« Stick Control、Double Stroke Roll、など | トップページ | 漱石覚書 »

2021/05/23

Voyage卒業

またFacebookの思い出からですが、2015年の今日、5月23日は初めて自分が書いた記事が掲載されたジャズフリーペーパーVoyage2号を、発起人のしろくまさんのところで受け取ってきた日でした。

以下にそのときの書き込みを転載します。

・Facebook 2015年5月23日

今日は、しろくまさんの事務所にお邪魔してきました

東播ジャズ倶楽部発行のジャズフリーペーパVOYAGE2号を受取るためですが、なんだかんだと2時間くらいくっちゃべってしまったうえに、CDを二枚おみやげにいただいてしまった、なんと「しろくまレーベル」だ

受け取ったVoyageは一箱、50部X5束、2束はすでに行き先決定済み
何部かは友人関係に、それから某有名人にも個人的に送ることにしているから1束はばらさないといけない
残り2束はこれから僕の営業努力次第(^_^;)

無料とは思えない素敵で豪華な冊子に仕上がっています
今回は僕も寄稿していますが、自分の書いたものをこんなにきれいにしてもらって、嬉しいけど冷や汗ものだね

Voyageは大阪から姫路にかけてが中心ですが、東京、名古屋でもすでに配布が始まっています
Disk Unionさんにかなりの部数がいってるそうです
興味のある方は下記で配布場所確認!

VOYAGE/facebook

無料、只、タダでっせ、いやほんま

Voyage2

最初の記事はBlogを始めた2004年の一連のJazz Rock投稿(最初はそのまんま、Jazz Rock Dusterの巻/2004.8.28)が元になりました。まぁ、なんでも書いておけば役に立つもので、その後も過去のBlog記事をネタにしたり、Blogで色々とこねくり回しては投稿してきました。

配布先も今では北海道から沖縄県石垣島まで、全国に広がっています。

Adsc_0010

こうして2号から昨年の7号まであしかけ6年、毎号、記事を投稿してきましたが、発起人だったしろくまさんが7号で引退したことに合わせて、僕もVoyage卒業というか、引退することになりました。

写真は2号から7号までの寄稿したページで、2号と4号はなんと見開きページでした。

Adsc_0011

2号:Jazz Rock~Dusterの巻
3号:ブラジリアン・リズムの楽しみ
4号:LA LA LANDの窓からジャズを覗いてみれば
5号:1974/2017年のGary Burton
6号:Sketches of Spain
7号:Let's Face The Music And Dance

このコロナ禍で次のVoyage 8号も中段状態でしたが、最近になって編集長から寄稿の意志があるかの打診が来ました。

しかし書きたいことがすぐにあるわけでもなく、いつも無理やりひねり出しているような状況なので、「新しい方や若いライターの方がいらっしゃればその方がいいかと思います」と返信したところ、「では新しい体制で進めます」というような返事が来たから、次号からはガラリと変わるかもしれません。

「どうしても人数が足りなければ声をかけてください」とだけ伝えたけど、まぁ、年寄がいつまでもグダグダと居座るのはよくないと以前から思っていたし、これで僕もVoyage引退となります。

今まで毎年Voyageを読んでいただいたみなさん、長年お付き合いいただきありがとうございました。

とはいえ、諸事情で遅れてはいるもののVoyage 8号も準備段階に入ったようだし、出来上がってきたら必要部数をもらってきて、今まで個人的にお届けしてきた方にはお送りしようと思ってますので、乞うご期待(^^)v、第三者となった僕も期待しています。

せっかくなので最後に、初回記事の題材となったDuster/Gary Burton Quartet/1967からGeneral Mojo's Well Laid Planを。

この曲は学生の時、PICKS-CLICKSさんのギターに軽音仲間のベース、ドラムという同じ編成で練習した思い出の曲、というかトラウマともいふ(^_^;)。

|

« Stick Control、Double Stroke Roll、など | トップページ | 漱石覚書 »

コメント

長い間お疲れ様でした。毎号送っていただき感謝しております。

投稿: ゆうけい | 2021/05/24 08:50

ゆうけいさん、コメントをありがとうございます。

Voyage最初のDusterの記事はもとを正せばゆうけいさんの「ジャズ・ロックとはなんぞや?」のご投稿でした。こちらこそありがとうございました。

まだVoyageは続きますのでお楽しみに(^-^)。

投稿: taki | 2021/05/24 17:50

Takiさん、お疲れ様でした。毎号ともTakiさんらしい丁寧な考察の記事が印象的でした。よくJazz屋はテキトーでいい加減みたいな言い方をされますが、そこはやはりECM的なTakiさんでありました。新しい編集方針のVoyageもどう変わったのか楽しみですね。

投稿: たかけん | 2021/05/27 23:58

たかけんさん、コメントをありがとうございます。

またBlogで、テキトーどころか実に的確なコメントをいただき、1度ならず2度まで勝手ながら引用させていただき、とても助かりました。

次号が楽しみです。

投稿: taki | 2021/05/29 17:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Stick Control、Double Stroke Roll、など | トップページ | 漱石覚書 »