« 居合道1級合格と制定形メモ | トップページ | 読書 -「 ローマ人の物語」などなど »

2022/11/27

無刀あるいは無撥の稽古 & Ear Training

イミフーなタイトル(^_^;)。

居合道の稽古で先生がよく「無刀の稽古」を推奨されている。

稽古で実際に刀を持つと、手先や刀にとらわれて正しい動きができなくなってしまうので、何も持たずに形の稽古をすることで体の動きを正しく明瞭に把握する、というようなことだったと思う。

刀に手をかけた-つもり、鯉口を切った-つもり、鞘引きをした-つもり、刀を抜きつけた-つもり・・・、無刀の稽古なら手足の動きだけで、実際の刀を振ることがないので、さして広くない室内でもどこでも十分に出来るのも大きな利点だ。いってみればパントマイムだね。

これは当然ながら杖道の稽古でも役に立つはず・・・、といいつつまだあんまり実践してないんだけど(^_^;)。

で、刀や杖は手元ではなく手に持った柄物の先で相手を切るなり打つなりするという意味では、マレット(撥)でバー(鍵盤)を打つのと似たところがある。

マレットは柄の先にあるヘッドでバーを叩くことで音を出すわけで、その位置は手(体)から離れているのでプロでも外すことがあるとFacebookで読んだことがある。

マレットも刀と同じで、手に持つとそれにとらわれてバーの位置をきちんと意識できないのでは、と考えるとVibの練習にも応用できるはず、ですよね。

まぁ、要するに読譜ということなんだけど、バーの位置、マレットの先を意識し把握しながらイメトレするということですな。

といっても僕のような未熟者では楽譜を見ただけで音がわかるわけではないので、一通り音をだしてメロディーや伴奏を把握した上で楽譜を見ながらVibの前に立ってのイメレだ。インプロの練習ではない。

これすなわち、無刀ならぬ「無撥の稽古」であります。

で、とりあえずやってみたのが以前にもアップしたことのあるAforisma #2 by Giovanni Perin氏だ。楽譜は購入して何度も練習してるからね。

楽譜を買ったのはいつだったかというと、2020年の2月だった(またまた楽譜ww - Etudes for Solo Vibraphone)からもう2年近くになるのに、未だに弾けないのかっていうと、以前よりは弾けますけどね、まだまだね。

下の写真はAforisma #2の楽譜で6頁もある。pdfのDL版を購入したので印刷してテープでつないだ。たまたまピンボケだったけど著作権の問題があるからピンボケで結果オーライ。

Akimg9265

で、無撥の稽古=読譜、イメトレをしてみたら、左右の関係とかバーの位置とか、きちんと把握できてないところが結構あることがわかったりして・・・、要するになりゆきとかそれっぽくとか弾いてただけとか(^_^;)。

でもあんまり弾いてない曲だとなかなかバーの位置をイメージするのが難しいのが、やはり未熟なんだな。さらにはバーの位置とかなんとかに加えて、体全体の動きもシミュレートしないといけないわけだけど、まだそこまでは全然いけてない。

とはいえ、以前は楽譜を見るとバーの位置がわからなくなるので、楽譜を見てはバーを見て、楽譜を見てはバーを見て、で暗譜しないとなかなか弾けなかったけど、最近は楽譜を見ながらでもそれなりに弾けるレベルにはなった・・・、あくまでそれなりだけど。

それに対してギターだと、さすがに子供の頃から弾いてるんで左右ともに指のイメージはずっと簡単なはず、というのでこの曲(Yesterday 武満徹編曲)をちょっとやってみた(Stephanieさんの演奏は楽譜通りではない)。

うん、生意気にもVibよりずっと簡単だったぜぃ(^o^)v。

ギターは指が楽器に直接触れるという利点があるが、ギターでも体全体の動きとか脱力とかも含めてイメトレしないといけません。

さて、タイトルの後半、Ear Trainingはずっと前からトライしては挫折の繰り返し、コロナで自宅待機になったころからはソルフェージュの本をそれなりに続けてたんだけど、いつの間にかやらなくなってぇ~、というのはよくある話。三日坊主ではなかったけど。

で、また何とかしないと~、と思ってたところに、FBフレンドのVibist、John Mark Piper氏がEar Trainingのテキストを無料で配布するという投稿があったので、早速DLし印刷してこれから内容を読んでいこう、と・・・。

Ear Training : Direct and Logical Path / $0.00

興味のある方はどうぞ、当然ながら英文ですが。

ところで、「-つもり」というとまだ名古屋に住んでいた小学校のとき、友達が「つもりドロ」というのを時々面白がってやってたのを思い出す。

家に忍び込んだつもり
お金を探すつもり
お金を取ったつもり
逃げるつもり

などといういのをニコニコしながらやってて、何が面白いんだかよくわからないままに一緒に笑ってたのが懐かしく思い出される。彼はどうしているんだろう。

|

« 居合道1級合格と制定形メモ | トップページ | 読書 -「 ローマ人の物語」などなど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 居合道1級合格と制定形メモ | トップページ | 読書 -「 ローマ人の物語」などなど »