« エレガット-最終章:修理 | トップページ | BIABにテザリング-iPad編 »

2023/04/05

Nifty、Netflix & 光TV

前回投稿からまた時間が経ってしまって、3月は一回しか更新してなかった。やれやれ。

天気も三寒四温で春になって桜の季節も過ぎるこの頃、昼間は暑いくらいな晴天だったけど、今日は曇天から夕方には雨が降り出して少々冷える。

Aimg_20230404141438941

これは昨日、所要で小野まで出かけた帰りに立ち寄った浄土寺の桜だ。浄土寺には国宝のでっかい仏像がある。いやぁ、昨日は明石~小野と出かけて珍しく忙しい一日だった。

明日、明後日も曇/雨、その後は晴れるようだがあまり暖かくはなさそうな。春だから晴天が続くかと思っていたけど、天気予報ではこれから雨の日が多くなる時期らしい。

ということで、今回は音楽や武道、ストレッチなどではなくテレビの話題。

先月のことだが家のガス関連工事(大阪ガス)をしたら特典で2ヶ月だけNetflixを無料で視聴できるというので、このところちょくちょく見ている。

TVは10年以上使っていたプラズマTVが去年の秋頃から不調になったので、近所の電気屋さん(修理、保全がメインだが販売もしている)に聞いたら「直せるけど、古いからまた別のところが悪くなるので量販店で買い替えなはれ」と商売っ気のない忠告をされたので、同じパナソニックの4K有機ELにした。プラズマTVの際立った黒さの引き立ちによる色の冴えを見慣れているので、液晶の画面はどうも白ボケて見えてしまうのだ。

プラズマTVを買ったのは2010年11月だった(デジタルTV/2010.11.14)からちょうど12年だが、ネットで調べたらプラズマとしては長寿の方らしい。

で、プラズマTVは画面周囲にそれなりの枠があったが新しいTVはほとんどないので、占有スペースはそれほど変わらずに画面を42インチから48インチに大きくできたのと、TV自体にWifi機能がついているのでTVスティックを外付けしなくてもYouTubeなどが視聴できるようになった。

だからNetflixもIDとパスワードで簡単に視聴できた。下の画面がNetflixの番組から。

Image2_20230403213101

なんともなJK画像については後述(^_^;)。TVの前にある箱が大阪ガスから送られてきたTVスティックだが不要だったので未開封のままだ。

ついでながら大阪ガスもインターネットサービスをしていて安いし、ついでにCATV(今はJCOM)も光ケーブルのTVに変更すれば安くなるのでいかがでしょう、と勧められたので少しばかり検討してみた。

結論からいうと、いつも使っているメールやこのBlogは前世紀から(大げさだけど本当だ)ずっと継続しているNiftyで、今はNTTやらdokomoやらauやらのネットサービスと一体になっていて、大阪ガスのネットでは利用できないようだ。

ということで大阪ガスのネットはお断りした。

で、気が付いたのがJCOMのCATVの無駄、無駄、無駄~~・・・、ジョジョかよ(^_^;)

JCOMは101チャンネルあります!、ったって、見るのは普通の地デジ以外ではほんの一部の番組だけなんで、ずいぶんと無駄にお金を払っている、って今頃気が付いたのだった。

もともとは我が家の地域はUHFアンテナでもそれほどよくない画面の難視聴地域だったが、JCOMの画質のよいCATVが提供されるようになったときに契約して以来、そのまんまだったのだ。たぶん20年以上経ってると思う。

色々と調べてみるとJCOMより安くて、かつ見たいチャンネルは入っているってのはひかりTVスカパーあたりかな。

継続的に見ているのは、AXNとAXNミステリー、アニマックスのいくつかの番組、あとはWOWOWプラス、ザ・シネマ、ムービーブラスなどでたまに映画を見るくらいだ。

ということで、JCOMの契約解除と新規サービス契約をどうしようか・・・、JCOMも契約継続月でないと違約金を取られるが、払っても解除したほうがいいのかどうかとか、迷い中。

以下は前述のNetflix番組やCATVで見ている番組の羅列なので、興味のある人はドゾ。

まずは文頭の画像はアニメ「ぼっち・ざ・ろっく」。Netflixなんでオンデマンドでシーズン2まで見てしまった。

陰キャラJKギタリストが仲間とバンド活動を始めたら、という話だが、まぁ、バカバカしくって気楽に笑える割には演奏は本格的で、音楽やってる身としてだけでなく、最近は主人公と同じようにエレキを入れたソフトケースを背負ってセッションに行ったりしてるんで、妙に親近感が湧く、ってったって僕はオジンだけどさ。

って、今週土曜はまた加古川でセッションだからギター背負って行こう!・・・近くの駐車場までは車だけどね(^_^;)。

PVの最初で中学生といってるのはイントロで、高校に入ってからが本編であります。

次はCATVのAXNチャネルで見ている番組、ガラリと変わってハードボイルド系アクションで、映画イコライザーのTVドラマ版、ただし主人公は子持ちの黒人女性という設定だ。

イコライザーはもともとがTV連続ドラマだったのをデンゼル・ワシントン主演で映画化したらしい。これはそのまた現代版ドラマ化だから、アクションに加えて最新IT技術を駆使しての情報戦も見ものだ、っていっても現実にはそれは難しいんじゃないかなって思うところもあるけど、ま、そこはドラマだからね。

次もAXNのミステリーアクションだが、イギリスなんでアメリカとは画像もストーリー展開もぐんとしぶくなって、そこがなかなかとよい。

少年スパイもの、なんて書くと漫画チックだけどなかなかと楽しめるし、これも最新IT技術が大いに活躍する。

こうなると今のミステリーにはアクションとITは欠かせないか、というとそうでもなくて、次は「マクドナルド&ドッズ」というぐんとオーソドックスなスタイルの英国ミステリーだ。これはAXNミステリーチャンネル。

ドッズという定年間際(かな?)の、ITには無縁なローテク刑事が現実の証拠などから推理していく展開で、派手なアクションもないが、なんとなく安心感とか落ち着きがある。なんせ副題が「窓際刑事ドッズの捜査手帳」っていうくらいだからね。

世界遺産の英国都市バースが舞台なので街並みなどの景観も美しいし、若い女性上司との会話も英国らしい(しらんけど)ウィットが効いていて楽しめる。また景観保全などのためだろうけど、今時のミステリーにはつきものの監視カメラもほとんどない中での展開だ。

どのドラマも割りと最新なのでコロナやBLMに関連した話題も出てきたりする。

またNetflixのアニメに戻って、「ツルネ」。高校生の弓道アニメ。これは劇場版の予告だが、見たのはTV連続ドラマ版でこれもシーズン2まで見てしまった。

「タイトルの「ツルネ」=「弦音」とは、矢を放つときに弦で弓を打つことで鳴るといわれる音のことであり、射手にとって美しい弦音を響かせることは喜びであり目標とされている」だそうだ(ニコニコ大百科)。

いわゆるスポ根とは違って、弓とともに成長していく高校仲間たちというのが爽やかだし、これも武道をかじっている身に相通じるところもあったり。ただシーズン1では、男子高校生の友情というよりは、これってBLじゃね?、ってな感じだったり(^_^;)。これもシーズン2まで見てしまった。

後はちょうど去年の今頃に話題(ホドロフスキー~DUNE/2022.3.5)にした「DUNE/砂の惑星」をNetflixで見たくらいかな。話題にもならずにいつのまにか終わっていた映画とか書いていたけど、たしかにその通りで、まぁ正直にいって期待はずれだった。ただまだ物語の途中で終わっているので、続編に乞うご期待・・・、う~ん、どうだろうねぇ。

それ以外にもNetflixではいくつか映画を見たりアニメをチラ見したけど「これを見たい!」ってのは意外にないんだな。だから無料期間が終わったら継続しないかもしれない。PV動画を埋め込んだアニメも、自分の趣味つながりで興味を持った程度だからねぇ。

そうそう、CATVの方で「砂漠の惑星」って映画があったんで、あの「DUNE」かと思って録画して見たら、パロディーっぽいB級映画だった。面白いかどうかって面ではこちらの方がおもろかったかも。

 

|

« エレガット-最終章:修理 | トップページ | BIABにテザリング-iPad編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エレガット-最終章:修理 | トップページ | BIABにテザリング-iPad編 »