« 杖道、ジョードー、ド~ジョ~ | トップページ | Children's Songs by Chick Corea »

2020/09/09

Vibraphone、共鳴管に驚愕の事実が~!

これは年初、1月に書きかけた記事の掘り起こし。

FBフレンドである(というのは非常におこがましいが)Jpohn Mark Piper氏がヴィブラフォンの共鳴管について実に興味深い動画をアップされていた。

1つ目は共鳴管の有無による音の伸びの差について、バラエティ番組風にいえば「共鳴管に知られざる驚愕の事実が~!」っていうところで今回のタイトルになるのだが、共鳴管を開いている方が、音量は上がるが、音が伸びない、というデモをされていたのだ。

 

映像はDolphin Danceのソロ演奏だけど、3:15以後に共鳴管の解説とデモがあります。

これをみて共鳴管の上についているファンを閉じても同じことになるんではないかと、自分のVibで試したら案の定、同じ現象が起こった。

つまり練習のために音量を下げようとファンを閉じる、あるいは共鳴管をはずすと、共鳴管がONのときよりも音が伸びている状態で練習することになる。

ということは、本番というかセッションにいったときには普段の練習のつもりで弾くと、ダンパーを効かせすぎて音が伸びないということになる。もちろんそれをすぐさま修正できれば問題はないが、そうはなかなか。

まぁ、ダンパーが効き過ぎの方が余分な共鳴やウナリがなくていいかもしれんけど。

そうすると、共鳴管をONにして音量が高い状態で練習したほうがよい、ということにはなるが、そうすると防音対策が必要になる。

ということで防音対策はDIYで可能か?、というのをネットで調べてた(年初の話)けど、それはまたそのうちに(たぶん?)。

で、次が共鳴管に知られざる驚愕の事実が~!」、の第二弾(^_^;)、同じくPiper氏。

 

1:35以後に、共鳴管の共鳴周波数変化の解説とデモがあります。

貝殻を耳に当てると海の音が聞こえる、というのは誰でも知っているだろうけど、それは空気中に充満しているホワイトノイズの中で貝殻の形状(長さ)に固有の周波数に共鳴した音になるという話。ホワイトノイズは意識されないけど充満しているらしい。

で、この共鳴周波数が耳と貝との距離で変化する。貝の代わりにコップでやってみればわかるけど、耳にぐっと近づけると聞こえる音が低くなる。距離が短くなると、音が高くなるんではなくて低くなるという理屈がわからんけど、実際にそうなるからそうなんだ。

同様のことがVibの共鳴管で起こり、もちろんバーの音程は変わらないし聞こえてくる音程も変わらないけど、共鳴管の共鳴周波数が変わるので音量に変化が出るという話だ(4:00からデモあり)。

結論は、共鳴管とバーの距離が適切に調整される必要があるということだが、僕のVibはどうなんだろう?古くてガタガタしてるからな~。

また時間のあるときに調べてみよう・・・、って毎日休みだからいくらでも時間はあるんだ(^_^;)。

ちなみに、Piper氏の動画は南極で撮影されたらしい(2つ目の動画のYouTubeサイトの説明にあります)。

Piper氏はもともと消防関係だったかの仕事とプロのVib奏者の2足の草鞋で、消防関係から救急隊員として南極越冬隊に何度も参加されている(FBでの投稿から)。

それからPiper氏が使っているVibの本体はご自分で開発した可搬性や安定性のよいボディー(ただし、バーはMusser製)で、Piperモデルとして販売もされていて、実際にこのモデルを使っている他のVib奏者の動画もあります。

何度も紹介しているオーストリアのLeoさんも使ってますね。そういえばこの曲はFBで楽譜が公開されていてDLしたんだ。

|

« 杖道、ジョードー、ド~ジョ~ | トップページ | Children's Songs by Chick Corea »

コメント

コップを耳に当てて共鳴するのは「ヘルムホルツ共鳴」といいます。Vibの共鳴管はヘルムホルツじゃないと思いますが、羽で中間的にふさがっているときにヘルムホルツかも。

Vibで共鳴管を使うにしてもその他の方法によるにしても、音が大きくなるということはその分エネルギーの放射がふえるわけで、そりゃ長く鳴らせるのはむつかしくなりますわな。

だからエネルギーを消費することなく信号を取り出せるエレキギターは大音量でもサステインが長い、と。

追伸:赤松さんとFBでお友達になりました。

投稿: PicksClicks | 2020/09/11 15:35

解説をありがとうございます。

ヘルムホルツ共鳴はWikiで見ました。わかったようなわからないような、ですが、開口面積や長さ、体積の平方根に対して比例や反比例して、相互作用で周波数が決まってくるらしい、という程度に理解しました。

共鳴管のファンでヴィブラートをかけるというのも、音量変化とヘルムホルツ共鳴の両方が影響してるんでしょうね。

赤松さんとはJeremy Steigの縁ですね。K君が読んでた電子本自伝を買いましたが、まだ全然読んでないです。

投稿: taki | 2020/09/13 09:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 杖道、ジョードー、ド~ジョ~ | トップページ | Children's Songs by Chick Corea »