わせるかどうか、とりあえず明日7月17日(木)は出勤日で、健康診断もあるし今週までの仕事の区切りもあるから出勤するつもりだけど、来週は火曜からの出勤なので、金土日月の4日間の動向次第と思う。

通勤もこわいといえばこわいけど、この一ヶ月間の通勤の様子(といっても正味は8日しか出勤してないけど)や大都市での状況からみると、通勤で感染するのは稀なように思う。むしろいってしまえば会社の体質だ。中小企業で体質が古いといえばそれまでだけど、会社の上から下まで、感染防止意識の高い人が多いとは決していえない状況で働くのが一番こわいしストレスになるといいうのが本音だ。

というだけでは暗い話で終わりなんで、例によって音楽を。

前回に投稿してたイタリアのVib奏者、Francescoさんの、ちょっと変わった雰囲気の「枯葉」、なかなかとクールな演奏だ。

 

今年はコロナに続いて梅雨の豪雨災害と大変な年になってしまって、感染した方々、被災した方々には心よりお見舞いを申し上げますm(_ _)m。

しかし今のところ暑さについては、梅雨の終わり、7月半ばとは思えない涼しさで初期高齢者にはありがたい状況、とはいえ長期予報では猛暑ということだったから、これからどうなるやらというところではあります。

も一つは、先ごろお亡くなりになったエンニオ・モリコーネ氏の名曲、Nouvo Cinema Pardisoを村治佳織さんの演奏で。

色んな演奏を聴いたけど、映像を含めてこれが一番のお気に入りで、また若い頃(失礼)の村治さんのおきれいなこと(今もおきれいですが)、ついついこの映像の入ったDVDを買ってしまつたのでありました(^_^)。

とりあえず明日は一日、気を引き締めて働いて、後は状況次第、再雇用の際にそういう条件でといってあるし。

| | コメント (0)

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »