« 杖道昇段審査-1 講習会とJR神戸線~ケセラセラ~ | トップページ | 赤穂温泉-2013年6月 »

2022/06/16

杖道昇段審査-2 結果と体の使い方

前回に続いて今年の抱負-37年ぶりの昇段審査受審(杖道三段)は、6月5日に神戸の王子スポーツセンター剣道場にて。

先に結論からいえば見事合格、晴れて全剣連杖道三段となった(写真は審査前の稽古風景)。

Aakimg8130

まぁ、先生が以前にポロッと漏らした話では、杖道人口は少ないので受審大歓迎、少なくとも三段程度まではよほどの間違いがない限りは合格するそうだ。今回も一級から五段まで、20人くらいは受審したと思うけど不合格は1名だけ、それも途中で足がつったらしくての棄権だったので実質は全員合格だ。

受けるまではなんせ37年ぶり、ほぼ初めての受審といってよいくらいなのでかなり不安があったけど、始まってしまえば思ったより落ち着いてできたと思う。講習会に出席して会場の様子を見ていたのもよかった。

また審査は2人一組で5本の形(技)を2回繰り返して受けるが、二段受審者が奇数人数のため半端になった人はひとつ上の段、つまり僕がお相手をすることになった。

ただし僕はあくまでお手伝い=審査対象外なので審査の予行演習とウォーミングアップができたという・・・、まぁ、お相手した受審者の方にとってはどうだった?、ってとこはあるけど、合格されたんで結果オーライ(^^)v。

とはいえ、5本の形を杖と太刀を交代して2回ということは、連続して20回も演武をしなければならないので後半はウォーミングアップを通り越して心身ともに集中力が切れそうだったけどね。

一方で、三段受審者は僕だけだったので、同じ小野でいつも稽古している上の段(四段受審)の方がお相手してくださったので安心してできたのもよかった。

むしろその後の筆記試験が丸暗記記入なので覚えるのが大変だったけど、これも何とかクリア。

受けるまでは不安だったけど、いざ始まってみれば結構楽しく過ごせたし、やはり目標があるとそれなりに気を入れ考えて稽古出来たと思う(次の写真も審査前の稽古風景)。

Akimg8131

で、考えついたのが腰。

武道に限らず、腰で動けとか、腰の据わった動きとか、逆に腰を意識しすぎると痛めるのでヘソで動けとか、臍下丹田に気を込めろとかいわれるけど、これがなんかも一つ漠然としかわからなくて動作には一向につながらなかった。

そのため、前進(踏み込み)したときなどに前かがみになってしまったりへっぴり腰になったりで、いわゆる腰の据わった動作が出来なかったんだけど、昨年からのストレッチ関連のYouTubeや以前に買った「筋肉・関節の動きとしくみ事典」を見たりしているうちに、動きとは要するに骨がどう動くかが問題だと気がついた。

それが正しいかどうかはしらんけど、なんだかすっきりとわかった気になったんですな・・・、腰で動くとは要するに骨盤がどこにあってどう動くかを意識できればいいんではないかと。

わかった気になっただけではあるけど、その後の稽古では先生に動作がよくなったといわれたんで、間違ってはいないんじゃないかと思う・・・、しらんけど(^_^;)。

ちょっと参考になったのがこちらの動画、ただしタイピングで関節ではない指の骨が曲がったりしててちょっと変だけど、あくまでイメージということで。

骨の仕組み-英語だし知識もないんでよくわかってないけど、これもイメージをつかむ程度にはなんとなく。

こちらは日本語、腰の動き方。杖道でも腰をひねる動作は多いが、それこそ腰をひねろうとすると腰を痛める理屈と、ではどうするかというのがよくわかった。

それからEテレの「古武術に学ぶ体の使い方」で特別講師をされていたらしい、古武道の甲野善紀氏の話も参考になった(最初の番組紹介が終わったところから再生)。

歩き方も気をつけてみよう。

*2022.12.15追加:正味は17分以後にある動作の実演に集約されていると思う。

とはいえ甲野氏はAmazonでの著書の書評を見ると結構辛口に批判されてもいるみたい。

ま、なんにしても鵜呑みにせず自分なりの取捨選択が必要だね。

歩くといえば、雨が降ってなければ大抵は夕方から夜(今の季節は暑いからね)にかけて家内と7000歩前後(1時間程度)は近所の田舎道を散歩してるんだけど、先日のNHKあさイチで歩き方や靴の履き方を放送してて、今まで間違ってたことがよくわかった。

正しく履いたら足にフィットして歩きやすいし、足指の痛みもずっと軽くなった。靴の正しい履き方はネットにもたくさん出ていて、「踵に指一本入るくらい」というのは間違い!、ってのも知らんかったね~、とはいえ最近はわりとぴったりのスニーカーしか履いてないけど。

実践!正しい靴の履き方講座Vol.1/サライ

それから甲野氏もいってるけど、「後ろ足で蹴らない」というのはあさイチでもいってた。腰を前に出す、あるいは足を前に出せば後ろ足は自然とついてくるということかと思う。

他にも色々と情報があるみたいなので、リンクをメモφ(..)メモメモ、読むかどうかわからんけど(^_^;)。

快適に過ごせる靴との出会い/サライ-12件

|

« 杖道昇段審査-1 講習会とJR神戸線~ケセラセラ~ | トップページ | 赤穂温泉-2013年6月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 杖道昇段審査-1 講習会とJR神戸線~ケセラセラ~ | トップページ | 赤穂温泉-2013年6月 »