« 杖道昇段審査-2 結果と体の使い方 | トップページ | 爪切りの復活 »

2022/06/24

赤穂温泉-2013年6月

 2013.6.24のFB投稿に加筆修正、後日にBlog内の2013年へ移動します。9年前だ!

**********

2013年6月22日から赤穂温泉まで家内と息子の3人連れで1拍旅行-赤穂までは車にて。

Aimg_0923

僕が運転していったけど、途中で前のワゴン車の屋根に乗せていたハシゴが落ちてきて慌ててよけたのはビビった!、車間距離を充分開けていてよかったとつくづく思います。

Aimg_0947

到着後は海岸を散歩、赤い屋根の建物がお宿だった、と記憶する。以下は海岸風景。一帯は瀬戸内海国立公園内の御崎地区だそうだ。

Ako0

対岸に見えるのは家島諸島とか小豆島らしい。どれがどれかはわからないけど、天気の良い日には自宅近くからでも家島諸島が見える。この日はとても天気がよくてよく見えた。

Ako1

出島のようなのは後で調べたら畳岩というそうで、観光客が何人も渡っていた、って僕らもそうだけど。

Ako2

鳥居が見えるのが伊和都比売神社(いわつひめ)、知らなかったけど由緒のある神社らしい。

Ako3

畳岩に渡って海の風景を楽しんでいる人たち。僕たちももちろん渡ったけど、夕方になって潮が満ちて来たら通り道は水没してしまうので長居は無用。それを知らずにボーっと海を眺めていた数人が慌ててもどってくるのが後で見えて、笑ってはいけないけどちょっと滑稽ではありました。

Ako4

だんだんと日が暮れてくる。

Aimg_1005

伊和都比売神社に参拝。

Aimg_0939

部屋付きのお風呂はなんとも昭和レトロといっていいのか(^_^;)、まぁ、いつも温泉宿で部屋付きのお風呂に入ることはないけど、旅館全体が昭和のまま、リフォームもあまりされていなくて、レトロ好きにはいいかもしれないけど快適とはちょっと・・・ね。

Aimg_1008

お食事は悪くなかったと思いますが、記憶の彼方。

Aimg_1017

スーパームーンって何だか知らないけれど、スーパームーンという話だったから、そうなんでしょう。2013年6月22日に赤穂温泉で見たスーパームーン・・・一日前だったかもしれないけど。

Aimg_1022

翌朝は打って変わって曇天、見通しも悪いので前日に来ていてよかった。昨日わたった畳岩への道はまだ潮が引いていないので海の底。小さくてわかりにくいけど、早朝からの釣り人がいた。船でわたったのかな?

Aimg_1025

昭和レトロにふさわしい傷だらけのアップライトピアノ、弾く人がいるのかどうか。まだストリートピアノとかない時代だったんで触らなかった。

Aimg_1027

帰路に見えた工場地帯、日本海水という字が見えるが製塩およびその関連商品では大手の会社らしい。赤穂の塩は赤穂浪士の逸話でも有名だね。

Aimg_1031

帰りは息子の運転で無事帰宅。

それなりに楽しんだ旅行でした。赤穂温泉はまた行ってもいいかもしれないけど、あの旅館はもういいかな(^_^;)。その分、安かったけどね。

今回は何の下調べもせずで観光らしいのは海岸を散歩したくらいですが、次に行くとしたら、もう少し調べてあちこち回りたいですね。

|

« 杖道昇段審査-2 結果と体の使い方 | トップページ | 爪切りの復活 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 杖道昇段審査-2 結果と体の使い方 | トップページ | 爪切りの復活 »