« アプリ関係など | トップページ | Vibraphone メンテ計画-ダンパーフェルト編 + Over the Rainbow »

2021/02/28

Anthem by Ralph Towner - free sheet

最近、図書館から本を借りてもダラダラしているうちに返却期間がきて読みきれず、というのが続いている、ヒマなのに!

で、最近借りて面白かったのが昨年出版されたばかりの「旅ごころはリュートに乗って-歌がみちびく中世巡礼/星野博美」だ。

51wkhbmsq0l_sx340_bo1204203200_

リュート、中世、といえばギター/古楽好きとしては見逃せない、とはいえそれほど期待もしてなかったが、Jordi Savallで知ったスペイン・モンセラートの朱色の本とか、コンスタンチノープルの陥落なんて話題があるとこれは、古楽に加えて塩野七生の世界に通じるので俄然面白くなってきた、という辺りで前回は期限切れで返却・・・、で、昨日また借りてきた。

最初はリュートや古楽のことが続くけど、途中から中世の歌つながりで、コンスタンチノープル、イコン、東西ベルリンなど、音楽から美術、歴史、現代までそれがつながりつつ実に面白い。

今読んでるのはベルリンの壁が破壊された前後のベルリンの混乱に伴う東欧からの正教会イコン画の流出なんて、全然知らなかったことが書かれている。

東西ドイツ統一というと、民主化による混乱は多少聞いたような程度の認識しかないが、資本主義の欺瞞に反抗して西ベルリンに来ていた若者が、東西統一後は旧東ドイツ人に対して、その資本主義的欺瞞を無自覚にあからさまに示す欺瞞とか、その辺りも実際にその前後に滞在した筆者の話はなかなか一般には知られていなさそうなことばかりだ。少なくとも僕は全然知らなかった。

という読書のBGMに、Ralph TowmerのAnthemをかけていて、Anthemはなんか面白いけど弾けるんじゃね?、なんて軽い気持ちで検索したら出てきてしまったんですな・・・、話題が飛びすぎだろ(^_^;)。

Anthem by Ralph Towner(pdf直リンク)

この演奏は楽譜と同じではないが、ECMの同タイトルCDの演奏がほぼそのままに採譜されている。

これはclassclef.comというサイトからDLしたもので、ギター譜が5000以上フリーで公開されているようだ。TownerアレンジによるGlorias Stepなどもある。他にもたくさんありすぎて困るくらい。

TAB譜もついているから人によっては便利だろうけど、僕はTAB譜は苦手でかえって邪魔なんで、PDFからJPGにオンラインサイトで変換してから、Win付属のペイントでタブ譜を消去し、できた余白を詰める修正作業をしてから、またPDFに変換しなおして保存している。

PDFからJPGのオンライン変換は下記サイトで。

PDF-JPG変換

JPGで修正後はページごとにWinのMicrosoft print to PDFに印刷出力してから、昨日の投稿で紹介したPDFescapeでオンラインで一冊にまとめた。

で、弾くんかい?、というと、まぁ、そのうちいつか(^_^;)。

|

« アプリ関係など | トップページ | Vibraphone メンテ計画-ダンパーフェルト編 + Over the Rainbow »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アプリ関係など | トップページ | Vibraphone メンテ計画-ダンパーフェルト編 + Over the Rainbow »