« ナンバ歩きに股関節の使い方 - その2 | トップページ | Country by Keith Jarrett »

2023/01/07

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

年末は低視聴率という紅白歌合戦をなんとなく見て暮れましたが、意外と楽しめました。若い人ががんばってるのもいいですが、一番よかったのは桑田佳祐筆頭の年寄り組でしたな。

恒例の近所のお寺初詣は、2020年から2021年、そして2022年の昨年末も行かずで、「ゆく年くる年」を見て明けました。

おせち料理は昨年に続いて息子と家内の手作りです。いつもすぐにはなくならないので少なめにしたら今年はすぐになくなってしまいました。写真はすでに減ってしまったお節です。

Aimg_20230101175528798

もちろん僕は食べるだけ(^_^;)。

Aimg_20230101190229293

そしてデザートは今年も息子の作ったケーキ。

Aimg_20230101145050929

今年も元旦の夕方は散歩の途中、すぐ近くにある八幡さんに初詣しました。三賀日だけのお正月化粧です。

Aimg_20230102111338960

そして2日は例年通り、近辺で一番大きな岩岡神社で車のお祓いと参拝、そして夕方からはお正月映画"AVATAR:The Way Of Water"を駅前のマイカルシネマで見てきました。

Aimg_20230102205641127

3時間近く、最初は少し眠気がしましたが、あとは映像美と息をもつかせないアクションで最後まで楽しめました。

まぁ、あくまで映像美アクション映画、CG技術の進歩のすごさを見せつける映画、ならず者騎兵隊 vs. 善良自然共生インディアンという構図は前作と変わらず、そのならず者集団がなんでたったひとりのアバターにこだわるのかイミフー、そんなことやってるヒマがあったら仕事しろよ、成果出せよ、機材壊すな、犠牲者増やすな、ってなツッコミはしないこと(^_^;)。

Aimg_20230105162745414

これは5日にやや遠回りした散歩道にあるお屋敷です。左の竹やぶの中に昔ながらの屋根が見えますが、そちらに人が住んでいるようにはみえません。旧家が多いらしく、こうしたお屋敷があちこちにありますが、このようにきれいに住まわれているところもあれば廃墟のようになっているところもあり、少子高齢化を目の当たりにする気持ちです。

さて賀状デザインはこれまた例年通り家内作ですが、なんやかんやで未だに投函できてませんm(_ _)m。今回のうさぎはゴム版画です。

Usagi

昨年書いていた「隠居生活2年目-今年は音楽活動再開と、37年ぶりの昇段審査(杖道三段)挑戦」はなんとか。下は居合道模擬審査のときに撮っていただいた動画からのキャプチャ画像です。杖道三段昇段、居合道一級合格は達成できました。

Aaaiai

*翌日訂正:写真差し替え、ややへっぴり腰ですな(^_^;)

とはいえ、音楽の方はセッション参加が3月と11月の2回、仲間との練習が2回、個人練習はダラダラという体たらくでした。

Afumfull3

これは3月の明石FunFullセッション風景で、フルセットのジャズコンボはこのときだけ。以前にも書いたけど、この後、FunFullセッションは残念ながらなくなってしまいました。

Largo

ただ、11月は加古川LargoでVOX:GIULIETTAフルアコギターデビューできたのが成果といえば成果かな。セッションを始めて間もないスタジオなので少人数で楽しくできてよかったです。

今年の抱負は居合道初段の昇段審査合格と、JAZZセッションに継続的に参加することです。

しかし昨年に書いていた「今年こそはコロナが収束してほしい」という望みは叶えられずでした。今年こそは、と願います。

*翌日追記:年末に久しぶりに庭掃除したら、裏鬼門に植えた南天の木の陰、というより隣のアオキの陰に隠れて見えにくいところにいつの間にか見慣れぬ木が生えて赤い実をつけていました。

Img_20221231131934624

鳥が種を落としていったのでしょうか。検索してみると、縁起物の万両の木のようです。今年はよい年になるかな?

|

« ナンバ歩きに股関節の使い方 - その2 | トップページ | Country by Keith Jarrett »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ナンバ歩きに股関節の使い方 - その2 | トップページ | Country by Keith Jarrett »