« 杖道古流形に剣術体捌きなど | トップページ | 50 Etudes for the Jazz Vibists »

2022/02/17

Patreon/Alexandraさん

ギタリストAlexandraさんのメール配信を受けているんだけど、パトロンになると色々特典があるよ~、という勧誘が来た。

Patreon/Alexandra Whittingham

最近は多くのアーティスト(クリエイター)が支援プログラムを採用していて、月々いくらかずつ払ってパトロンになると色々と特典がある。

*2022.2.19タイトル訂正:クリエイターがパトロン(patron)を募集するクラウドファンディングの名称はPatreonなので訂正しました(Patronでもタイトルとしては間違っていたわけではないですが)。

Alxandraさんは思ったより安く、$5/月からパトロン限定のオンラインレッスン視聴や特典映像などがあるが、$10/月にするとAlexandraさんアレンジの楽譜が無料でDLできるのが魅力的だ。

以前からこのAlexandraさんアレンジの"My Funny Valentine"が好きで楽譜販売がないかと思ってたんですね、・・・画面で手も見えるんだから耳コピしろよという話もあるけど(^_^;)。

この曲の楽譜があるかどうかは参加してみないとわからないけど、パトロンになって楽譜が手に入ればパトロンをやめてもいいわけで~。

だから停止の手続きも知っとかなきゃと検索したら、退会とキャンセルというのがあって支払い停止にするにはキャンセルしないといけないようだ。

Patreonメンバーシップキャンセル方法

一方でまた楽譜増やしてどないすんねんヽ(`Д´)ノ!、という話もあってまだ考慮中。

ということで、も一つ、Alexandra Whittingham and Esther Abramiのお二人によるピアソラのCafe 1930。

 

もともとはフルートとギターのための曲だけど、ここではバイオリンとの演奏だ。この曲については下記リンクに詳しい。

福田進一が語る、ピアソラの名作「タンゴの歴史」

4楽章からなる組曲とは知らなかったが、YouTubeで見る限りCafe 1930が一番よく演奏されているようだ。

この楽譜はネットで見つけたんでDLして、東京にいる学生時代のバンド仲間のフルートさんとネット経由でデュエットにしようという話になってる・・・、けど難しいんだよな~。

オフラインで録音したギター伴奏にフルートをかぶせてもらう手順で、フルートさんからBandlabを勧められた。Bandlabはサインアップすると無料でマルチトラック録音と簡単な編集ができる。

まず伴奏を録音したファイルをアップロードして、それに合わせてフルートを録音してそのファイルを別トラックにアップして編集で合わせる(オンライン録音も可能)。

編集は位置ずらし、切り貼り、テンポ変更などができるので、ミスのある演奏でもその部分をカットしてやり直しを貼り付け修正したりできる。

で、とりあえず経過報告ということでミスだらけの練習をフルートさんに送ったのがこちら↓。テンポも音色も表情とかも考えずとりあえずの録音、あくまで練習ですから(^_^;)、前半だけだし。

これをBandlabで編集してミス部分をカットしても形にはできるけど、ミス以外にもテンポやら音色やらアーティキュレーションやら、もっとなんとかしないといけない。

Alexandraさんとご一緒に、のレッスンの動画があるので大いに参考。

*翌日訂正:間違えてLibertangoのレッスンを貼り付けていたのでCafe 1930に変更しました。Libertangoも楽譜を見つけて次の課題になってるんで、そのまま残しときます。

間違いついでにEstherさんとの演奏もドゾ。

最後はおまけ、Facebookからの埋め込みなんで再生できるかどうか分からないけど昔なつかしジャズスタイル。デキシーとかニューオリンズとかでいいのかな?

Gunhild Carling LIVE- Mother's Day - cut version

Gunhild Carling - (trumpet, trombone, ukulele, vocal) Idun Carling (trombone, Vocal) Manav Budhrani (guitar, Banjo), Pritish Budhrani (clar, sax), Cougar Karson (euphonium), Viggo Carling (drums), Michelle Kotlyar (bass, uke, Vocal) Niel Fontano (piano)
Recorded in Cupertino, California May 2021
1. Pretty Little Missy
2. We just Couldn't Say Goodbye
3. After You've gone

多芸なファミリーバンドで、楽しいですな。

こういう古いスタイルの演奏も結構好きですけど、オリジナルな大昔の演奏よりも現代のプレイヤーによる演奏の方が現代の洗礼を受けて新しさがある、ような気がして、いいね!

へっ!、またトロンボーンの若い娘ちゃんがいいんだろう、といわれればそれはそれでその通りですが(^_^;)、ママさんも息子さんも他のメンバーさんもいいですよ。

|

« 杖道古流形に剣術体捌きなど | トップページ | 50 Etudes for the Jazz Vibists »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 杖道古流形に剣術体捌きなど | トップページ | 50 Etudes for the Jazz Vibists »