« 赤穂温泉-2013年6月 | トップページ | Vibraphone メンテ-番外:ダンパーノイズ対策 »

2022/07/15

爪切りの復活

イミフーな・・・、でもないか、タイトルは爪切りの復活の話。

ずっと使っている爪切りのことは2018年に書いていた(爪切りと懸賞)が、購入したのは2014年の11月だったから、もう7年半ほど使っている。下は買ったばかりの頃の写真。

Aimg_5506

ギターを弾くために専用で買った爪切りで、形が整えられそうなので、Rのついていないまっすぐの刃にした。三木金物まつり(後述)に行ったときにたまたま見つけて、僕としては高いけど卸値でかなり安いというので、いいかなと。普通はもっと手の届かないお値段らしい。

しかしギター弾きの爪用といいつつも、よく切れるからと手だけでなく足の爪を切ったりしたためか、最近は切れ味が落ちてきたので、どこか刃を研いでもらえるところはないかと探したのが、三木金物センター

Akimg7950

刃物の本場三木市にある「三木金物センター」というから、もっと役所みたいなところかと思ったら、なんともかんとも雑然というか場末的というか(^_^;)。

Akimg7948

でも頑固で口うるさそうで、なおかつ無愛想で口数の少ないご主人はさすがに本場で雑然と展開しているだけあって、切れ味は見事に再現した。

Kimg7949

研磨料はお安くはなかったけど、このタイプは今は売ってないし、類似品は研磨料の2~3倍以上のお値段らしいので再生できてよかった。

Akimg7952

日本刀なんかも販売されてるようだけど、まぁ、こんな雑然とした店内を見ると、場末の骨董屋かと見紛うというか(^_^;)。

三木金物まつりは毎年11月に開催されていて、日本各地からの金物関連業者(刃物に限らず食器、工具など様々)と、地場産業各社の出店に加えてステージでのイベントなどがある。残念ながらこの2年はコロナ禍で中止になっていたが、今年は今のところ開催予定のようだ。

以下は爪切りを買ったときの、2014.11.1の三木金物まつりの様子。

Aimg_5495

メイン会場、というか市役所だったかな?、中央奥にステージがあってビッグバンドの演奏や丸太切りイベントなどが行われていた。

Aimg_5498

当日は曇天ながら、なかなかと盛況。日本各地から金物関連の業者が出店していたのと、当時、息子が勤めていた三木市内の和菓子屋さんも出店していて、みたらし団子を買って食べた。和菓子や御強(おこわ)も売っていたけど、そういうのはときどき息子が持って帰っていたので買わなかった。

Aimg_55042

屋内展示の金物だけで作った鷲は、かなりな大きさだ。羽根で切られそうでちょっと恐いね 。

|

« 赤穂温泉-2013年6月 | トップページ | Vibraphone メンテ-番外:ダンパーノイズ対策 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 赤穂温泉-2013年6月 | トップページ | Vibraphone メンテ-番外:ダンパーノイズ対策 »