« iPad/Appleデビューとスマホ変更 | トップページ | エレガット-購入編 »

2023/02/14

エレガット修理-序章

序章とはまた大げさなタイトルだけど、エレガットに電池を入れたまま放置していたために、電池が液漏れして端子が粉吹き状態、って前々回投稿の原付バイクのバッテリーとおんなじことしてたんだ(^_^;)。

Eg1

電池はエレガットのピックアップ(FISHMAN Prefix Pro Blend Narrow)にセットしてたんだけど、ピックアップを入れ替えるってものありかと検索したら、なんと!

最安値のサウンドハウスでも¥56,500、他は6万超えと、ちょいとしたギターが買えてしまうお値段だ。

これは直さなければねぇ。

Eg2

ご覧の通りギター本体につながった状態なんで、端子のハンダ付けをはずして磨いてからまた付け直しだ。ハンダ付けは学生のときに実験用測定回路を色々作った経験があるんでなんとかなるでしょう。

しかしプラのピックアップ本体も汚れてるんで、そっちの掃除の方がやりにくそうなんだな。

このピックアップはこちら(大人になれる本)の説明によるとハイエンドなエレガット用なんだそうだ。記事は2015年5月投稿、2022年5月更新となっていて3~4万とあるが、たぶん2015年当時の値段だろうね。最近の世情からかなり値上がりしたんだ。

ギター本体は中古で10万円くらいで買った"Cordoba Gipsy Kings FCWE (2002)"というモデルなんだけど、なんと今はReisue品が出ていて35万超えらしい。詳しくはキクタニミュージックのサイトに説明があったが、2002年製ということはオリジナルモデルということだ。

説明によると、1998年にフランスのバンドGipsy Kings(Wiki)のために最初に開発したという由緒あるモデルのようだ。バンドはその名の通り、スペイン系ロマの一族が母体になって結成されたらしい。

楽天ではオリジナル品未開封中古で100万超なんて冗談のようなのもあるが、Reisueが出てるんだから誰も買わないんじゃないかな。新品のヴィブラフォンが買えるねぇ、って、比較対象が偏ってるけど(^_^;)。

このエレガットを三宮のアップルギターズで買ったのは2015年で、FBには書いてたけどBlogには書いてなかったから、次回にでもコピペ投稿しておこう。

アップルギターズは何年か前に倒産してしまったことは書いてたつもりが、下書きでほったらかしていたので、これもまた(^_^;)。

Gipsy KingsのVolareはたしかTVCMで使われてたと記憶する。

ついでにアップするInspirationはTV時代劇「鬼平犯科帳」のテーマに使われたそうで、それは一時期家内がおっかけしてたジプシージャズバンドMon Dieuが時々演奏してたから知った知識だ。

-次章へ続く予定-

|

« iPad/Appleデビューとスマホ変更 | トップページ | エレガット-購入編 »

コメント

で地には何度も痛い目に遭っています。楽器の電池はできるだけ抜いておきたいのですが、それを忘れて出撃することも多々あったりします。
漏れてしまったら仕方がないので、洗浄と金属部分の磨きですね。ワイヤブラシで済めばいいのですが、サンドペーパーでゴシゴシやることもあります。

投稿: mitz Fukuda | 2023/02/15 17:01

また投稿するつもりですが、FBで教えていただいた通り、100円ショップでワイヤブラシセットを買ってきて掃除しました。

プラ、ステン、真鍮の3本セットしかなくて、こんなにいらないだろうと思ったんですが、やってみると大まかな除去にはプラブラシがとてもよかったです。仕上げはステンより真鍮の方が向いてました。メッキが剥げてしまいましたが。
本体についた粉は綿棒にコロナ対策のアルコール消毒液を染み込ませて除去しました。

投稿: taki | 2023/02/17 17:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« iPad/Appleデビューとスマホ変更 | トップページ | エレガット-購入編 »