« 塩野七生-読書雑感 | トップページ | 居合道1級合格と制定形メモ »

2022/11/17

いわゆるMyギターはVOX GIULIETTA

渡辺香津美氏の「いわゆるMyギター」が後押しでVOXのギターを買ったものの、いつもクラシックギターで指弾きばかりだったので、まずはピッキングをなんとかしないとアキマヘン。

ということでこのところちょっとギター練習に励んでいる。居合の1級審査も終わって合格したことだし(^^)v。

Akimg9022

写真の左下にあるのが、ずっと前にMalletKAT用に買ったRolandのミニアンプMOBILE CUBE、左にかすって見えているのがクラシックギターとエレガットのケース、その手前にある赤に黒丸はProArteのギター弦のセット、そして焦茶の細長いのは杖/木刀の入った袋、椅子は今はギター用になっているドラム用スローンだ。

エフェクタ類も以前に買ったのが色々あるが、全然使ってないな。

エレガットは電池を入れたままほったらかしていたせいで、先日開けてみたら電池の液漏れで端子に緑色の腐食物がついてしまっていて、なんとかしなければ・・・、と思いつつ電池を外しただけで何もしていないといふ・・・。

で、ギターを練習しているとやたらと頭に浮かんでくるのがこの演奏だ。

I Hear A Rhapsody/Jim Hall Trio

このレコードは学生のころに買ってよく聴いた。それから初めてジャズがいいと思ったBill Evans/Jim HallのUndercurrentにも入っていた。こちらはバラード、難しいね。

 

ただ、例の黒本のコードはなんだかややこしいし、メロディーもインスト演奏はもう一つわからないところがあるので、そういうときはヴォーカルを聴くのが一番良いと思って検索したのがYasmina Zack Quintet、キーがインストと同じEb(Cm)というのもわかりやすい。チリ出身でドイツ在住のヴォーカリストだそうだ。

ヴォーカルがよいかといってもこの演奏からコードをとろうなんてことは考えてなくて、自分なりに単純化したテキトー・コードでやってるんだけどね。

曲の練習は、例えばiRealなんてのが今は流行りだし、古いバージョンながらBand In A Boxなんてのも持ってるけど、スタンダード・ナンバーならYouTubeにもBacking Trackが色々出ていて便利だ。こちらは演奏がいい感じなんで、とりあえず黒本のメロディーを譜面通りに何度も繰り返してテーマらしく聞こえるように、ピッキングのタイミングがずれないように、リズムから外れないようになどと、ごく初心者な練習をしている。

もう一曲、よく頭に浮かぶのが同じJim Hall Trioで、The Way You Look Tonight、3拍子で演奏している。

さて、基礎練習としては安直にYouTubeで検索して出てきたそれなりのレッスンをやってみたのがこちら。

3 Great Alternate Picking Exercises / Jens Larsen

 

これはKey in Cの7thコードのアルペジオを上がり下がりする単純な練習だ。結構難しいが、それなりに効果を感じている。とともにコード構成音の把握にもよいし、同じ弦でキーを変えて上下すれば、他のキーでの練習にもなる。

ある程度弾けるようになったら(自己評価)、あれこれなんか無いかと探してみて面白かったのが、山崎オサムという人の各種ギタースタイルを簡単に紹介している動画だ。

どういう方なのか全然知らないが、どちらかというとロック/ポップ系らしい。YouTubeチャンネルにはたくさんのレッスン動画があるので便利そうだけど、多すぎてあんまり見てない。

最後に先のLarsenさんのレッスン動画をもう一つ。これはスケール練習用によさそうと思うけどまだあんまり見てない。

 

|

« 塩野七生-読書雑感 | トップページ | 居合道1級合格と制定形メモ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 塩野七生-読書雑感 | トップページ | 居合道1級合格と制定形メモ »