« ゲイリー・バートンさん、近況? | トップページ | 防音対策で悩んだかも? »

2020/10/30

常設展示室/原田マハ

最近は読書はメモ程度しか書いてなかったけど、珍しく一冊を取り上げてみよう。

「常設展示室/原田マハ」

大人のラノベなんていう人もいる、っていうか僕もそう書いていた原田さんだが、美術に関連するとさすがと感じさせる短編集。まぁ、突っ込んでみたくなるところはなきにしもあらずだけど。

以前に「ジヴェルニーの食卓」を読んだときの感想にも書いたけど、原田さんは短編の方がよいと思う。

それぞれに一枚の絵画を絡めた話になっていて、美術館員とかギャラリー勤めとか美術教授とか、すべて美術に関係している女性が主人公になっている。

・群青(The Color of Life):盲人の食事/ピカソ(美術館サイトの画像と英文リンク)

20201030blind-man

NYのメトロポリタン美術館に勤める日本人、徐々に失われる視力、似た境遇の絵画好きの子供との出会い、そしてピカソの絵で締めくくる。

美術館で開かれる子供向けのワークショップでピカソの絵の説明とか子供たちの言葉が出てきて、それに対する主人公の思うところが少々ひっかかった。

描く対象に深く寄り添った画家の心が見えるようだった。ピカソは、恵まれない人をそっくりそのままキャンバスに写し取りたかったわけじゃない。励ましたくて、この絵を描いたのだ。

最後の「励ましたくて・・・」っていうのが、ほんまかいな?っていうのと、なんか小学校の模範解答みたいな~(^_^;)。美術専門家にとやかくいうのもなんだけど、この辺が原田さんらしいのかな?

美術館サイトの英文解説は簡潔すぎてよくわからないが、描かれているパンと壺はキリストの肉と血を表し、キリストの恩寵を表す(現代的な意味合い?)らしい。ピカソ自身の手紙に「左手にパンを持ち右手はワイン差しを取ろうとしていて、彼を見つめる犬を描いた」とあるそうだが、左下にいたその犬は後に塗りつぶされて今の構図になっている。一種の宗教画といえそうだ。

それから、かつての画材専門家として引っかかるのは、タイトルの「群青」だ。

ピカソの青の時代の青はプルシアンブルー、和名は紺青で合成のフェロシアン化鉄、北斎も愛用した青色顔料だが、群青は一般的にはウルトラマリンでアルミやナトリウム、ケイ素、硫黄などを含む合成青色顔料、天然ものはラピスラズリだ。だからピカソの青の時代は群青ではない(一緒に使ったかも知れないがメインではない)。

絵画の専門家であった原田さんがこうしたことを知らないとは思えないので、あくまで創作のタイトルとしたのだろう(小説の中では顔料には一切触れていない)が、知識のない読者はピカソの青の時代を群青、そしてラピスラズリと誤解するだろう。絵画の専門家がそういう誤解を招くタイトルにするのはな~、と思うわけで。

NYは何度も出張で行っているので、メトロポリタン美術館も2回以上は観に行っているが、作品が多すぎて本作品を観たかどうかも覚えてないのが残念。

とまで書いたところで、一冊取り上げてみようといったくせに書き疲れてしまったのと、本の返却期限が来たので、あとはタイトルと題材の絵画を羅列しておこう。それぞれに一般受けしそうな感動物語でありながら、TVドラマみたいな作りすぎも感じさせなくて楽しく面白く読めた(結末がだいたい途中で読めるとか、ストーリー的に突っ込んでみたいところはあったりしたけど)。

・デルフトの眺望(The View of Delft):/デルフトの眺望/フェルメール

20201030delft

・マドンナ(Madonna):大公の聖母/ラファエル

20201030madonna

・薔薇色の人生(La Vie en Rose):薔薇/ゴッホ

ゴッホの薔薇はいくつかあるが、内容から上野の西洋美術館の常設展の作品だろう。

20201030rose2

・豪奢(Luxe):豪奢/マティス

この絵かどうか、文章となんか合わないんだけど、「豪奢、マティス」で検索するとこの絵ばかりが出てきたので一応。

20201030luxe

同日追加訂正:どうやらこちらの絵が小説内容とあっているが、所蔵はパリのポンピドーセンターではなく、コペンハーゲンのNational Galleryであるらしい。

20201030luxe2

・道(La Strada):道/東山魁夷

20201030michi

最後の話の「道/東山魁夷」は何処かの展覧会で見た気がするけど記憶が曖昧。

話はイタリアの大学で美術教授をしていた主人公(日本人女性)が日本の美術展審査員とし招かれてなんやらかんやらという話で、審査場面があるが、これで思い出したのが、毎年アメリカに出張していた頃に出席していた画材関係の専門家会議の議長さんがアート・バーゼルで審査員をしたという話だ。

アート・バーゼルはスイスのバーゼルで開かれる世界最大級の現代アートフェア(Wiki)だが、フロリダでも開催(Art Basel in Miami Beach)されている。

その議長さんはフロリダのアート・バーゼルでの審査員となったので、大量に出品され展示されている絵画を見て回ったために、目がとても疲れてたまらんという話を専門家会議のメールの中に書いておられたのを思い出した、というだけの話。

小説の主人公は審査には一点に3分あれば十分といっている(普通はもっと長いらしい)。アート・バーゼルに行ったことはないが、会場がやたらと広くて出品数も大量で、ただ見て回るだけでも大変らしいから、審査に3分としてもそれぞれに3分集中していたら目も心身も相当に疲れるだろうということは容易に予想できる話だと思った次第。

アメリカ出張は1987年から1996年まで毎年行っていた。このBlogを始めて間もない頃だったかに何度か旅行記を書いたが、その頃よりもう少し後の話だったと思う。その会議については、Blogを始めてすぐの頃(2004.9.23)に触れている

その議長さんもだいぶ以前にお亡くなりになったし、会社に僕が保管していた当時の記録書類なども退職のさいにすべて廃棄(PCに読み込み登録したものは残っている)したし、みんな過ぎ去っていくのだな。

|

« ゲイリー・バートンさん、近況? | トップページ | 防音対策で悩んだかも? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゲイリー・バートンさん、近況? | トップページ | 防音対策で悩んだかも? »