« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020/08/16

新型コロナその後 - 退職したら、消音マレット?

新型コロナでまた自主隔離と書いてたけど、雇用契約も年末まで6ヶ月しかないのに2ヶ月目でまた出社しないし、第二波もなかなか収まりそうにもないし、一旦は収まってもまた第三波がくればまた出社しないだろうし~、やらなんやらで会社もこれ以上は面倒みきれん、となって先月末付けで退職することになった。会社からの打診だったけど、僕もこの辺りが潮時と思ってたから、両者合意の上でのことだ。

というのが決まったのがお盆前、FBには書いてたのでそれをコピペしておこう。

FBで8月9日の「今日の思い出」に、2年前の朝の通勤時の阪急電車のラッピングカーの写真が出てきたので、それにくっつけて書いたのだ。

***************

Kimg0329

 2年前の通勤電車

定年後も嘱託契約社員でダラダラと働いてきましたが、この度、とうとう完全に退職することになりました。

長年お世話になった会社とも通勤電車ともサヨナラでございます。

ほっとした開放感と若干の虚脱感、といっても出勤日数は少なかった上に、このところはコロナでまともに出勤してないんで、生活はほとんど変わりなく、ひたすら音楽修練(ほんまか?)、趣味の日々は変わりなく。

*************

ということで、晴れてすっきり玉手箱!(なんのこっちゃ?)。

これでコロナを心配しながらの通勤や仕事をしなくてよくなったし、まぁ、新製品新製品とお尻を叩かれ(というほどの身分ではもうなかったけど)たり、製品等問い合わせにごまかしながら答える必要もなくなった(製品が増えすぎて、パート社員には知らないことがいっぱいになってしまったのだ)。

それに加えて、以前にはこのBlogにも何度も書いたことのあるアメリカの取引先様(米国商品の輸入販売)との契約が先月の7月で終了したとのことなので、ちょうど同じときに僕も会社と縁が切れたのは、まぁ、なんという偶然。

その関連で最初に書いたのは、2004.9.21で、英語の話題だった。

Red Snapper? Red Sniper??

製品輸入販売に伴って、10年ほども、販促のために毎年のようにアメリカから来日したお客様に同行して全国(とまでは行かないけど)あちらこちらの美術系専門学校や芸大、美大、画材店などの訪問で1~2週間もご一緒して珍道中したり、あるいは渡米して訪問したりと、色々と経験させてもらったし、現代美術の様々なことを教えていただいたのも、とてもよい経験だった。

アメリカの会社と日本の会社は縁が切れたとはいえ、僕は販促で来日されたアメリカの方々とはFBフレンドさんになっていただいているし、その友情が途切れるわけではないから、これまでの思い出を大切にして行こう。

Blogには現代美術とか色々と美術の話題に関連して彼らのことも何度も書いていたが、これからは時間はたっぷりあるので、ゆっくりと振り返って行こうと思う。

ということで、ますます音楽修練にも励めるはず・・・、なかなか中身が伴わないけど(^_^;)。

で、最新情報は夜でも思い切って練習できるという、消音タイプのマレット"Late Nite"だ。

 

Tony Miceli氏はDavid Friedman氏とともに、FBやネットでVibのサイトを運営していて、最近はコロナのために活動停止している多くの著名マレットプレイヤーと、とても勉強になりそうな対談をたくさん配信している。なかなか追いきれていないけど。

Late Niteというマレットもその情報の一つだけど、SteveWeissのサイトでお値段を見てみようとしたら、1セット(2本)しかないと表示されたので、4本派としてはちょっと困ったところ。お値段は2本ペアで$39.95で普通のマレット並みというところだけど、とりあえず保留。

続いていは、またか、という楽譜(^_^;)。

 

StephanieさんのYouTube動画を適当に再生していたら出てきた、ロマンチックな、タイトルもそのまんまRomanzaだ。

ミゲル・リョベートはスペインのギタリスト/作曲家で、動画にも1896年とあるから当然PDなんで、楽譜を検索したら出てきたのでDL、なんとか弾けないことはなさそうな~・・・、ギターはそれなりにボチボチ。

次は、FBでブラジルのフレンドさんが紹介していた日本のパーカッショニスト、木川保奈美さんの初心者向けパンデイロ講座。

 

パンデイロはPICKS-CLICKさんが色々されているが、僕は持っていないので、ほったらかしのフレームドラムの小さい方でやってみようかしらん、と思っているだけだけど。

こんな若くてきれいなインストラクターだったらモチベーションも上がるだろうね(^_^)。

というわけで、これからはなんの憂いもなく(今までも大したことはしてないけど)、残りの人生を謳歌いたしましょう(^_^)v。

| | コメント (0)

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »